子育ていろいろ

3歳からのトイレトレーニングにイライラ!上手くいかないときの対処法

3歳からはじめたトイレトレーニングが上手くいかなくてイライラしていませんか?

小さな子供の子育ての悩みにトイレトレーニング(トイトレ)があります。

なかなか思うようにトイトレできずにイライラしてしまうママはたくさんいます。

今回の体験談は、お子さん(Mくん)が3歳の時にはじめたトイレトレーニングが思うように上手くいかずイライラしてしまっていたママさんの話です。

3歳といえば、トイレトレーニングを終えている子もいる年齢ですね。

とくに保育園に通っている子はすっかりおむつを卒業している傾向が多いようです。

そんな中、Mくんはというと、なかなかトイレトレーニングが進まずママはちょっとイライラしてしまったようです。

この記事では、3歳からトイレトレーニングを始めたけれども、思うように進まず上手くいかないときにどうしたらいいのか?

体験談をもとに対処法を紹介しています。

3歳から始めたトイレトレーニングにイライラ!

3歳から始めたトイレトレーニングがなかなか進まず少しイライラしていました。

「トイレに誘えばトイレで排泄してくれるのですが、こちらから声をかけないと自分でトイレに行きたいという意思を示さないので困っていました。」

今思うと、Mくんはまだ3歳になったばかり。

まったく焦る年齢ではありません。

でも、Mくんママは、とても焦っていました。

Mくんママが焦ってしまっていた理由は2つありました。

  1. 知り合いの子がみんなトイレトレーニングを完了している。
  2. 周りから「もうトイレでするんでしょ?」という言い方をされる。

ほかにも、3歳児健診に行くと子ども達が洋服を脱いで肌着姿になります。

そのときに、パンツを履いてきている子が多かったため、余計に悩んでしまったようです。

布製のトレーニングパンツもトレーニング用オムツパッドも試したママ。

でも、Mくんはというと?

パンツが濡れても全く気にせず、過ごしているような状態でした。

3歳から始めたトイレトレーニングが進まないときの対処法

トイレトレーニングがなかなか進まず悩んでいたMくんママ。

でも、ひとりで悩んでいても仕方がないと思い対処法を考えました。

3歳から始めたトイレトレーニングが進まないときの対処法

  1. 保育士さんに相談
  2. 布製のトレーニングパンツをやめた
  3. ペットシーツを購入

1、保育士さんに相談

まずは、育児の専門家の意見を聞く必要があると、自治体が運営する児童のふれあい広場みたいな所に通い保育士さんに相談しました。

Mくんママは、いつまでも自分ひとりでうじうじ悩んでいるままはイヤだったのです。

2、布製のトレーニングパンツをやめた

次に、思い切って布製のトレーニングパンツをやめました。

Mくんママが使っていた布製のトレーニングパンツは、かなり厚手で生地が六重くらいになっていたものでした。

生地が厚すぎるためか、子ども自身もビショビショになった不快感を実感しにくいと思ったからです。

また、厚手のトレーニングパンツは洗濯するのも大変でした。

一度下洗いをしてから洗うのですが、乾くのも遅く手入れがとても手間でした。

3、ペットシーツを購入

厚手のトレーニングパンツをやめたMくんママは、Mくんには普通のパンツを履かせました。

そのときに、ペットシーツを購入しました。

ペットシーツは、室内犬のトイレに使う吸水力に優れたシーツです。

ペットシーツを普通のパンツを履いた子どもの下に敷いて遊ばせていたのです。

これは、子供自身に濡れた感触を分からせるためと、床までは濡らさないようにするためです。

3歳から始めたトイレトレーニングが進まないときの対処法の結果は?

3歳から始めたトイレトレーニングが進まないときの対処法の結果はというと?

保育士さんに相談した結果

「まだ子どもが尿意を意識したり、トイレで排泄をしたいと思う時期が来ていないだけ。その時期は必ず来るから焦らなくていいですよ。」

と、アドバイスをもらいました。

保育士さんにアドバイスをもらったことで、Mくんママの気持ちはとても楽になりました。

おかげでトイレトレーニングがなかなか進まずイライラしてしまうこともなくなりました。

もりみ
もりみ

アドバイスはもちろんですが、じっくりと保育士さんに話を聞いてもらえたということが、Mくんママの気持ちを軽くしてくれた効果もあります。

誰かに話を聞いてもらうというのは、それだけで悩みの半分は解決したと言えるほど人の気持ちを楽にしてくれます。

分厚いトレーニングパンツをやめてみた結果

分厚いトレーニングパンツをやめてみると、Mくんは、ズボンやパンツが濡れて気持ち悪いというのを言ってくるようになりました。

さらに「(パンツを)履き変えさせて欲しい」とも言うようになったそうです。

Mくんママは、やはり分厚すぎるトレーニングパンツや、吸水力の良いトレーニングパッドでは不快感を感じにくかったことがわかりました。

そして、分厚いトレーニングパンツを洗って乾かす手間から解放されたことに喜びを感じました。

子育てで忙しいときは、何か一つ手間が減るだけでも気持ちが楽になりますよね。

ペットシーツを敷いてみた結果

ペットシーツを敷いてみた結果は、あまり効果はなかったようです。

というのも、Mくんママがペットシーツを敷いていたのは、Mくんの周囲だけ。

さすがに、部屋全体にペットシーツを敷くわけにもいきませんでした。

そうなると、Mくんが動き回るとシーツの意味がありません。

常にMくんの下にシーツを敷いておくことは困難です。

Mくんもシーツを嫌がったため床が汚れてしまうこともありましたが、そんなときにサッと床を拭くのに重宝したようです。

また、座ってテレビを見ているときなどはシーツが大活躍。

Mくんママにとってトイレトレーニングのお守り的な存在になり、気持ちが楽になりました。

トイレトレーニンググッズは本当に必要?

トイレトレーニンググッズは本当に必要なのでしょうか?

世の中トイレトレーニングを行うのに便利なグッズがたくさんあります。

でも、トイレトレーニンググッズが必ずしもみんなに必要なわけではありません。

Mくんママは今回このことを実感したそうです。

確かに、トイレトレーニンググッズは誰かにとっては便利だから売られています。

でも、それが自分にとって必要かどうかはわかりません。

それを知るためには、まずはいろいろとトイレトレーニンググッズを試して使ってみることです。

何が我が子にとって必要なのか?

あると便利なのか?

本当に子供によってさまざまだったりします。

お子さんにとってのベストなトイレトレーニンググッズが見つかるといいですね。

3歳からのトイレトレーニングにイライラ!上手くいかないときの対処法まとめ

子供の成長をどうしても他人と比べてしまうことがあります。

比べても仕方がないのに比べてしまって、焦ったり落ち込んだりしてしまったり・・・。

子育てママならみんな大なり小なりあることです。

気持ちはとってもわかります。わたしだってそうでしたから。

それでも、子供の成長を誰かと比べることに意味はありません。

比べることで子どもの成長にメリットもありません。

そればかりか、デメリットになってしまうことがあります。

ですから、誰かと比べて焦ったり落ち込んだりする必要はなったくないんです。

大事なのは、子供自身の過去と比べてどれくらいどのように成長しているか?です。

Mくんママも、今回のことで子供自身の成長に目を向けることが大切だと気づきました。

幼い時の子供の成長は、ほんとうにあっという間に過ぎていきます。

渦中にいると長く感じますが、過ぎるとほんとうに短い一瞬の時間だったと気づきます。

そんな大切な時間をぜひイライラではなくゆったりした気持ちで楽しんでほしいと思います。