子育て

スマイルゼミをやりたいという1年生長女のために資料請求したので特徴やメリットをくわしく紹介

タブレット学習で有名なスマイルゼミ。

小学1年生の長女が、ある日スマイルゼミのチラシを見ていいました。

「スマイルゼミやりたい!」

スマイルゼミのそのチラシは、子供にとったらとても魅力的に書かれていました。

楽しそうな学習内容。

親が見てもいいかもしれないと思ってしまう程です。

こんにちは、ゆるミニマリスト主婦のさつきです。

我が家の長女は進研ゼミ小学講座チャレンジオリジナル1年生を受講しています。

ところがこの夏スマイルゼミに興味津々。

受講させてあげようか迷った末に受講に至りました。

この記事は、スマイルゼミを資料請求したわたしがその内容をくわしく紹介しています。

スマイルゼミが気になるけれど受講を迷うパパやママの参考になれば幸いです。

 

スマイルゼミを1年生の長女がやりたいといった理由

我が家の長女がスマイルゼミのチラシを見てやりたいと言った理由は「楽しそうだから」です。

その時、長女は進研ゼミ小学講座チャレンジオリジナルを受講していました。

チャレンジオリジナルは、タブレット教材ではなく、ワークに記述する学習方法です。

幼稚園の頃からちゃれんじは続けていたので、その流れで小学講座も受講していました。

毎日コツコツチャレンジをこなしていた長女です。

ですが、スマホのゲームに興味津々の長女は、スマイルゼミのゲームのような学習方法に惹かれました。

難解な問題も「おもしろそうなゲーム」に見えるようです。

長女のテンションは上がりました。

「どうしてもやりたい!」

強い長女の意思を感じました。

 

スマイルゼミを1年生の長女がやりたいといったとき親が迷った理由

1年生の長女に、スマイルゼミをやりたいと言われて、わたしは迷いました。

迷った理由は3つありました。

わたしがスマイルゼミの受講を迷った理由

  1. 経済的なこと
  2. タブレット学習への不安
  3. 勉強は書いて学ばせたい

 

1.経済的なこと

経済的な理由としては、すでに進研ゼミ小学講座を受講していたからです。

おそらく学習内容はそれほど大きく変わらないでしょう。

似たような通信教材を2つも受講するメリットはないと思いました。

何より、2つも受講させる経済的余裕はないと感じたからです。

 

2.タブレット学習への不安

もう一つの理由として、タブレット学習への不安がありました。

長女はスマホのゲームが大好きです。

少しやらせると途端にハマってしまうタイプです。

幼い子供のメディアによる弊害を考えて、我が家ではスマホを触らせることはほとんどありません。

そのため、スマイルゼミのようなタブレット学習へも不安がありました。

 

3.勉強は書いて学ばせたい

自分で鉛筆を使って文字を書くことが大切だと感じています。

とくに子供であれば、勉強のときは書いて学んでほしいという思いがありました。

タブレット学習になってしまったら、鉛筆を持って文字を書くことがなくなります。

そのことに不安がありましたし、できれば避けたいと思っていました。

 

スマイルゼミの特徴やメリットを調べてみることに

スマイルゼミを受講するか迷いながらも、まずはスマイルゼミについて詳しく調べてみました。

さっそくスマイルゼミの公式サイトを見てみました。

スマイルゼミの公式サイトはこちら

 

スマイルゼミには小学生向け通信教育と中学生向け通信教育がありました。

※2018年11月からスマイルゼミ幼児コースが開講しました

わたしは、できるだけ長く同じ教材を続けさせたいと考えていました。

小学校ではチャレンジを受講して中学校ではスマイルゼミ、高校ではまた別の教材。

そういったことは避けたいと考えていました。

できるだけ小学校からずっと同じ教材で学ばせたいと考えていました。

理由はあるともないとも言えますが、たぶん自分自身がずっと進研ゼミを続けていたからでしょう。

その点から考えるとスマイルゼミに高校講座がないのは少々残念に感じました。

公式サイトには、詳しい講座内容がわかる資料が無料で請求できるようになっていました。

そこでわたしはまずは無料の資料請求をしました。

 

スマイルゼミに無料の資料請求をしたら

スマイルゼミに資料請求をしたらすぐに資料が届きました。

A4より少し大きめの分厚い封筒です。

中を開けてみると、たくさんの資料が同封されていました。

資料請求するとこんなにたくさんの資料とお役立ちコンテンツが送られてきました。

こちらがスマイルゼミ小学生向けの通信教育の資料です( ↓ )

非常に細かいところまでくわしく案内要項が書かれています。

わたしはこれを読んでタブレット学習の魅力に惹かれました。

 

こちらは、資料請求するともらえた「朝日小学生新聞」です( ↓ )

スマイルゼミを受講すると、タブレットで朝日小学生新聞や名作まんがが無料で読めます。

 

資料請求の特典としてどうされていた「JUST NEWS」です( ↓ )

「JUST NEWS」には、2018年春から新学習指導要領の移行措置として始まっている新しい授業について、詳しく解説してあります。

 

こちらは実物大のタブレット資料のチラシです( ↓ )

資料の中には、実際のタブレットの大きさを体感できるように実物大のタブレット用紙が同封されています。

これによって思ったよりも小さかった、思ったよりも大きかったなどの誤差が生じずにすみます。

実物大を体験できるのは助かりました。

 

各種キャンペーンのお知らせです( ↓ )

資料請求したときは、夏休み前だったので、夏休み独自のキャンペーン情報や特典などの案内がありました。

 

キレイキレイのウエットティッシュ( ↓ )

スマイルゼミとどういうつながりかわかりませんが、キレイキレイのウエットティッシュがおまけのように同封されていました。

外出先で子どもの手を拭くなどありがたく使わせてもらいました。

このようにスマイルゼミに資料請求すると盛りだくさんの資料が送られてきます。

資料内容は非常にわかりやすく親が見ても魅力いっぱいでした。

そして資料を見た子どもはさらにスマイルゼミの受講をのぞみました。

スマイルゼミの資料請求はこちら

スマイルゼミの特徴やメリットを詳しく紹介

スマイルゼミの特徴をひとことで言うと「タブレットで楽しく学ぼう」です。

紙の教材では飽きてしまう子供も、ゲーム感覚で学べるタブレット教材はおすすめということです。

子供が夢中になって勉強できる工夫がいたるところにちりばめられています。

また、子どもが1人でも学習できるような工夫もされています。

スマイルゼミの特徴&メリット
  1. 体感的に学べる
  2. 自動で丸つけ
  3. 丁寧な解説&反復学習
  4. 学習習慣の定着
  5. メールで褒められ習慣
  6. お楽しみアプリの充実
  7. 英語やプログラミング講座も充実
  8. 漢字検定の高い合格率&「書く」へのこだわり

 

1.体感的に学べる

タブレット学習ならではのメリットです。

スマイルゼミでは、新しい概念や空間認知など、画面に指で触れて実際に自分で体験しながら学ぶことができます。

これは紙の教材にはない最大の特徴でありメリットです。

 

2.自動で丸つけ

スマイルゼミの答え合わせは、コンピューターが自動でしてくれます。

紙の教材のようにママが行う必要はありません。

これは親にとって非常に便利です。

また、親の手を借りなくても自分で学ぶことができたという子供の自信にもつながります。

それによってますます自主学習への意欲がわいてきます。

 

3.丁寧な解説&反復学習

間違えた問題の答え合わせをして、さらに正しい解答や解き方を自ら学ぶのは幼い子供には難しいです。

それがスマイルゼミなら丁寧に間違えた問題の解説をしてくれます。

また、1度解いた問題に何度でも取り組むことができるので、反復学習が定着します。

チャレンジオリジナルのような紙の教材では、書き込んでしまうため反復学習をさせるのは難しいです。

何度も同じ問題に取り組めるのはタブレット学習のメリットですね。

 

4.学習習慣の定着

「きょうのミッション」というものがあり、一人ひとりにあったその日にやるべき講座を提案してくれます。

課題を出されて、その日に取り組むべき講座がわかります。

それさえ取り組むことで自然と学習習慣が定着していくようなシステムです。

 

5.メールで褒められ習慣

「みまもるトーク」といって、スマイルゼミでは専用のアプリをダウンロードすることで子どもとメッセージのやり取りができます。

メッセージには、子どもが学習に取り組んだ時間や学んだ内容が送られてきます。

スタンプも充実していて、忙しくて子どもとなかなか会話する時間がとれないときにも活用できます。

さらに「みまもるネット」という専用のブラウザにアクセスすると、子どもの詳しい学習内容が確認できます。

学習を子どもに任せながらもきちんと見守ることができるシステムになっています。

 

6.お楽しみアプリ

スマイルゼミには、勉強をがんばったごほうびに「スター」がもらえます。

そのスターを使ってお楽しみアプリを利用できます。

学び要素のあるようなゲームだったり、アバターのきせかえを楽しめます。

お楽しみがあることで、より学習への意欲がわいてくるようです。

 

7.英語やプログラミング講座も充実

スマイルゼミでは、新学習指導要領にそって、英語やプログラミングの講座もあります。

これは、通常の講座に付加されており、より充実した学習内容になっています。

進研ゼミチャレンジオリジナルには、英語やプログラミングはないので、非常にメリットに感じました。

 

8.漢字検定の高い合格率&「書く」へのこだわり

2018年度第1回日本漢字能力検定で、スマイルゼミ会員受検者は96.5%という高い合格率を出しました。

タブレットだからこそ、より「書く」ということにこだわった設計のスマイルゼミ。

まるでノートに書いているかのような使い心地です。

 

スマイルゼミ1年生講座を受講することに決めた理由

公式サイトを見てスマイルゼミの特徴やメリットを調べていくうちに、少しずつタブレット学習のメリットを感じ始めました。

そして、試しにスマイルゼミを受講してみることにしたのです。

スマイルゼミを受講することを決めた理由

  1. 子どもがやりたいと言った
  2. タブレット学習の可能性を感じた
  3. 学校の成績アップにつながるのではと期待した

 

1.子どもがやりたいと言った

スマイルゼミの受講を決めた1番の理由は、やはり子どもが「やりたい」と言ったからです。

こどもちゃれんじは、親が勝手にやらせました。

そして進研ゼミ小学講座チャレンジオリジナルは、しまじろうの流れで親が継続することを決めました。

だから、子どもが自ら「やりたい」と言ったのは、スマイルゼミがはじめてだったのです。

しかもその執着はけっこう強くて、どうしてもやりたい!と言われました。

それほどやってみたいなら、一度やらせてみようと思ったのがスマイルゼミの受講を決めた1番の理由です。

 

2.タブレット学習の可能性を感じた

スマイルゼミのことを調べる前は、小さい子供へのタブレット学習に不安があり、どちらかというと反対派でした。

しかし、スマイルゼミの公式サイトを調べていくうちに、タブレット学習のメリットを知ることができ、その可能性を感じました。

 

3.学校の成績アップにつながるのではと期待した

タブレット学習のメリットでもある反復練習ができることも受講の決め手となりました。

長女は、何度も同じ問題を解くことでようやく理解できるようになるタイプです。

「いろんな問題を解くよりも基本をしっかり学ばせたい。」

「何度も同じ問題に挑戦して理解度を高めたい。」

そう思っていたので、反復練習ができるタブレット学習は非常に魅力的でした。

そして反復練習によって理解度が高まりいずれは学校の成績がアップしたらと期待しました。

 

スマイルゼミを1年生の長女がやりたいと言ったので特徴やメリットをくわしく調べたまとめ

小学1年生の長女がスマイルゼミをやりたいと言ったので、チラシや公式サイトをくわしく調べた結果、我が家ではスマイルゼミの受講を決めました。

長女も、進研ゼミとスマイルゼミの両方をがんばると言ったので、それも決めてとなりました。

月々の会費は12か月一括払いで支払い、月々3000円程です。

価格はチャレンジオリジナルと同じくらいです。

ですから両方合わせて、月々6000円の通信教育費用がかかることになります。

公文が1教科につき月6000~7000円ほどかかるので、それにくらべたら安上がりだと思うようにしました。

受講して本当に成績が上がるかどうかはわかりません。

ですが、きちんと学習すればそれは必ず自分の身につくものです。

受講がマイナスになることはけしてないと信じています。

スマイルゼミが気になったらまずは無料の資料請求から( ↓ )

スマイルゼミの資料請求はこちら