暮らし

本の片付け後!本の持ち方・買い方のルールを決めたら楽になった

一大決心をして?本の片付けをしたゆるミニマリスト主婦のさつきです。

ですが、本が大好きなので、放っておくとまた増えていってしまいそうに思えました。

そこで、本の片付け後も一定量を増やさない本の持ち方のルールを自分に作りました。

この記事は、本が大好きだけど物(本)は増やしたくないと思う人に向けて書いています。

何百冊あった本を片付けしたときの話はこちら( ↓ )

>>>本の片付けをはじめた理由は所有する意味がなくなったから

 

本の片付け後は本の持ち方のルールを決めるといい

本を片付けしてすっきり空間を実現したら

もう二度と雑然とした本棚にしないためにも本の持ち方のルールを作ります。

では、わたしがどんな本の持ち方のルールを作ったのか紹介します。

本の持ち方ルール

  • 小説・漫画・雑誌は読み終わったら処分する
  • 勉強のための本は勉強中に限り持っていてよい。その勉強が終われば処分する
  • 買って読まなかった本は、一週間など期限を設けそれでも読まなかったら処分する

このように、とにかく所有している本の数を極力減らすようにしました。

基本的には本は全捨てです。

読み返すということをしなくなったので、持っている必要がありません。

本は読むためのものであって、けしてインテリではないということです。

さつき
さつき

読み返したい本については、読み返し続ける限り所有していいと思います。

それは、必要な本なのです。

必要な物まで片付けすることはありません。

存分に大切にしましょう。

 

片付け後は本の持ち方よりも買い方を考える

しだいに、せっかく購入した本を読み終わってすぐ処分することに罪悪感を感じるようになりました。

上手にリサイクルできればいいのですが、何分面倒くさがりで、ついゴミ袋に入れてしまうのです。

しかし、そのうち捨てることもけっこう大変だと改めて感じるようになりました。

本って重たいですよね?

数冊あるだけでもけっこうな重量でゴミに出すのも一苦労です。

そんなことを繰り返しているうちに、読み終わってすぐ捨てる行為が嫌になりました。

「じゃあどうしたらいい?」

そう考えた時に、本の買い方に気をつけるようにしました。

 

本の買い方のルール

気になった本があれば、けっこうすぐ買っていたわたしです。

とくに古本屋さんにでも行こうものなら、一度に10冊以上購入することもしばしばありました。

しかし、すぐに捨てることに罪悪感を覚え、なんだかもったいないなあと思うようになりました。

そこで、あらたに本の買い方のルールを決めました。

本の買い方のルール

  • 小説・漫画本は基本的に買わない
  • 欲しい本は買わない
  • 必要な本は買う
  • 何度も読む本は買う

このように、すぐ捨ててしまう運命にある本を買うことをやめることにしました。

当初は苦渋の選択でした。

なんせ本が大好き、活字中毒でしたから。

 

ですが、だからこそ、そうしないと本はたまる一方だし、お金もいくらあっても足りません。

家庭のある主婦ですから、経済的にも本を購入するというのはやめたんです。

そうしてどうしたかというと?

 

本は借りるに徹する

本・漫画もですが、基本的には借りて読むことにしました。

特に小説のようなものは昔のように読み返すことはありません。

一度読めば十分です。

しかも、新作を読むことにこだわりはありません。

それならば、図書館で借りることを徹底しました。

図書館では、世の中に出回っているほとんどの小説を借りて読むことができます。

また、漫画は、レンタルショップを利用するようにしました。

漫画は、図書館でも借りられますね。

とにかく漫画も小説同様、読み返しませんから、買うことはやめました。

 

特に漫画は長い話なら数十巻となりますから、購入費用もバカになりません。

何より場所を取ります。

また、それを処分するとなったらとても大変です。

あんなに大変な思いをして処分するのはもう嫌です。

こうして、わたしは一度読めば読み返す予定のない本や漫画を買うことをやめました。

 

買ってもいい本を決める

すべての本を買わないようにしたのかというとそうでもありません。

私の中で買ってもいい本のルールを決めました。

  • 何度も読み返す勉強のための本
  • 図書館やレンタル屋でも借りられない本

以上の2点がわたしの中で、購入してもいい本です。

このルールを守ることで、本が増えることはなくなりましたし、無駄遣いを防止することも出来ました。

時々、「読みた~い!」って本があって、すぐ欲しい時もあります。

ですが、このルールを思い出してグッと我慢しています。

なぜなら、買った後の処分の方が大変で心が痛むことがわかっているからです。

 

片付け後の本の持ち方・買い方のルールのまとめ

本の片付けをしてから、本の持ち方や買い方についていろいろ自分なりにルールを作ってきました。

どんなルールかというのをまとめると?

片付け後の本の持ち方・買い方のルール

小説も漫画も雑誌も、本は基本的に図書館で借りるかレンタルショップを利用する。

勉強のために何度も読み返すような本だけを買う。

このようになりました。

こんな感じで数年過ごしてきたわたしです。

しかし、最近になって少し変わってきました。

それは、ネットの拡大と共にひろがった電子書籍の存在です。

ミニマリストこそ利用したい便利な本の読み方( ↓ )

[kanren2 postid=”77″]

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当の無料プレゼントももらえます。