美容

【宇津木式スキンケアをやめた理由】5年続けたけどやっぱりもう無理!

宇津木式スキンケアを5年続けたわたしがやめた理由です。

  • 宇津木式スキンケアの体験談を聞きたい
  • 宇津木式スキンケアをやめた人の理由を知りたい
  • 宇津木式スキンケアをやめた後どうしたのか知りたい

このような方に向けて書いています。

わたしは、2010年頃から何もつけないスキンケア(宇津木式スキンケア)をはじめました。

試行錯誤しながらも5年間続けてみましたが、けっきょくやめてしまったアラフォー主婦「もりみ」です。

この記事では、元エステやリラクゼーションサロンに勤務し、宇津木式スキンケアの本を読みまくったわたしが、なぜ5年間続けた宇津木式スキンケアをやめたのかを書いています。

宇津木式スキンケアについて知りたい方の参考になれば幸いです。

この記事の内容

  • 宇津木式スキンケアをやめた5つの理由
  • 宇津木式スキンケアやめた後どうしたのか?

 

宇津木式スキンケアをやめた5つの理由

わたしが宇津木式スキンケアをやめた理由は、はっきり言えば「肌がきれいにならなかった」からです。

具体的には5つの理由があります。

宇津木式スキンケアをやめた5つの理由

  1. 肌がガサガサになった
  2. ワセリンでニキビができた
  3. 毛穴に皮脂が溜まりまくった
  4. 日焼け止めやファンデーションが使えなくなった
  5. 人前に顔を出せなくなり気持ちが落ち込んだ

確かに、わたしは、宇津木式スキンケアによって、化粧品を使うと赤くなったりかゆくなったりしていた肌が改善されました。

おかげで、普通に化粧品を使うことができるようになりました。

しかし、そこからが問題でした。

普通の化粧品が使えるようになったらメイクをしたいんです。

メイクをしたらきちんと落とす必要があります。

その落とし方が合わなかったのです。

1、純石けん洗顔で肌はガサガサ・ゴワゴワに!

宇津木式スキンケアでは、純石けんによるクレンジングを行います。

この純石けんによるクレンジングがわたしの肌には合いませんでした。

純石けんでクレンジングをすると、肌がガサガサ・ゴワゴワになってしまうのです。

いくつかの純石けんで試しましたが、どれを使っても、肌がガサガサ・ゴワゴワになるのです。

その状態を我慢して石けん洗顔を続けると、洗顔後の肌がピリピリするようになってしまいました。

試しに、純石けんをやめて、普通のクレンジングと洗顔料にしてみると、肌が落ち着くのです。

ガサガサしないし、ゴワゴワしないのです。

純石けんによるクレンジングをやっては、やめると何度か繰り返しました。

結果は変わりません。

わたしは、純石けんによるクレンジングを行うと肌荒れしてしまうのでした。

結果「宇津木式スキンケア」は続けられないなと思いました。

2、ワセリンでニキビができた!

肌が乾燥したら「ワセリン」を塗るというのが「宇津木式スキンケア」です。

ところが、このワセリンは人によっては、ニキビができる原因になってしまいます

もともとニキビができやすいわたしは、案の定、乾燥したからとワセリンを塗ると、今度はニキビができてしまいました。

人によっては顔にワセリンを使用すると、肌のターンオーバーを妨げ、ニキビや脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)をひきおこす可能性があります。

参考書籍:化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた


何度使ってみても、わたしの顔肌にはワセリンは合わない。

宇津木式スキンケアはやめた方がいいのかもと思ったできごとでした。

3、石けん洗顔で毛穴に皮脂が溜まりまくり!

わたしの毛穴は、開きまくっています。

開いた状態が基本で、これ以上閉じないのです。

そのせいか、ただの純石けんで洗顔するだけでは、毛穴にものすごく皮脂がたまってしまいました。

身体は石けんで洗っても問題ありません。

するんとした肌状態を保ってくれています。

ですが、顔だけは、どうしても皮脂が詰まってしかたがないのです。

毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすには、純石けんではなく、毛穴汚れに向いた洗顔料がいいと気づきました。

耐えながら続けていましたが、ある時「やっぱりもう宇津木式スキンケアはやめよう」と思いました。

4、日焼け止めやファンデーションが使えなくなった

純石けんによるクレンジングをすると肌荒れしてしまうので、日焼け止めやファンデーションが使えなくなりました。

本来の宇津木式スキンケアは、普通の日焼け止めやファンデーションは塗らないので、これがスタンダードだとも言えます。

日焼け止めやファンデーションがよくない理由は、日焼け止めやファンデーションに含まれている成分が肌によくないということです。

そう言われると、日焼け止めやファンデーションを塗ることを躊躇(ちゅうちょ)してしまいます。

「赤ちゃんに使える」「石けんで落とせる」

そんな肌に優しそうな売り文句の日焼け止めやファンデーションでも使えません。

では、宇津木式スキンケアでは、紫外線防止策はどうしたらいいのかというと、日傘や帽子です。

また、15分以内の短時間であれば、日焼け止めやファンデーションは無くても大丈夫というものでした。

しかし、わたしは、短時間でも日焼け止めを塗っていない肌を紫外線にさらすことに抵抗がありました。

「紫外線に当たりたくない」という気持ちが異常に強くなっていきました。

また、ファンデーションをいっさい塗らない暮らしというのは、女性であるわたしには辛いものがありました

ただでさえ、昔のニキビ跡や開ききった毛穴のおかげで、お世辞にも美しいとはいえない素肌のわたし。

外出するのに、色付きの日焼け止めも、化粧下地も、ファンデーションもなしというのは、非常につらかったです。

それでも、宇津木式スキンケアをやりとげたいという意志がありましたので、いっさいファンデーションを塗らないということにも挑戦しました。

正直、まったく何もつけない状態のときは、肌状態がけっこうよかったです。

しかし、本当に何もつけない状態でいることは精神的に苦しくなりました。

5、人前で顔を出せなくなり気持ちが落ち込んだ

わたしが、日焼け止めもファンデーションも塗らなかった時期は、紫外線も和らいできた秋から冬にかけてだったと記憶しています。

専業主婦であったわたしが、外出する機会は、幼稚園の送り迎えや買い物くらいでした。

当時、わたしは、毎日、帽子とマスクと眼鏡をかけていました。

そして、マフラーでマスクから出ている顔の部分を覆うような恰好をしていました。

かなり怪しい人です。

すっぴんでいる状態というのは、わたしには苦痛以外の何ものでもありませんでした。

マスクや眼鏡で顔を覆っていても、素顔を人に見られることに抵抗を感じ、いつもうつ向いてばかりいるようになってしまいました。

人に会いたくないとまで思ってしまいました。

幼稚園のママさんに合っても、その人の顔を見ることが困難になってしまったのです。

これではよくないと思い、宇津木式スキンケアをやめる決心をしました。

もりみ
もりみ
このように、わたしが「宇津木式スキンケア」をやめるまでにいろんなことがありましたし、月日がかかりました。

今わたしが思うのは「宇津木式スキンケア」をやめてよかったということです。

たしかに、一時期は宇津木式スキンケアのおかげで肌状態がよくなりました。

本当に何もつけない、使わない、ぬるま水洗顔のみの時は肌状態がよかったです。

しかし、少しでも日焼け止めやファンデーションを塗って、純石けん洗顔をすると肌が荒れてしまったのです。

このことから、普通のクレンジング剤や洗顔料が使える肌状態のときには、宇津木式スキンケアは必要ないということがわかりました。

宇津木式スキンケアをやめた後どうしたのか?

宇津木式スキンケアをやめた後どうしたのかというと、普通に化粧品を使ってスキンケアをしています。

宇津木式スキンケアをやめたきっかけになったのは「夜だけ美容断食」のおかげです。

しばらくは、美容断食のコンセプトをもとに作られたエステ発の化粧品「kooミラクルクレンジング」を使っていました。

「kooミラクルクレンジング」は、美容成分90.5%配合の水にこだわった熟成クレンジングです。

お肌にやさしいアミノ酸洗浄となっており、敏感肌の方や肌トラブルに悩んでいる方にもおすすめです。

「kooミラクルクレンジング」はこんな人におすすめ

  • 宇津木式スキンケアをやめた人
  • 宇津木式スキンケアに興味はあるけれど不安に思っている人
  • メイクはしたいけれども、スキンケアはシンプルにしたい人

「kooミラクルクレンジング」の詳細記事はこちら

「kooミラクルクレンジング」の公式サイトはこちら

【宇津木式スキンケアをやめた理由】5年続けたけどやっぱりもう無理!のまとめ

【宇津木式スキンケアをやめた理由】5年続けたけどやっぱりもう無理!のまとめです。

ひどく肌が敏感に傾いていたわたしは、完全に何もつけない、ぬるま水洗顔だけの宇津木式スキンケアのおかげで普通の肌になりました。

しかし、その後、純石けん洗顔をすると肌荒れや毛穴が詰まってしまい、ワセリンを塗るとニキビができてしまうわたしは、宇津木式スキンケアをやめることにしました。

宇津木式スキンケアは、本当に何もつけないスキンケアです

毎日、何もつけないでいられる人は、宇津木式スキンケアをおこなうのもいいでしょう。

しかし、日焼け止めやファンデーションを使うという人は、あえて宇津木式スキンケアを行う必要はないとわたしは思っています。

また、元エステ・リラクゼーションサロンスタッフとしては、人に勧められる美容法でもありません。

化粧品の技術は、日々進歩しています。

確かに、昔は、粗悪な化粧品が多くありました。

化粧品による肌トラブルもありました。

しかし、今は、肌への負担の少ない成分で作られた化粧品が多くあります。

ですから、何か理由がある場合をのぞいて、あえて宇津木式スキンケアを行う必要はないと思います。

スキンケアを行うのであれば、自分の肌に合ったスキンケア化粧品を正しい使い方で使用することがおすすめです。

Kooミラクルクレンジングの口コミ!実際に使ってみた効果とは?Kooミラクルクレンジングの口コミと実際に使ってみて感じた効果を紹介しています。 「メイクはしたいけどスキンケアはシンプルでいたい...