宇津木式

【宇津木式スキンケアをやめた理由】5年続けたけどやっぱりもう無理!

宇津木式スキンケアを5年間続けたわたしがやめた理由です。

  • 宇津木式スキンケアの体験談を聞きたい
  • 宇津木式スキンケアをやめた人の理由を知りたい
  • 宇津木式スキンケアをやめた後どうしたのか知りたい

このような疑問にお答えします。

わたしは、ニキビと毛穴に悩み続けたアラフォー主婦のもりみです。

エステやリラクゼーションサロンスタッフとして勤務したことがあり、たくさんの方のお肌や身体に触れてきました。

今まで読んだ美容や身体に関する本は数百冊を超えています。

2010年頃から何もつけないスキンケア(宇津木式スキンケア)をはじめました。

試行錯誤しながらも5年間続けてみましたが、自分には合っていないと判断しやめることにしました。

この記事では、5年間続けた宇津木式スキンケアをなぜやめたのか?その理由を書いています。

宇津木式スキンケアについて知りたい方の参考になれば幸いです。

この記事の内容

  • 宇津木式スキンケアをはじめた理由
  • 宇津木式スキンケアをやめた5つの理由
  • 宇津木式スキンケアをやめてわかったこととは?

 

宇津木式スキンケアをはじめた理由

やめた理由をお話しする前に、わたしが宇津木式スキンケアをはじめた理由を簡単に紹介します。

わたしは、一時期、肌がとても敏感になっていた頃がありました。

化粧品を使うと赤くなったりかゆくなったりして、化粧品を使えない時期がありました。

宇津木式をはじめた理由は、超敏感に傾いた肌をよみがえらせるためでした。

結果、宇津木式のおかげで肌が元に戻り、普通に化粧品を使うことができるようになりました。

しかし、肌が元気になってからが問題でした。

「普通の化粧品が使えるならメイクをしたい」

そう思い、メイクをし始めてから宇津木式スキンケアがうまくいかなくなってしまったのです。

宇津木式スキンケアをやめた5つの理由

わたしが宇津木式スキンケアをやめた理由は、肌が元気になったら宇津木式が合わなくなったからです。

具体的には5つの理由があります。

宇津木式スキンケアをやめた5つの理由

  1. 純石けん洗顔で肌がガサガサ・ゴワゴワになった
  2. ワセリンを塗るとニキビができた
  3. 毛穴に皮脂が溜まりまくった
  4. 日焼け止めやファンデーションが使えなくなった
  5. 人前に顔を出せなくなり気持ちが落ち込んだ

 

1、純石けん洗顔で肌がガサガサ・ゴワゴワになった

宇津木式スキンケアをやめた1つ目の理由は、純石けん洗顔で肌がガサガサ・ゴワゴワになったからです。

宇津木式スキンケアでは、純石けんによるクレンジングを行います。

この純石けんによるクレンジングがわたしの肌には合いませんでした。

純石けんでクレンジングをすると、肌がガサガサ・ゴワゴワになってしまうのです。

いくつかの純石けんで試しましたが、どれを使っても、肌がガサガサ・ゴワゴワになるのです。

その状態を我慢して石けん洗顔を続けると、洗顔後の肌がピリピリするようになってしまいました。

試しに、純石けんをやめて、普通のクレンジングと洗顔料にしてみると、肌が落ち着くのです。

ガサガサしないしゴワゴワしないのです。

純石けんによるクレンジングをやってはやめるというのを何度か繰り返しました。

しかし、結果は変わりません。

わたしは、純石けんによるクレンジングを行うと肌荒れしてしまうのでした。

考えられるのは、純石けんは意外と洗浄力が強いのです。

強すぎる洗浄力にわたしの肌は荒れて乾燥をまねいていたと考えられます。

結果、宇津木式スキンケアは、やめたほうがいいと思いました。

2、ワセリンを塗るとニキビができた

宇津木式スキンケアをやめた2つ目の理由は、ワセリンを塗るとニキビができたからです。

肌が乾燥しているときは「ワセリン」を塗るというのが「宇津木式スキンケア」です。

ところが、このワセリンは人によっては、ニキビができる原因になってしまいます

もともとニキビができやすいわたしは、案の定、乾燥したからとワセリンを塗ると、今度はニキビができてしまいました。

人によっては顔にワセリンを使用すると、肌のターンオーバーを妨げ、ニキビや脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)をひきおこす可能性があります。

参考書籍:化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた/医師・山口麻子(著)


何度使ってみても、皮脂が多めのわたしの肌にはワセリンは合わないのです。

ワセリンは、肌の表面を油の膜で覆って外部の刺激から肌を守る役目があります。

しかし、ワセリン自体に水分を補う成分はありません。

肌の乾燥は水分不足です。

わたしの肌は水分不足を補おうと皮脂を多く出していました。

その上に、ワセリンで油分を足して、毛穴を含む肌表面を塞いでいたのです。

これでは、皮脂が多くニキビができやすい肌質のわたしは、ニキビをわざわざ自分から作っているようなものでした。

このことに気付いて、宇津木式スキンケアはやめた方がいいと判断しました。

3、毛穴に皮脂が溜まりまくった

宇津木式スキンケアをやめた3つ目の理由は、毛穴に皮脂が溜まりまくったからです。

わたしの毛穴は開きまくっています。

開いた状態が基本で、美容医療の力を借りない限り、これ以上閉じることはありません。

そのせいか、純石けんで洗顔するだけでは、毛穴にものすごく皮脂がたまってしまいました。

身体は石けんで洗っても問題ありません。

するんとした肌状態を保ってくれています。

ですが、顔だけは、どうしても毛穴に皮脂が詰まってしかたがないのです。

溜まった皮脂はニキビや肌荒れの原因になります。

そのため、適切にやさしく取り除く必要があります。

毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とすには、毛穴汚れ用の洗顔料でないとダメだと思い知らされました。

宇津木式スキンケアを続けたいとがんばっていましたが、ある時「やっぱりもう宇津木式スキンケアはやめた方がいい」と判断しました。

4、日焼け止めやファンデーションが使えなくなった

宇津木式スキンケアをやめた4つ目の理由は、日焼け止めやファンデーションが使えなくなったからです。

宇津木式スキンケアでは、日焼け止めやファンデーションは純石けんで落とします。

しかし、わたしは純石けんによるクレンジングをするとどうしても肌荒れしてしまいました。

では、クレンジングをしなくていいように、日焼け止めやファンデーションをやめられるかというと?

紫外線が気になってやめられません。

宇津木式による肌荒れの無限ループ

  1. 紫外線が気になって日焼け止めやファンデーションを塗る。
  2. 日焼け止めやファンデーションを落とすために純石けんによるクレンジングをすると肌が荒れる。
  3. クレンジングによる肌荒れを防ぐためには、日焼け止めやファンデーションをやめないといけないけど

というように①~③の無限ループにハマっていました。

また、ファンデーションをいっさい塗らない暮らしというのは、女性であるわたしには辛いものがありました

ただでさえ、昔のニキビ跡や開ききった毛穴のおかげで、お世辞にも美しいとはいえない素肌のわたし。

外出するのに、色付きの日焼け止めも、化粧下地も、ファンデーションもなしというのは、非常につらかったです。

それでも、宇津木式スキンケアをやりとげたいという意志がありましたので、いっさいファンデーションを塗らないということにも挑戦しました。

正直、まったく何もつけない状態のときは、肌状態がけっこうよかったです。

しかし、本当に何もつけない状態でいることは精神的に苦しくなりました。

5、人前で顔を出せなくなり気持ちが落ち込んだ

宇津木式スキンケアをやめた5つ目の理由は、人前で顔を出せなくなり気持ちが落ち込んだからです。

わたしが、日焼け止めもファンデーションも塗らずに宇津木式スキンケアが成功したのは、紫外線も和らいできた秋から冬にかけてでした。

専業主婦であったわたしが、外出する機会は幼稚園の送り迎えや買い物くらい。

当時、わたしは、毎日、帽子とマスクと眼鏡をかけていました。

そして、マフラーでマスクから出ている顔の部分を覆うような恰好をしていました。

かなり怪しい人です。

それほど、人前にすっぴんを晒すというのが嫌だったのです。

すっぴんでいる状態というのは、わたしには苦痛以外の何ものでもありませんでした。

そのうち、マスクや眼鏡で顔を覆っていても、素顔を人に見られることに抵抗を感じ、いつもうつ向いてばかりいるようになってしまいました。

人に素肌を見られたくないという思いから、人に会いたくないとまで思ってしまいました。

幼稚園のママさんに合っても、その人の顔を見て挨拶することができなくなっていました。

人を避けたいという気持ちが強くなっていました。

そんな自分の状態に、さすがにマズイなと思い、宇津木式スキンケアはやめたほうがいいと決めました。

もりみ
もりみ
このように、わたしが宇津木式スキンケアをやめるまでにいろんなことがありましたし、月日がかかりました。

宇津木式スキンケアをやめてわかったこととは?

宇津木式スキンケアをやめてわかったこととは、宇津木式スキンケアは元気な肌には必要ないということ。

たしかに、超敏感に肌が傾いていたときは、宇津木式スキンケアのおかげで肌状態がよくなりました。

もりみ
もりみ

本当に何もつけない、使わない、ぬるま水洗顔のみの時は肌状態がよかったです。

しかし、少しでも日焼け止めやファンデーションを塗って、純石けん洗顔をすると肌が荒れてしまうのです。

だったら、無理して宇津木式スキンケアを続ける必要はありません。

だって、もう以前のような超敏感肌ではないのですから。

普通のスキンケア化粧品が使えるのです。

紫外線が気になるなら、日焼け止めを塗ればいい。

素肌をきれいに見せたいならファンデーションを塗ったらいい。

それらをちゃんと落とせるクレンジングや洗顔料を使えるなら使ったほうがいいんです。

普通のスキンケア化粧品が使える肌状態なら、宇津木式スキンケアは必要ない。

というのが宇津木式スキンケアを5年間続けたわたしが出した結論です。

【宇津木式スキンケアをやめた理由】5年続けたけどやっぱりもう無理!のまとめ

【宇津木式スキンケアをやめた理由】5年続けたけどやっぱりもう無理!のまとめです。

一時期、肌が超敏感に傾いていたわたしは、完全に何もつけない、ぬるま水洗顔だけの宇津木式スキンケアのおかげで普通の肌になりました。

しかし、その後、

  1. 純石けん洗顔で肌がガサガサ・ゴワゴワになった
  2. ワセリンを塗るとニキビができた
  3. 毛穴に皮脂が溜まりまくった
  4. 日焼け止めやファンデーションが使えなくなった
  5. 人前に顔を出せなくなり気持ちが落ち込んだ

という事態に陥ったわたしは、宇津木式スキンケアをやめることにしました。

宇津木式スキンケアは、本当に何もつけないスキンケアです。

毎日、何もつけないでいられる人は、宇津木式スキンケアをおこなうのもいいでしょう。

しかし、日焼け止めやファンデーションを使うという人は、あえて宇津木式スキンケアを行う必要はないとわたしは考えます。

また、元エステ・リラクゼーションサロンスタッフとして、お客様に勧められる美容法ではありません。

化粧品の技術は、日々進歩しています。

確かに、今から20年くらい前はまだまだ粗悪な化粧品が多くありました。

化粧品による肌トラブルも多くありました。

しかし、今は、肌負担の少ない成分で作られた化粧品や良質な化粧品がたくさんあります。

ですから、何か特別な理由がある場合をのぞいて、あえて宇津木式スキンケアを行う必要はないと考えます。

もちろん、スキンケアを行うときは、自分の肌に合ったスキンケア化粧品を正しい使い方で使用するようにしましょう。

宇津木式スキンケアやめた人におすすめのスキンケア化粧品

宇津木式スキンケアをやめてから使い始めたスキンケア化粧品「ETVOS(エトヴォス)」の紹介です。

ETVOS(エトヴォス)は、肌への優しさはもちろん肌本来の美しさにアプローチしてくれる化粧品です。

肌にとって不要なものを取り除き、本当に必要なものだけを届けてくれる。

わたしは、ETVOS(エトヴォス)を使い始めてスキンケアの楽しさに気づくことができました。