ミニマリスト主婦がテレビ台を断捨離した理由とは!?




ゆるミニマリスト主婦のもりみ(@yurusimple_m)です。

7年位前に結婚と同時に買ったテレビ台。

一緒に買った、ダークブラウンのリビングテーブルとの取り合わせが好きでした。

購入当初は、すごくよかったテレビ台も、子供が生まれて、リビングテーブルが撤去され、さらに新居へ引っ越すと・・・。

しだいに、そのすごくよかった感じは消えていき、いつの間にか、煩わしいものになっていました。

 

ミニマリスト主婦がテレビ台を断捨離した理由は子供のため!?

別に、使い勝手が悪いわけではありませんでした。

テレビ台として、りっぱに役目は果たしていたのです。

気に入らないところと言えば、テレビの奥行よりも奥行きが深い所。

せまい我が家のリビングでは、妙に幅を取っていたのが嫌でした。

それでも、問題はなかったのです。

DVDデッキも、きちんと収まるし、インターネットのルーター等も収まっているしね。

ちゃんと、テレビ台として必要最低限の働きはしています。

だけど・・・。

テレビ台としてだけの用途では物足りなくなったのです。

それは、長女が小学生になったときのことです。

わたしは、どうしてもリビングに本を並べたくなったのです。

それにはこんな理由がありました( ↓ )

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

なので、すぐ目につくところに、図鑑、歴史漫画を置きたかったのです。

ですが、テレビ台には、本が置けるようなスペースはありませんでした。

 

カラーボックスをテレビ台代わりに使ってみたけど?

わたしは、手持ちのカラーボックスをテレビ台の隣に並べて、即席本棚を作りました。

ダークブラウンのテレビ台の隣に、真っ白のカラーボックスを横並びにしたのです。

はい。

とってもちぐはぐです。

色はもちろんのこと、形もバラバラなのですから・・・。

その次に、せめて色だけはと、ダークブラウンのカラーボックスを横並びにしました。

すると、どうでしょう?

色味は、似ていたので、しっくり来ているように思え・・・ないこともない・・・。

けれど、やはり、高さはカラーボックスより低く、奥行きはカラーボックスよりも深いテレビ台との横並びは、わたしの美観を損ねて損ねて、許しがたいものになったのです。

そのうち、場所を取るくせに、DVDデッキとルーターしか収まらないテレビ台が必要ないもののように思えてきたのです。

このテレビ台さえなければ・・・!

わたしの中に、黒い気持ちが広がります。

壊れてくれたらいいのにな・・・。

そんなことを願っても、妙に頑丈なそのテレビ台は7年経った今も、いっこうに壊れそうにありませんでした。

たぶん、まだ10年以上もちそうな感じです。

すごいね!ニトリのテレビ台!

さすが、お値段以上です!

ですが、ここに来て、そのお値段以上が仇になってます。

テレビの奥行よりも無駄にデカいのが、イラっとしてきました。

もうちょっとスマートになれや!

と、のこぎりでカットすることも考えたのですが、なにぶん、非常に分厚い板でできてます。

素人の手切りでは、歯が立ちそうにありません。

テレビ台は必要だけど、このテレビ台はいらない。

このテレビ台では、力不足なのです。

今の生活に必要なのは、テレビ台兼本棚なのです。

その重大な役目を果たしてくれそうなのは、カラーボックスだという考えにたどり着いたわたし。

そう、テレビ台の横並びになっているカラーボックスです。

この上にテレビがあればいいのでは!?

カラーボックスがテレビ台になれば、一石二鳥!?

その考えに至ってからというもの、テレビ台を断捨離したい!

そう、毎日のように思いはじめました。

なんかもう、目の敵になったような感じです。

ですが、いきなりテレビ台を処分しては、夫にあれこれ言われそうで・・・。

なかなか断捨離に踏み切れずにいました。

ですが、今、横並びになっている、カラーボックスの上にテレビを置いたら?

それなら、自然に必要なくなったテレビ台をスムーズに断捨離できるのでは!?

そう思いました。

それしか、このテレビ台を処分する方法はないように思ったのです。

お金を出してくれた夫には申し訳ないけど、妻の心の平穏のためには、仕方がない!

「ごめんね、旦那。」

こうして、我が家に長年仕えてくれたテレビ台は、断捨離されたのです。

 

ミニマリスト主婦がテレビ台を断捨離した理由のまとめ

購入当初は、ものすごく気に入って買ったテレビ台ですが、やはり、家族構成や家族の生活パターンが変わってくると、不要なものになってしまうのですね。

できるだけ、物を買いたくない、増やしたくないと思っても、物がないことで生活が不便になってしまってはよくありません。

自分ひとりなら、不便さも楽しめるのかもしれませんが、夫や子供のことを考えると、そうとばかり言ってはいられません。

こうして、気に入って購入した家具が、必要なくなるのも仕方がないことですね。

そして、そのときに潔く処分できるかどうかが、物を増やさないコツでしょうか?

といいつつ、処分できないことの多い面倒くさがりなわたしです。