ミニマリストは本をすべて処分する

ミニマリストの人は本をどうしてるでしょう?
一般的に、本の所有については、個人差が大きいのではないでしょうか?

本が好きな人は、100冊なんて軽く持っているでしょう。

反対にそれほど興味のない人は10冊あるかどうかでしょうか?

では、ミニマリストとして生きようとしているわたしはと言いますと、基本的に本はすべて処分します。

処分できるのは本をそれほど読まないから?

いいえ、本は大好きです。漫画も小説も雑誌もありとあらゆる本が大好きです。

おかげで、過去には数百冊の本を持っていました。ですが、今の私の手元にあるのは、3冊の本だけです。

 

ミニマリストを目指す前の本の持ち方

以前は、本を所有していることが大好きでしたし、同じ本を何度か読むことがあったので、何百冊もの本を所有していました。

ですが、そうすると、無限に本が増えていくのです。ですので、ある程度読まなくなった本は、売ったりして処分するようにしていました。

ところが、こうしていても、本の絶対数は減らないし、油断すると途端に増えてしまっていました。
なんせ、購入するときは一度に10冊以上購入していたこともあったからです。

これではいつになってもダメだと思ったんです。わたしは本の表紙が見えて、ごちゃごちゃした感じから解放されたかったからです。

不思議ですよね、本屋さんで本の表紙を見てると幸せなのに、自宅では邪魔に思うなんて。

でもこの感覚は、私の中でとっても大事で、実は購入して読んだ本はもう必要ではないと意味していたからです。
だから、目に入るたびに邪魔に思っていたんですよね。

それに気づいたら、一度読んだ本は基本的には全部捨てていいんだと思うようになりました。

 

ミニマリストを目指して本の断捨離をはじめる

まず、こんまりさん流で言えば、ときめく本以外を全部捨てました。

それでも残った本は100冊はあったでしょう。

ただ、当時残した本は、再び読み返すという事をしていたので、それでもよかったんです。

それが時と共にだんだんと、一度読んだ本を読み返すという事をしなくなりました。

そうすると、本を所有している必要がなくなったわけです。

その時から、読み終わったら、早い段階で捨てるということにしました。

売るという事もしていたのですが、売る手間や思ったほど高値では売れない事を考えると捨てた方がいいと思い処分していました。

そして、だんだんと本の数が減っていきました。

本の数が少なくなれば、それを収納していた本棚も必要なくなったので、邪魔な家具も処分できました。

部屋の中がかなりスッキリしてきたのを覚えています。そのスッキリした心地よさを味わったら、もう本を所有しなくてもいいと思えたんです。

本の表紙のごちゃつきがない部屋。それが理想となりました。

こちらもおすすめ( ↓ )

本好きミニマリストが断捨離せずにいつでもたくさんの本を読む方法!

2017.07.28

ミニマリストの本の持ち方は?ルールを決めて厳選しよう!

2017.07.23