カノジョは嘘を愛しすぎてる(漫画)あらすじ感想!音楽業界のリアルな魅力!




「カノジョは嘘を愛しすぎてる」は、映画化もされた大人気少女漫画です。

「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」などのヒット作を生み出した青木琴美先生の音楽漫画です。

カノジョは嘘を愛しすぎてるのあらすじ

嘘ばかりつく僕のことを カノジョは「正直な人だ」って言うんだ。

人気バンド・クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子(こえだ りこ)通称「マッシュ」。

理子は、ある日、突然一人の男の子からナンパされる。

彼が歌っていたメロディーに聞き惚れていた理子は、ナンパ男の誘いに乗って付き合うことに────・・・。

その彼がまさか元クリュードプレイ(クリプレ)のメンバー・小笠原秋(おがさわらあき)だとは知る由もなかった────・・・!

 

カノジョは嘘を愛しすぎてるの無料試し読みはこちら

 

カノジョは嘘を愛しすぎてるを読んだ感想

カノジョは嘘を愛しすぎてるは、年の差恋愛や音楽業界のことなど興味深い内容がたくさん描かれています。

芸能人でありミュージシャンであるアキと野菜屋の娘・理子の恋愛物語。

芸能人と普通の女子高生というかけはなれた世界の二人なのに、とても身近なものに感じました。

それは、アキがプロミュージシャンではあるけれど、世間には顔を公表していないことや、あまり芸能人らしくない性格だからというのが大きかったと思います。

だから、読んでいてもすごく共感できました。

カノジョは嘘を愛しすぎてるの登場人物の魅力

出てくる登場人物はみんな個性豊かで面白く、親しみやすいキャラクターです。

リアリティー豊かに描かれていて、身近な物語に感じます。

また、どの登場人物も人間味があるので読んでいるとついつい感情移入をしてしまいます。

特に、芸能界にいるキャラクターたちはどの人物も自分なりの人生観や仕事観を持っていて、彼らの言葉はとても胸に響きます。

キャラ立ちしている登場人物たちが作り上げる人間関係は少し複雑ですが、上手く絡み合っていて漫画としてとても面白いです。

カノジョは嘘を愛しすぎてるの見どころ

リアルな音楽漫画として、ライブシーンや練習シーンが丁寧に描かれています。

巻数が進むにつれて、その描写もすごくて作者の青木琴美先生のすばらしさを感じます。

ここまでくると、ただの少女恋愛漫画だけではありません。

この漫画は鳥肌が立つくらい熱い描写がされていて見ているだけで感動しました。

音楽業界の内情も描かれていて、かなりリアルな漫画です。

読んでいると、登場人物それぞれが、自分なりの悩みを抱えていて、それでもやるべきことに真剣に向き合っていく様子は自分も頑張ろうと思えました。

ただの一般人が運良く成功していくような単純なサクセスストーリーではないので、読んでいても展開が予測できなくてかなり楽しめます。

私はもう何度も読み返しています。

読むたびに新たな発見・感動があり、連載が終わった今でも非常に楽しめる漫画です。

少女漫画好きや音楽漫画好きには、とくにおすすめの作品です。

 

カノジョは嘘を愛しすぎてるの無料試し読みはこちら

 

カノジョは嘘を愛しすぎてるの映画

カノジョは嘘を愛しすぎてるは実写映画化もされた人気漫画です。

映画の予告編を乗せておきますので、まだ見てない人はチェックしてみてください。

 












漫画をお得に無料で読む方法!



マンガ好き必見!
読みたい漫画をお得に無料で読む方法!

気になった漫画の続きをお得に無料で読むことができる裏ワザ的方法の紹介です。