私の少年 ネタバレ感想!孤独を抱えた大人の女性に響くピュアラブストーリー!

私の少年(わたしのしょうねん) のネタバレ感想です。

作者は、高野ひと深先生。

この感情は、母性だろうか?

それとも────・・・?

それぞれに孤独を抱えた大人の女性と12歳の美しい少年。

二人は互いを必要なものと感じていき────・・・。

「このマンガがすごい!2017「<オトコ編>第2位の人気漫画。

年齢や立場の違いを超えた二人の物語。

 

私の少年の無料試し読みは?

私の少年 は電子書籍サイトのイーブックジャパン

電子コミックサイトのまんが王国にて無料で試し読みができます。

 私の少年 のおすすめ度 ★★★★☆ 4.5

年下の男の子の純真さに魅かれる大人女子におすすめ!

互いに傷を背負った2人がひとりの人間として惹かれ合う物語

大人の色恋沙汰とは一味違う美しくも儚い切ないピュアストーリー

 

以下、ネタバレ含んだ内容になります

漫画は自分で読みたいというあなたは、まずは無料の試し読みからどうぞ~。

⇒ebookjapanで今すぐ試し読みする

⇒まんが王国で今すぐ試し読みする

リンク先サイトにて「わたしのしょうねん」と検索すると作品の候補が表示されます。

 

私の少年のネタバレ

幼い頃のトラウマや、別れた彼氏のことを引きずり、どことなく寂しい生活を送る女性ー多和田聡子(たわだ さとこ)。

聡子は仕事帰りに立ち寄った夜の公園で、美しい少年と出会います。

少年の名前は速水真修(はやみ ましゅう)。

夜の公園でサッカーの練習をしている彼を見かねて、聡子は真修の練習相手になることを申し出ます。

同じ職場にいる元彼・椎川(しいかわ)から受けるストレスから逃れるように聡子は真修の特訓に付き合います。

しかし、真修がチームのレギュラーを選抜する練習試合に出る前日には、聡子は2人きりの特訓の終わりを告げます。

翌日、聡子は元彼に婚約者を紹介され、虚しさを感じながら家路につきます。

そして、その足は自然とあの公園へと向かいます。

そこには居るはずがない真修が佇んでいます。

その瞬間、聡子は自分が気づいていながら目を背けていたこと。

触れないようにしていたことを改めて直視します。

真修はネグレクトを受けていたのです。

真修を家に連れ帰り、風呂に入るように促した聡子は様々な心の痛みに堪えかねるように涙を流します。

真修はそんな聡子を抱きしめ、やがて真修も涙を流すのです。

そして静かに、ゆっくりとふたりは互いを必要としあい────・・・!?

 

私の少年のネタバレ感想

聡子は30歳、真修は12歳とひとまわり以上年齢の離れた、いわゆる禁じられた恋の物語です。

しかし、幼い頃の心の傷を引きずっていた聡子。

真修に対して大人として振る舞いながらも、愛された経験の少なさからその態度はどことなく綻び(ほころび)を見せています。

時折モノローグで語られる本音は、殆ど誰にも見せたことがないであろう部分。

それが、作中でようやく真修によって暴かれます。

その痛々しさはわたしたちも心のどこかに抱えているであろう想いを表現していてとても共感できます。

一方の真修は親に受けているネグレクトのためか、子どもとは思えない気づかいや態度を見せます。

聡子の元彼にも対等に張り合おうという気概を示しています。

真修の強がりや諦めは、境遇を考えると痛々しいほどですが、それがどこか愛おしくも感じられます。

2人の立場は時に逆転しながら物語は進行していきます。

2人は互いの心の傷に気づいていながらも、積極的に触れることができないでいます。。

わたしたちも普段の生活の中で同じような体験をしているでしょう。

見えている、気が付いている他人の傷に触れないように、目を背けるように生きています。

この物語は年齢差やネグレクトなど、様々なテーマを内包しています。

わたしも読んでみる前は、どことなく現実離れした作品のような印象を持っていました。

しかし実際に読んでみると作中の様々なところで考えさせられ、共感できるところがあります。

この作品は極めて現実的な物語です。

2人の恋がどういった終点を迎えるのか楽しみです。

 

私の少年の作品概要

私の少年
  

作者:高野ひと深

ジャンル:青年マンガ

出版社:講談社

掲載誌:ヤングマガジン

このマンガがすごい!2017 第2位

多和田聡子と早見真修。

二人が過ごす時間は特別なものになっていた。

その矢先、事件は起きる。

聡子は真修の家庭のいびつさを垣間見る事になり────!?

 

無料試し読みはこちら( ↓ )

⇒ebookjapanで今すぐ試し読みする

⇒まんが王国で今すぐ試し読みする

リンク先サイトにて「わたしのしょうねん」と検索すると作品の候補が表示されます。