暮らし

ニトリのカラーボックスをテレビ台にして40型テレビを置いて大丈夫?

ニトリのカラーボックスをテレビ台にして40型テレビを置いても大丈夫でしょうか?

価格も安く汎用性バツグンのニトリのカラーボックス。

そのカラーボックスに37型テレビを置いても大丈夫なのでしょうか?

  • ニトリのカラーボックスをテレビ台にして大丈夫?
  • ニトリのカラーボックスに37型テレビを置いても大丈夫?

このような疑問にお答えします。

わたしは、2人の子供を育てる主婦のもりみです。

テレビ前でよく遊ぶ子供たちのために、本棚を兼ねるテレビ台を置きたいと考えました。

その結果、ニトリのカラーボックスをテレビ台にしました。

この記事では、ニトリのカラーボックスをテレビ台にして大丈夫だったかの記録を書いています。

ニトリのカラーボックスをテレビ台にしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

この記事の内容

  • ニトリのカラーボックスをテレビ台にしようとしたきっかけ
  • ニトリのカラーボックスをテレビ台にしても大丈夫?
  • ニトリ公式サイトにカラーボックスをテレビ台にしている実例写真あり
  • ニトリのカラーボックスをテレビ台にする時の注意点
  • ニトリのカラーボックスに37型テレビを置いても大丈夫?

 

ニトリのカラーボックスをテレビ台にしようとしたきっかけ

ニトリのカラーボックスをテレビ台にしようとしたきっかけです。

きっかけは、テレビ前で遊ぶ子供たちが手に取りやすい場所に本を置きたかったからです。

部屋にスペースがあれば、テレビ台とは別に本棚を購入したらいいのですが、何しろ我が家は狭い。

狭いリビングにテレビ台と本棚を置くことは無理でした。

結果、テレビ台を兼ねた本棚、もしくは、本棚を兼ねたテレビ台を置くことにしました。

さらに、購入する家具の条件として、価格の安さを重要視し、使わなくなった場合のことも考えました。

なぜなら、リビングに本を置きたいのは子どもが幼い間までだと考えたからです。

その結果、ニトリのカラーボックスをテレビ台にすることが一番望ましいという結論に至りました。

ニトリのカラーボックスをテレビ台にしても大丈夫?

ニトリのカラーボックスをテレビ台にして大丈夫なのだろうか?

ニトリのカラーボックスをテレビ台にしようと思った時に、真っ先に不安に思った点です。

なぜなら、カラーボックスは非常に簡素な作り。

テレビのような重たいものを乗せて使うようには作られていません。

 

  1. 万が一、ニトリのカラーボックスの上にテレビを置いていて、カラーボックスにヒビが入ったりしたら?
  2. その衝撃で上に乗っているテレビがバランスを崩して倒れたら?
  3. テレビが壊れるのではないだろうか?
  4. もし、テレビが倒れてきたところに子供がいたら?

そんな最悪の自体を想定しました。

すると、怖くて、安易にカラーボックスの上にテレビを置く気にはなれませんでした。

そこで、わたしはニトリのカラーボックスの上にテレビを置いても大丈夫なのか徹底的に調べてみることにしました。

結論を言いますと、ニトリのカラーボックスはテレビ台として使うこともできる、ということです。

どういうことなのかを以降くわしく書いてありますのでご覧くださいませ。

ニトリ公式サイトにカラーボックスをテレビ台にしている実例写真あり

まずは、ニトリの公式サイトをチェックしました。

するとどうでしょう?

ニトリの公式サイトにカラーボックスをテレビ台にしている実例写真があるではありませんか!

これは、ニトリ公式でカラーボックスをテレビ台として使うことを推奨しているということでしょうか。

以前は、ニトリのカラーボックス「COLOBO®」シリーズの上に24型テレビが置いてある実例写真がありましたが、現在は「COLOBO®」シリーズでは実例写真はありません。

ただし、簡単組立「Nクリック」シリーズには、テレビが置いてある写真が掲載されています。

ニトリのカラーボックス簡単組立「Nクリック」シリーズのテレビ台実例写真( ↓ )

≫ニトリカラーボックス簡単組立て Nクリック

ニトリのカラーボックスをテレビ台にする時の注意点

ニトリのカラーボックスをテレビ台にするときの注意点です。

ニトリのカラーボックスには現在2種類のカラーボックスがあります。

「COLOBO®」シリーズと「Nクリック」シリーズです。

わたしが購入したのは「COLOBO®」シリーズです。

もりみ
もりみ

わたしがニトリのカラーボックスを購入したときは、まだ「Nクリック」シリーズは販売されていませんでした。

なので、我が家は従来のカラーボックスをテレビ台として使用しています。

「COLOBO®」シリーズを横置きにした場合の天板の耐荷重は10kg。

テレビを置けなくもないけど、ニトリ公式としては推奨はしていないということです。

ただし、「Nクリック」シリーズのほうは、実例写真があることを考えるとテレビ台としての使用は可能ということでしょうか?

実は、「Nクリック」シリーズ(3段タイプ)を横置きにした場合の天板の耐荷重設定はありません。

しかし、目安として20kg程度までのものなら乗せても大丈夫とのことです。(ニトリに確認済み)

実例写真があることも考えると、20kg以下のテレビであればテレビ台として使用できるということでしょう。

ニトリのカラーボックスは種類によって耐荷重が異なります。

テレビ台として使用する場合は、カラーボックスの耐荷重を確認するようにしましょう。

 

ニトリカラーボックス「COLOBO®」シリーズと「Nクリック」シリーズの耐荷重比較

ニトリカラーボックス「COLOBO®」シリーズ

  • 棚板1枚当たりの耐荷重:10kg
  • 横置き使用の天板耐荷重:10Kg(付属棚板を全て均等に木ネジ固定で使用した場合)

 

ニトリカラーボックス「Nクリック」シリーズ

  • 棚板1枚当たりの耐荷重:20kg
  • 天板部分の耐荷重設定はありません。
    目安として20kg程度までのものなら乗せられる。
    ※小さくて重い物などは、一点荷重がかかり破損につながる恐れがあります。

 

ニトリのカラーボックスに40型テレビを置いても大丈夫?

ニトリのカラーボックスに40型テレビを置いても大丈夫でしょうか?

ニトリのカラーボックス「COLOBO®」シリーズにレグザ37型液晶テレビをおいている我が家です。

実は、このテレビ、重量が16kgほどあるようです。

ニトリカラーボックス「COLOBO®」シリーズの耐荷重は10kgということなので、重量オーバーです。

しかし、テレビ台として使用してから2年以上経過しましたが、問題なく使えています。

2つのカラーボックスをまたぐようにテレビは置いてあります。

ニトリのカラーボックスがしなるようなことや、割れるようなことはありません。

さらに、40型テレビを追加購入した我が家。

40型テレビの重量は5.9kgなので、ニトリカラーボックスの耐荷重以内に収まっています。

現在は、ニトリカラーボックス「COLOBO®」シリーズを3つ横並びにして、3台のテレビ(総重量28kg弱)を置いています。

特に問題なく、ニトリのカラーボックはテレビ台として活躍してくれています。

ニトリのカラーボックスをテレビ台にして40型テレビを置いて大丈夫?のまとめ

ニトリのカラーボックスをテレビ台にして40型テレビを置いて大丈夫?のまとめです。

ニトリのカラーボック「COLOBO®」シリーズにテレビを置いて2年以上経過した結果。

今のところ問題なく使えているということです。

ただし、ニトリの公式では耐荷重10kgの「COLOBO®」シリーズにテレビを置くことは推奨していませんでした。

しかし、推定耐荷重20kgの「Nクリック」シリーズではテレビを置いている実例写真がありました。

これは、時代と共に、カラーボックスもテレビも進化していることが考えられます。

10年前に購入したレグザの37型テレビの重量は16kg。

それに対し、ニトリカラーボックス「COLOBO®」シリーズの耐荷重は10kg。

この組み合わせでは、カラーボックスをテレビ台にしないほうがいいでしょう。

しかし、最近購入した40型テレビの重量は5.9kg。

それに対し、ニトリカラーボックス「COLOBO®」シリーズの耐荷重は10kg。

この組み合わせなら、カラーボックスをテレビ台にしても問題はないと言えるでしょう。

さらに、ニトリカラーボックス「Nクリック」シリーズ(推定耐荷重20kg)であれば、どちらのテレビ台にしても問題ないでしょう。

大切なのは、カラーボックスの耐荷重とテレビの重量の組み合わせです。

自分が使用するカラーボックスとテレビの重さを比較することが大事です。

ニトリのカラーボックスは、価格も安く汎用性に優れています。

テレビ台としてだけではなく、さまざまな家具として使用可能です。

自分の暮らしにとって最適で安全な使い方をして楽しみたいものですね。

お金の学校「無料マネーセミナー」

お金の学校教養講座の「無料マネーセミナー」です。

60万人が受講したお金の学では、貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金のことから資産運用まで、お金について学ぶことができます。

お金の学校はこんな人におすすめ

  • 貯蓄体質になりたい人
  • 老後のお金が心配な人
  • 投資について学びたい人

気になったらまずは無料のWEBセミナー体験から。

お金の教養講座 無料WEBセミナーを見てみる