何もしないスキンケア!宇津木式に失敗した本当の理由とは?5年間続けてわかったこと

ゆるミニマリスト主婦のもりみ(@yurusimple_m)です。

何もつけない、何もしないスキンケアの宇津木式スキンケアがよさそうと思って始めた人はたくさんいるでしょう。

ですが、その中でうまくいかなかった、失敗に終わったと思っている人もいるでしょう。

なぜ、うまくいかなかったのか?

それにはこんな5つの原因が隠れていました( ↓ )

宇津木式スキンケアに失敗した5つの原因とは?続けてわかった大事なポイント

2017.03.02

しかし、この5つの原因を無くして、正しいケアをしていてもうまくいかない人がいます。

それはいったいなぜでしょう?

5年間宇津木式スキンケアを試行錯誤しながら続けたわたしが実感として得たその理由をお伝えします。

 

何もしないスキンケア!宇津木式とは!?その本質を知ることが実は大切だった

何もしないスキンケアに失敗した人にはある共通点があります。

それは、宇津木式スキンケアの本質を理解していなかったということです。

そこでまず、宇津木式スキンケアの本質を知ることが成功の鍵になります。

宇津木式スキンケアの本質

宇津木式スキンケアとは、本当に何もつけない何もしないスキンケア方法です。

化粧品もいっさい使いません。

石鹸で顔を洗うこともしません。

本当に何もしないスキンケアこそが宇津木式スキンケアなのです。

水(ぬるま湯)による洗顔のみで、どうしても乾燥するときだけワセリンを少し使っていいという美容法です。

ファンデーションも使いません。

ポイントメイクだってしないのが基本です。

この基本を飛ばして、宇津木式スキンケアは、純石鹸による洗顔のあと、ただ何もつけないスキンケア方法だと勘違いしている人がいます。

それを実行してうまくいかなった、失敗したという人がいます。

なんでも正しいやり方がありますし、その方法に行きついた理論があるんです。

それをすっ飛ばして、都合よく利用しようとするから失敗するんです。

 

宇津木式スキンケアは本当に何もしないスキンケア方法

宇津木式スキンケアというのは、宇津木龍一さんという医師の方が考案された方法です。

元々は、ひどいアトピーやひどいニキビに悩んでいる方に推奨されたスキンケア方法です。

ひどい肌荒れに悩む人たちのために、宇津木さんが医師として、正しいスキンケア方法を教えることで、劇的に肌状態を改善させてきたのです。

ひどい肌荒れをしている時には、化粧品というのは害以外のなにものでもありません。

使うたびに、ヒリヒリしたりニキビができたり赤くなったりと、それは悲惨な状態です。

このような状態では、化粧品によるスキンケアはしないのが一番です。

 

例えば、ニキビができて皮膚科にいきました。

大抵の医師は、何もつけないでくださいって言いませんか?

ファンデーションをしっかり塗って肌をカバーしてくださいとは言いませんよね?

使っていいのは、処方されたお薬だけです。

どんなに、科学が進歩して、質の高いファンデーションが出てきても、ファンデーション自体はやっぱりお肌によいものではないんですよね。

良いものであるならば、クレンジングを使ってファンデーションを落とす必要はないのです。

良いものであるならば、一日中つけっぱなしにしていいはずです。

ですが、そのようなファンデーションはわたしの知る限りありません。

まずこのような認識をすることが宇津木式スキンケアを行う上では大切です。

 

純石鹸洗顔は宇津木式スキンケアではない

ですから、ファンデーションを純石鹸で洗顔して落とすというのは、宇津木さんの苦肉の策だと考えられます。

どうしても、ファンデーションを使用しなければならないときに限って、石鹸で落ちるタイプのファンデーションを使用して、必ず純石鹸による洗顔を認めただけなんです。

宇津木さんは、純石鹸による洗顔を一番にすすめているのではありません。

ここを間違えてはいけません。

宇津木さんは、石鹸(ボディーソープ)さえ使用しなくていいとおっしゃっています。

身体も髪も石鹸で洗う必要はないというのです。

石鹸(ボディソープ)による強い洗浄力が、肌の持つ良質な成分を落としてしまい、乾燥肌や敏感肌を招いているというのです。

 

日本人は洗いすぎなんです

お肌というのは本来自らきれいになろうとする力があります。

ちゃんと、汚れを落とすサイクルが肌自身にあるのです。

泥汚れなど、しっかり洗う必要がある場合もありますが、日常的なほこりや汚れはお湯だけで落ちるようにできています。

化粧を毎日している人よりも、化粧っけのない人のお肌の方がきれいだったりしませんか?

宇津木式スキンケアとは、本当に何もつけないスキンケアだということを理解しましょう。

 

本当の意味の宇津木式スキンケアとは?

  • 水(ぬるま湯)による洗顔だけで、洗顔料も石鹸も使用しない
  • 洗顔後は肌に何もつけない。
  • どうしても乾燥したときだけワセリンをほんの少量使用してもよい

宇津木式スキンケアは、純石鹸による洗顔後に何もつけないスキンケア方法ではありません。

石鹸洗顔さえ勧めていないのです。

本当の意味での宇津木式スキンケアは、本当に何もつけない何もしないスキンケアなのです。

この大前提を理解していただければ、おのずと宇津木式スキンケアが失敗した理由がお分かりになるでしょう。

 

宇津木式スキンケアに失敗した本当の理由とは?

宇津木式スキンケアに失敗した本当の理由とはいったいなんでしょう?

それは、石鹸で落ちるファンデーションとそれを落とすための純石鹸による日々の洗顔が原因で宇津木式スキンケアが失敗するのです。

 

純石鹸の洗浄力は強力!肌本来の保湿成分まで奪う!

純石鹸の洗浄成分はとても強く通常の洗顔料よりも強力です。

そのことは、宇津木さんもおっしゃっており、実は使用を勧めていないのです。

宇津木さんは、身体や頭(髪)を洗うのも、お湯で十分とおっしゃっているのですから。

肌自体が強さを取り戻している人ならば、石鹸洗顔後、アルカリ性に傾いた肌は自然と弱酸性となり、自然なうるおい成分によって、お肌を保護します。

ところが、肌本来の力が備わっていない状態では、ただただ乾燥し、無防備な状態が続くだけなのです。

 

無防備にさらされた肌は多量な皮脂とメラニンを作り出す

無防備な肌は、様々な刺激にさらされ、尚更荒れていきます。

肌はがんばって自らを守ろうと、皮脂をたくさん出したり、メラニンを作り続けます。

それは、肌自身が自らを守ろうとした結果なんですが、わたしたちにしたら、うれしいことは何もないですよね。

宇津木式スキンケアは、本当に何もせずにいるから、効果があるんです。

肌本来の潤いを取り除かないでいるから自然と肌が潤おうのです。

自然の皮脂幕に覆われているから、無理に皮脂を出したりもしません。

自然の保護膜があるから、紫外線から守ろうとして必死にメラニンを作る必要もないのです。

そうして、本来の強さを取り戻して、正しい肌サイクルへと導いていくスキンケア方法です。

ですから、中途半端に宇津木式スキンケアを行えば当然失敗に終わります。

強い洗浄剤で毎日洗顔すれば、肌もガビガビになってしまって当然なのです。

 

ファンデーションがやめられないなら宇津木式スキンケアをやめる

結論を言うと、毎日のファンデーションがやめられないなら、宇津木式スキンケアはやめたほうがいいです。

宇津木式スキンケアをしてもいいのは、しばらくの期間だけとか、一生、ファンデーションを使用しないでいられる方に限ります。

せいぜい使用しても週に一度ファンデーションを使う程度にとどめておきます。

こういう人は、本当にひどい肌の状態で悩んでいる方や、どうしても宇津木式スキンケアをやってみたいと強く思う方に限られるでしょう。

もしくは、昔から肌の手入れに拘らない場合でしょうか?

 

宇津木式スキンケアは無理にしなくてもいい

現在が、それほど悪くない肌状態(ちょっと乾燥するなあとか、毛穴が気になる。時々ニキビができる程度)なら、無理に宇津木式スキンケアをする必要はありません。

それでも、ファンデーションの肌に及ぼす負担が気になったり、できるだけ自然な状態で化粧品に頼らずにいたいと思う気持ちはわかります。

他には、クレンジング剤そのものが肌に合わず、クレンジング剤を使用するたびに肌が荒れるから、できれば石鹸洗顔をしたいという場合もあります。

わたしもそうだったので、よくわかります。

そんなスキンケア迷子の時にわたしが出会ったのが、ある化粧品でした。

この化粧品を使用したことで私の肌はある意味劇的に変化を遂げたのです。

スキンケア迷子のわたしが出会ったシンプルスキンケアとは?( ↓ )

宇津木式スキンケアに失敗した人が試したいシンプルケアとは?

2017.03.09












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です