いらないものが捨てられない!そんなときはどうしたらいい?

ゆるミニマリスト主婦のもりみ(@yurusimple_m)です。

わたしは、普段、お店でもらったショップ袋や紙袋は、即処分しています。

楽天で何かを買った時に配送されてきた梱包用の段ボールも即処分しています。

段ボールに関しては、時々次女が工作に使いたがるのであげることもあります。

工作で十分楽しんで、もう次女がいらないと言えば、即処分しています。

このように、基本的に、紙袋やショップ袋を取って置いて何かのために保管しておくということはしていません。

しかし、そんなわたしでもつい即処分してしまうことに躊躇してしまうものがあります。

それは、アマゾンの段ボール箱です。

アマゾンで何か商品を購入すると、小型のものは少し厚みの薄い段ボールで送られてきます。

画像がないのでうまく説明できませんが、開け口がついているやつです。わかりますか?

その段ボール箱は即処分します。

開けた後には形も崩れ、何も用途がありませんから。

しかし、大型の段ボール箱(といってもよくある普通の段ボール箱)は、なぜか即処分できないでいます。

要らないものなのに、捨てられないのです。

もちろん、たくさんたまっているわけではありません。

すぐに捨てられないだけで、しばらく保管してあり、何も用途がなければ資源ごみの日に出すという具合です。

今も、先日 Amazon定期便 で届いた段ボール箱が収納棚に眠っています

Amazon定期便がお得でとっても便利だった話はこちら( ↓ )

Amazon定期おトク便を実際に利用してみたら本当にお得で便利だった!

2018.12.07

 

いらないものであるはずのアマゾンの段ボール箱をすぐに捨てられない3つの理由

なぜ、自分はいらない物であるはずのアマゾンの段ボール箱をすぐに捨てられないのか?

その理由を考えてみました。

そこで出た答えは?

いらないものであるはずのアマゾンの段ボール箱をすぐに捨てられない3つの理由

  1. 見た目がきれいでかっこいい
  2. 作りが丈夫
  3. 何かの役に立つ気がする

このような理由から捨てられないでいるのです。

 

1.見た目がきれいでかっこいい

Amazonの段ボールってかっこよくないですか?

よくある段ボールは、側面などに何かしら鬱陶しい文字がカラフルに書かれています。

アマゾンの段ボールも側面には、「Amazon」と書かれているのですが、それがまたかっこいいんですよね。

問題のAmazon段ボール箱( ↓ )

ちょっとおしゃれな段ボールみたいで素敵なんですよ。

そのスタイリッシュな外観に惹かれてしまうんです。

だから、即処分できないのです。

 

2.スマートで丈夫

段ボールですから基本的に作りは丈夫ですよね。

だけど、スマートで丈夫なんです(笑)

スマートで丈夫って意味わかんないですよね。

なんていうか、よくある段ボールはラインが美しくないのです。

例えるなら、子供を産む前の20代の美しいボディラインと、子供を産んだ後の40代の崩れたボディラインの違いです。

もちろんアマゾンの段ボールが20代の方です。

アマゾンの段ボールってスマートでボディラインが美しいんです。

それなのにとっても丈夫なところがいいのです。

積んでも並べても丈夫で美しい段ボール。

だから、即処分できないのです。

 

3.何かの役に立つ気がする

3番目は、1と2の理由の上で成り立っています。

1と2があるからこそ、

「何かに使えるのではないか?」

「何かに使えたらいいな。」

なんてことを思ってしまうのです。

そう思ったら、何か使えそうなことはないかと考えを巡らせます。

「何か収納できないか?」

「どこかに使えないかな?」

もはや使用することを前提に考え始めます。

そうなると当然即処分することはできません。

 

要らないはずのアマゾンの段ボールの行く末は?

何度も我が家にやって来た、アマゾンの段ボールです。

Amazon定期便を頼んでいるので、今後も同じような段ボールが届きます。

今までは、

アマゾンの段ボールが処分されるまで

いいなと思ってしばらく保管する

→結局用途は見つからないまま時が過ぎる

→けっきょくいらないことに気付き資源ごみの日に処分する

という経路をたどっていました。

しかし、まがりなりにもゆる~くミニマリスト主婦をめざしている身です。

ここはガツンと即処分をしなければいけないところです。

「いらないものは捨てましょう。」

これが断捨離の合言葉です。

 

だけど・・・・?

 

わたしは、そこまでストイックに生きられません。

ミニマリストを目指すぞ!と思ったけど、やっぱ無理だなと早々に諦めた怠け者の自分。

ゆる~くでいいかな?(笑)

すぐに決断できなくてもいいじゃない?

迷いがあるならその迷いを断ち切ることだけが正解なわけじゃない。

迷いとつき合いながらじっくりと向き合うことも大事です

いらないものであるはずのアマゾンの段ボールが捨てられない理由はわかりました。

それだけでも十分良しとしよう。

ゆっくりアマゾンの段ボールと向き合っていけばいいのです。

 

いらないものが捨てられないときにどうしたらいい?

「いらないものであるはずの物が捨てられない。」

「使っていないものが捨てられない。」

それはよくあることです。

人間ですからそれでいいんです。

なんでもかんでも捨てればいいのではありません

それではただの捨てマシーン。

自分のこころが迷っているなら迷えばいい。

捨てることに躊躇しているなら踏みとどまればいい。

自分のこころの声に反発して無理やり事を起こしても(捨てても)、それではあとから不具合が生じます。

不具合というのは、この場合は後悔したり、けっきょく同じものを買うような場合です。

それは、ただ捨てる作業を強行しているに過ぎず、断捨離ではありません。

ものを断つときに大切なのは、自分のこころがきちんと納得している時です。

「捨てなくちゃ」と自分を追い込む必要はないのです。

取って置いて誰が文句を言いますか?

あなたのものであるならあなたが決めていいんです。

焦る必要もありません。

「できていない。片付けられていない」

そんな風に自分を責める必要はありません

自分がいいと思うのなら、段ボールが保管してあってもいいじゃない。

他人がなんて言おうが思おうが、自分の感覚を大事にすればいいのです。

大切なことは、そのものがそこにいる理由を考え、そのものときちんと向き合うことです。

捨てる必要はないんです。

そのものと向き合うだけでいいんです。

向き合った時に、

「もうわたしには、必要ないな。さよならしよう。」

そう思ったなら、感謝してさよならすればいいのです。

 

Amazonからの詐欺メール!?

騙されないように気をつけましょう!

アマゾンジャパンからSMS!コンテンツ利用料金の精算確認が取れません!

2018.01.31

 

管理人もりみが利用しているAmazon定期おトク便のお得で便利な話( ↓ )

Amazon定期おトク便を実際に利用してみたら本当にお得で便利だった!

2018.12.07