断捨離したものをメルカリで売るときの基準とは!?




断捨離したものって、みなさんどうしてますか?

きっとミニマリスト目指してる人は、その場で、潔くゴミ袋行きですよね。

どこかのサイトのミニマリスト度チェックリストなるものがあって、ちらっとみたんですよね。

そしたら、不用品を売らない。ってありました。

あ、私ミニマリストとして、ダメじゃん?(笑)

けど、いいの。それは一つの指針でしかないからね。

ミニマリストも人それぞれでいいと思っているのです。

 

メルカリという不用品がお金に変わるシステム

断捨離してると、いろんな不用品が出てきます。

それこそ断捨離したての頃は、ごろごろと山のようなもので溢れかえるくらいです。

それらをメルカリで売ってお小遣いに変え始めたのは、半年くらい前からでしょうか。

きっかけは、友人がメルカリを利用して売ったり買ったりしていたことです。

楽しそうにやってる友人の姿に見よう見まねで始めました。

もりみは専業主婦なので自身の稼ぎは0円です。

それがメルカリをすることで、お小遣いが稼げてしまうっていう魅力に惹かれたんです。

こんなうれしいことってないです。

まあ、元をたどればほとんどは自分がお金を払って購入したものなんで、ほんとの意味で稼いではいませんがね(^_^;)

それでも、ただ捨てるだけのものが数円でもお金に変わるという素晴らしさと、メルカリの楽しさにあっという間に虜になりました。

 

断捨離するものを片っ端からメルカリに出品

当初は、子供服や自身の服など、断捨離するたびにメルカリに出品しました。

ですが、中にはさっぱり売れないものもあるんですよね。

たとえば、ほんの少しだけシミがある子供服とか、それほどダメージはないレディース服や子供服(ノーブランド)。

こういったものって、なかなか売れませんでした。

まあ、よく考えればわかる話ですよね。

メルカリの最低出品金額は300円です。

どこにでもあるノーブランドの服、しかも中古ですから、300円でも高いと思う場合だってあります。

どうせ購入するなら、あと少しお金を出しても状態のいいブランド物が欲しいです。

特に子供服については、ブランド物は購入率が高いです。

即売れした品物がいくつもあります。(良心的な価格設定で)

で、最初の頃は、がんばって全部売り切ろうと思ったわけです。

メルカリはタイムライン上での出品になるので、時間がたてばどんどん出品したものは下に追いやられ見られる機会が激減します。

その対策として、出品しては削除し、再出品をしていたこともありました。

ですが、ふっと思ったわけです。

 

メルカリにかける労力を断捨離することが大事

たった300円のもの。

メルカリへの手数料(1割も!)や送料を引いたら、収益は100円になるかならないかのものを売るのに、膨大な時間と労力をかける意味があるのだろうかと・・・。

ミニマリストがミニマリストであるゆえんは、自身の大事なものを優先することにあります。

それを考えたら、これってどうなんだろうと疑問が出てきました。

私はメルカリをしたいわけではないんです。

断捨離してお部屋がすっきりして、尚且つお小遣いまでもらえたらラッキーというだけなんです。

そう、メルカリはラッキー程度のものです。

それがなくても断捨離してお部屋がすっきりするならいいんです。

お小遣いはおまけ的要素でしかないんですから。

そう気づいたら、なんでもかんでもメルカリに出品するのはやめました。

だって、断捨離したのに、メルカリに出品するために部屋に保管しておき、結局片付いていないんですからね。

逆に、売れない不用品で部屋が溢れかえり、以前より散らかってしまったくらいです。

これでは本末転倒です。

以来、メルカリに出品するには自分なりにルールを設けるようにしました。

 

断捨離したものをメルカリで売る基準

 

断捨離したものをメルカリで売る3つの基準

  1. 利益500円以上のもの
  2. 出品する手間がかからないもの
  3. 発送の手間がかからないもの

 

1.利益500円以上のものは売る

説明するまでもないですね。

メルカリへの1割の手数料とわたしは送料込みで出品するので、発送料を差し引いても500円以上の利益が出るものについては、出品します。

不用品が500円以上になるのはうれしいですからね。

出品や発送に多少の手間がかかっても出品します。

 

2.出品する手間がかからないものは売る

これは、たとえ利益が500円以下でも、出品に手間がかからなければ売ります。

このときのルールは品物の説明は簡易的にし、気になった方が質問してくれたらいいというスタイルです。

発送・梱包がちょっと面倒かなと思っても、とりあえず出品して様子を見るようにしています。

そのとき、出品額は多めに見積もって値下げに対応できるようにしています。(ずるい?(^_^;)

 

3.発送の手間がかからないものは売る

利益が500円以下でも、発送に手間がかからないものであれば売ります。

小物で、尚且つ、クリックポストでの発送が可能なものですね。

注意

最近はクリックポストが値上がりしたので利用しなくなりました。

ゆうゆうメルカリ便か、らくらくメルカリ便のネコポスか宅急便コンパクトが匿名で安く送れておすすめです。

出品時に多少文章に説明が必要であっても、そんなのもの5分もかかりません。

時給換算すれば、それほど不利益を被ることはありません。

発送・梱包に手間取らないというのは、わたしがメルカリに出品するときに重要視するところです。

 

断捨離したものをメルカリで売らずに捨てる基準

断捨離したものをメルカリで売らずに捨てる場合は、以下のような基準を設けています。

断捨離したものを売らずに捨てる3つの基準

  1. 利益100円程度のもの
  2. 出品する手間がかかるものの割に利益が少ないもの
  3. 発送の手間がかかる割に利益が少ないもの

 

1.利益100円程度のもの

利益100円程度というのは、出品金額が送料込み300円という最低金額での出品です。

正直、300円で即売れする中古品ってあまりないです。

しばらくたってようやく売れた、という事が多いです。

以前はしばらくの間出品していて、部屋に断捨離できずにいるものを保管していました。

ですが、現在は、もう300円程度の中古品は出品するのが手間になってきたことと、いつまでも断捨離できずに部屋にあるのが嫌で、即処分することにしています。

 

2.出品する手間がかかる割に利益が少ないもの

利益500円以下のうえに、出品するまでに手間のかかるものは売るのをやめます。

たとえば、その品物をきれいに洗濯やお手入れする必要がある場合です。

必ず売れるとわかっていれば多少はがんばる気になるかもしれません。

ですが、手間ばかりかかって売れないという事もあったので、こういった品物は即断捨離することにしました。

そのほうが部屋も気持ちもすっきりです。

 

3.発送の手間がかかる割に利益が少ないもの

利益少なく、発送・梱包にやたらと手間がかかるものも売るのをやめます。

とにかく梱包に手間取るのが嫌なんです。

梱包用に箱などが用意してあるわけではないので、それらの手配までしたのに、利益少なければ、むなしいだけです。

こういったものは即断捨離したほうが、気持ちも楽になります。

 

売るかどうか迷うものは様子を見る

売るかどうか迷うものがあります。

それは、出品も発送も簡単にできるものです。

利益はあまりなくても、2~3枚、写真を撮って、説明も少しでいいものは、とりあえず出品してみるという事もあります。

そこで数日以内に売れてしまえばいいし、売れそうになかったら、早々に出品を取り消して即断捨離します。

やはり、売れるまで保管しておくという行為が嫌なのです。

 

断捨離したものをメルカリで売るときの基準のまとめ

こんな感じで自分なりにメルカリで売るときのルールを設けています。

こうすることで、以前のように、売れるかわからないものを、長期間保管しておくことがなくなり、部屋の中に不用品が溢れかえるという事もなくなりました。

また、自分はいいと思って高値で売れると思っていたものが予想よりも売れない(価値が低い)ということは多々あります。

そのことを客観的に知ることは、そのものへの執着を捨てるきっかけにもなり断捨離も進みやすくなります。

もちろん、メルカリへの出品なんて面倒くさいって場合は、即処分してしまいましょう。

けど、捨てるには惜しいという理由で処分できないなら、メルカリへ一度出品してみることもおすすめです。

意外にもメルカリのおもしろさにハマって、不用品を断捨離しまくるということもあります。

使用期間の短い子供服やおもちゃはよく売れますから、メルカリは子育てママにもおすすめです。