家庭学習

こどもちゃれんじ思考力特化コースの口コミと実際に受講してみた感想

こどもちゃれんじ思考力特化コースの口コミと実際に受講してみた感想を紹介します。

年中の4月からベネッセのこどもちゃれんじ思考力特化コースをはじめた次女です。

1年程続けてみた結果、年長からはやめることにしました。

この記事の内容
  • 思考力特化コースを受講した感想
  • 思考力特化コース年間ラインナップ
  • 思考力特化コースの口コミ

こどもちゃれんじ思考力特化コースを受講した理由

次女にこどもちゃれんじ思考力特化コースを受講した理由は、長女が年少(ほっぷ)からこどもちゃれんじをはじめていたからです。

ですが、いろいろと迷う理由もありました。

2人目のこども(次女)にちゃれんじ受講を迷った理由

ひらがななどちょっとお勉強要素がはじまるこどもちゃれんじ年中のすてっぷ講座。

はじめての子育てで、どうやって長女に教えていいのかわからなかったときにこどもちゃれんじはとても役に立ちました。

だから次女にも同じようにこどもちゃれんじを受講するつもりでいたのです。

ただ、次女は長女がひらがなを覚えるときに同じように学んでいったため、ひらがなは読めていましたし、書くこともできていました

もりみ
もりみ
次女には年中のすてっぷ講座は簡単すぎるんじゃないかなあ?それでも受講する価値はあるのかな?

そんなふうに疑問に思っていました。

さらに、こどもちゃれんじすてっぷ講座の受講を迷う理由にエデュトイ教材がありました。

このエデュトイ教材、基本的には毎年同じ教材が届きます。

だから、長女の時に届いたエデュトイ教材が次女にも届きます。

正直、同じものはいりません。

もりみ
もりみ
無駄になっちゃうよね。
みー
みー
はっきりいってエデュトイ教材はいらないね。

次女にこどもちゃれんじをやらせるか迷うにはそんな理由もありました。

こどもちゃれんじすてっぷから「思考力特化コース」開講

しかし、そのときです。

なんとこどもちゃれんじのすってぷ・じゃんぷ講座から新しいコースができました。

その名も「思考力特化コース」

今までの「総合コース」は基礎+応用のコースです。

キッズワークにDVD、エデュトイなどがセットになっています。

そして「思考力特化コース」はDVDやエデュトイを無くし「キッズワーク」と「思考力ワーク」というワーク中心のコースです。

 

もりみ
もりみ
DVDもエデュトイも家にあるし、この思考力特化コースならいいんじゃない?
みー
みー
ワークに特化してて知育を学べるのがよさそうだね。 
もりみ
もりみ
ちょっと難しい問題とか応用問題もあって次女にはいいかもしれないね。

2人目以降の子供のこどもちゃれんじ受講を迷うママたち

女性の口コミ
女性の口コミ
1人目はこどもちゃれんじをやっていたけど、2人目はどうしよう?
女性の口コミ
女性の口コミ
こどもちゃれんじはやらせたいけど、エデュトイ教材のおもちゃはいらないよね。
女性の口コミ
女性の口コミ
すぐゴミになるし、邪魔なのよね。

なんて辛辣なママたちの声も聞こえます。

中には、届いてすぐメルカリなどのフリマアプリにエデュトイ教材を出品している人もいます。

同じものは2つもいらないというママたちの本音が見て取れます。

わたしも、総合コースしかなかったら、次女にこどもちゃれんじをやらせなかったでしょう。

ですが、思考力特化コースというワーク中心のコースができたことでこどもちゃれんじを受講することにしました。

>>>こどもちゃれんじ思考力特化コースの詳細はこちら

こどもちゃれんじ思考力特化コース年間ラインナップ

こどもちゃれんじすてっぷ講座「思考力特化コース」をはじめた次女。

はじめは自分にしまじろうが届いたことに非常に喜びました。

わくわくしながら包装を開ける次女です。

こどもちゃれんじ思考力特化コース年間のラインナップは?

思考力特化コースの年間のラインナップはどんなものがあるでしょう。

思考力特化コース年間ラインナップ
  • キッズワーク(毎月1回)
  • 思考力ぐんぐんワーク(毎月1回)
  • 考える遊びセット(毎月1回)
  • すてっぷ通信(保護者向け情報誌)(毎月1回)
  • エデュトイ教材(年1回)
  • 添削課題(年3回)

このように本当にワーク中心の教材となっています。

教材についてくわしく紹介していきます。

キッズワーク

毎月届くキッズワークは総合コースと一見同じようなワークです。

しかし、ページ数は、総合コースの約2倍。

また、応用問題も多めです。

シールを使った問題も多く、遊びながら学ぶことができる仕組みになっています。

思考力ぐんぐんワーク

思考力ぐんぐんワークというのが、思考力特化コース専用のワークといってもいいです。

キッズワークに比べると、難易度が高くなり難しい問題が多いです。

将来的に論理的な思考を身につけられるようになるための、論理的に考えるための「考え方」を身につけます。

他にも、視点を変えて考える力や自分の考えを説明する力を身につけられるようになります。

今後の学習に必要な「プログラミング的思考」の基礎の基礎を学べる内容となっており非常によい教材です

親子で取り組める問題もあり楽しめながら学べます。

考える遊びセット

考える遊びセットは、紙製の学習教材です。

思考力ぐんぐんワークに連動していることが多いです。

11月号は「なまえをいってはいけませんゲーム」というカードが付属されていました。

言葉の連想や説明がテーマとなっています。

一枚一枚のカードには日常で使っている道具の絵が描かれています。

その絵を見せずにその物の特徴を相手に伝えその物が何かを当ててもらうゲームです。

この考える遊びセットは、教材が届いた日こそ、楽しんで取り組みます。

ところが、翌日からは見向きもされなくなることが多かったです。

考える遊びセットは、子ども1人ではなく親子で楽しんで学ぶ教材ですね。

すてっぷ通信(保護者向け情報誌)

すてっぷ通信には、思考力ぐんぐんワークの回答が載っています。

そして、毎月テーマに沿った保護者向けの情報が掲載されています。

その年齢に合った子育て情報が主だったので、しっかりと目を通したことがありません。

最初の子供であったならば、読んでいたかもしれません。

ですが、2人目ともなるとつい雑に扱っていました。

ですが、ときどきこれからの学習などについてもあり、非常にためになる内容もありました。

エデュトイ

年中の時に届いたのは、ひらがなのなぞりんマシーンです。

もりみ
もりみ
いらないなあ・・・

というのが正直な気持ちでした。

エデュトイ教材がいらないから、次女は思考力特化コースにしたのです。

それなのに、年に1度だけとはいえ、すでに手元にあるものと同じものは必要ありませんでした。

長女の時のなぞりんマシーンは、フル活用しました。

長女も次女も一緒になって遊んでいましたので、ボロボロになり最後は処分するしかなかったほどです。

しかし、すでになぞりんマシーンを卒業してしまった次女に、再び同じなぞりんマシーンは必要ありませんでした。

ですが、自分に届いたものならうれしいかったのでしょう、包装を解いて最初こそ遊びました。

しかし、数回手にしただけでやっぱり飽きてしまいました。

長女の時に遊びつくしたなぞりんマシーンですからね。

こんなことなら、次女に見せずに、新品の状態でメルカリに出品しておけばよかったほどです。

添削課題

あったような・・・というほど記憶に残らない教材です。

添削課題についても、特に必要性を感じませんでした。

正直、切手を貼って出すのが手間です。

けど、子供は課題に取り組みたがるので出さないのもかわいそう・・・。

10月号にも届いたのですが、まだ手を付けていません。

このままスルーしようかと・・・。

スルーするのもかわいそうなのでちゃんと提出しました。

次女は、ワークやドリルをすることが嫌いではありません。

だから思考力特化コースも楽しんで取り組んでいます。

このまま続けて年長じゃんぷ講座を受講してもよかったのです。

しかし、そうはしませんでした。

なぜこどもちゃれんじに飽きてもいないのに退会したのかというと?

こどもちゃれんじ思考力特化コースを退会したのは経済的な理由から

こどもちゃれんじ思考力特化コースを退会したのは、ひとことで言えば「経済的な理由」です。

先月から改めて家計の見直しをはじめた我が家。

子供の習い事代に毎月27000円程かかっていました。

これを、少しでも節約したいなあと思い、習い事の費用を縮小することにしました。

譲れないものから考えていって、一番やめても支障がなかったのが次女のこどもちゃれんじでした。

そして、次女には申し訳ないのですが、じゃんぷ講座の受講をやめることにしたのです。

こどもちゃれんじ思考力特化コースを実際に受講してみた感想

こどもちゃれんじは、総合コース、思考力特化コースともに、非常に優れた通信教材です。

それは総合コースを受講した長女の時に嫌というほど実感しました。

何かひとつだけ習わせるならこれほど優れた教材はありません。

特に、最初の子供であれば受講して損はしません。

というか受講しないほうが損なのではと思ってしまいます。

こどもちゃれんじは子供にとってもママにとっても日常生活や学習の助けになります。

我が家の子供たちは、こどもちゃれんじのおかげでいろんなことができるようになりました。

ただ、上の子が受講していたなら、下の子には、こどもちゃれんじ総合コースはなくてもいいでしょう。

というよりもいりませんよね。

そのかわりワーク教材の「思考力特化コース」を受講させたいところです。

残念ながら経済的な理由で退会した我が家ですが、子どものためを思うなら続けてあげてもよかったと少しだけ後悔しました。

こどもちゃれんじ思考力特化コース退会後

こどもちゃれんじ思考力特化コースを退会して、半年もしないうちに

進研ゼミ小学講座の事前申し込みをしました。

おかげで次女は、夏頃に準備号が届いて楽しんでワークに取り組んでいます。

そして年長の12月からはチャレンジタッチで入学準備コンテンツで学んでいます。

>>>チャレンジタッチは幼稚園から受講できる?実際に使ってみた感想

https://yurusimple.com/challenge-touch-kindergarten/

こどもちゃれんじ思考力特化コースの口コミ

こどもちゃれんじ思考力特化コースの口コミを集めました。

開講から早くも2年が過ぎようとしています。

実際に受講した方たちはどんな感想を持っているのでしょう?

女性の口コミ
女性の口コミ
「思考力ぐんぐんワーク」を解いているときに子どもがどんなことを考えているのか、どのようにアドバイスするとよいかが書いてありとても参考になりました。
女性の口コミ
女性の口コミ
図形を回転させて考えることや、斜めに線を引くことなど、うちの子のニガテなところが発見できたことがよかったです。問題を解く中でニガテ部分を克服できましたし、想像以上に読解力や発想力が進んでいるなどのよい発見もできてうれしかったです。
女性の口コミ
女性の口コミ
難しい問題ばかりだと嫌になってしまうかも?と心配していましたが、簡単なものから難しいものまでバランスよく問題が用意されていてとてもよかったです。難しい問題に悩みながらも取り組んでいる姿には、成長を感じられて親としてうれしかったです。

このようにこどもちゃれんじ思考力特化コースの口コミには受講してよかったという声が多くあります。

わたしも、受講してよかったです。

\ワーク中心に学びたい子どもに/
こどもちゃれんじ思考力特化コースの詳細はこちら

 

\自分で考える力をぐんぐん伸ばす/
こどもちゃれんじ思考力特化コースの詳細はこちら