暮らし

洋服を捨てる基準は人前で着られるかどうかで決める

洋服を捨てる基準は人前で着られるかどうかで決めます。

「この服を着て誰かに会える?」

そう自分に問いかけると、捨てられないと思っていた洋服も捨てられるようになります。

 

子どもの服を捨てました

子供の服を勝手に処分しました。

我が家の娘たちは、自分のお気に入りの服しか着ません。

そのため、買ったのに着ていない服というものがいくつかあります。

今回、処分したのはそういった買ったのにあまり着ていない服ではありません。

やっぱり、まだ着られるのに着ないという理由だけで子供服を捨てることはできませんでした。

お気に入りなんてすぐ変わりますし、下の子がいるとなおさら捨てられません。

子供ですから、今は気に入っていないけれども、来年は気に入って着るかもしれない。

長女は着なかったけど、次女は着るかもしれない。

そう、思うと捨てられませんでした。

サイズアウトになってようやく捨てることができます。

 

洋服を捨てる基準とは?

ものを捨てる時には捨てる基準というものを自分なりに持っていると捨てるのが楽になります。

それは洋服についても言えることです。

洋服を捨てる基準を自分なりにもっていると洋服の処分が楽になります。

わたしが洋服を捨てる基準は、人前で着られるかどうかです。

人前で着るには恥ずかしい洋服は捨てるようにしています。

今回、処分した子供服は、洋服としてはまだ着られるものでした。

でも、これを幼稚園に着せていくには、ちょっとみっともない。

そう感じた洋服を処分しました。

わたしが人前で着るには恥ずかしいと思う洋服の基準はというと?

人前で着るには恥ずかしい洋服
  • 襟元や裾、袖口がヨレてしまっているもの
  • 色が褪せているもの
  • 毛玉が目立ってみっともなく見えるもの
  • 修復不能な穴が開いているもの

このような洋服は人前で着るには恥ずかしいです。

ですから、今回思い切って処分することにしました。

たしかに、着れないわけではありません。

もったいないかもしれません。

部屋着限定にしてしまったらいいのではないか?と思ったりもしました。

ですが、これらの洋服が娘のお気に入りとして着られることはないと判断しました。

 

今回は、娘に黙って捨てるため、洋服を新聞紙で包んで、中身がわからないようにしてゴミ袋に入れました。

もし、洋服をそのままごみ袋に入れてしまうと、ふとした瞬間に子供に見つかってしまうかもしれません。

そうすると、捨てていいと言っていたにもかかわらず「捨てないで」と言われるかもしれないので、今回はこっそり内緒で処分します。

これは、子供が年少以下だからできる技です。

年少さんよりも大きくなって自分の持ち物の把握をするようになったらやめましょうね。

勝手に捨てて「あの服どこ?」

なんて聞かれたら、大変ですから。

洋服を捨ててこころのモヤモヤもスッキリ

今回、わたしが子供に内緒で子供たちの洋服を処分したのには理由があります。

幼い子供にこの服はいるのか聞いても「いる」「いらない」の基準がはっきりしていないため、聞くたびに答えが変わります。

「いる」っていうから取って置いたのに、まったく着ない。

「着ないなら、捨てていい?」

そう聞いてもはっきりしないし、いいと言ったり、ダメと言ったりします。

クローゼットで眠ったままの着られない洋服。

わたしはスペースだけ取るその洋服たちを邪魔に思っていたんです。

着るのか着ないのか!?

いつも、心の中で子供に問いかけてやきもきしていました。

捨てるか捨てないのか悶々と迷い続ける日々。

自分のことではないけれど、まだまだわたしの管理下にある子供の物。

だから、モヤモヤして仕方なかったんです。

捨てるか迷っているものがあるっていうのは、1日中もやもやした気持ちを抱えて過ごしているようなものです。

どっちつかずのものをどうするのか悩むその気持ちこそが一番やっかいです。

相応のストレスも気づかぬうちに蓄積されています。

そんな状態でいるのが心地悪かったんです。

だから、わたしの勝手で子供たちの洋服を捨てました。

ですが、結果オーライです。

捨ててしまったあとに、捨てた洋服のことを聞かれたことはありませんでした。

子供の洋服を勝手に処分してみてのまとめ

自分のものではない子供の洋服を捨ててよかったのかどうか?

今回のケースではよかったと思っています。

まだ幼い子供の物は親が積極的に関わって、親主導で片付けを決行してもいいんです。

子供の物だから・・・と、迷っているのは時間の無駄。

子供に聞いたって、本当のところはわからないんですから。

子供の様子を見て、親が判断する。

これでOKです。

ただし、子供がもう少し大きくなったらいけません。

そのときはきちんと子供と一緒に洋服の処分をしましょう。

 

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当のプレゼントが無料でもらえます。