やりたいことリスト100の効果を主婦が検証!作り方・書き方のポイントとは?




ゆるミニマリスト主婦のもりみ(@yurusimple_m)です。

あなたは「人生でやりたいこと100のリスト」を知っていますか?

やりたいことリストを作成し、実際にどうなっていくのかを主婦であるもりみが検証していきます。

定期的に経過報告する予定です。

 

人生でやりたいことリスト100とは?

人生でやりたいことリスト100とは、作家のロバート・ハリスさんが書かれた本『人生の100のリスト 』の中に出てくるリストのことです。

人生で必ずやり遂げたい100のリスト作り

ロバート・ハリスが放浪の旅で出会った100のリスト作りは自分自身の生き方を見つめ直しやりたいこととやるべきことを明確にしてくれる人生の羅針盤なのだった。

心のエグザイル(放浪者)が三十余年にわたり書き綴ってきた「目標」と「欲望」。

あなたの進むべき道、行くべき場所を模索するリストがここにある。

 

 

ロバート・ハリスさんのやりたいことリストは中々特異なものです。

その常識外れの内容に驚くとともに、彼の魅力に惹かれてしまうでしょう。

逆に、引いてしまう人もいるかもしれません(笑)

大事なことは、リストの内容そのものではなく、彼の作った100のリストによって、彼はリストに書いた夢を叶えていくことです。

ビジネス書や、自己啓発本をよく読む人は、一度は目にしたことがありませんか?

成功者が、やりたいことを紙にかいていたら、いつの間にか叶っていたという事実を。

『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル (著)

 

『非常識な成功法則』神田昌典 (著)

 

書くということ、そして、それを言葉にする事には、実に不思議な力が宿っているのです。

と、スピリチュアル的に言いましたが、これは、脳の働きを利用した現象なのです。

脳科学者の茂木 健一郎さんも著書の中でこのようにおっしゃています。

簡潔に説明すると

人間は誰でも夢や欲望があります。

しかし、人間の脳は基本的に怠け者です。

その怠け者の脳を夢や欲望を叶えるためにはやる気にさせる必要があります。

脳をやる気にさせる有効な方法が「書く」ということなのです。

なぜ「書く」ことが有効なのかというと、脳から放出される「ドーパミン」という神経伝達物質が関与しているということです。

『脳をやる気にさせるたった1つの習慣ーなぜやりたいことを書きだすと実現するのか?』茂木 健一郎 (著)

 

書いたものは夢でも、それが目標となり達成されていくような現象を起こすのです。

スピリチュアル的にいえば、「引き寄せの法則」

ビジネス的に言えば「マインドマップ」「ブレインダンプ」などでしょう。

 

また、最近話題の本『メモの魔力 -The Magic of Memos- 』前田裕二 (著)もおそらくこういった側面があるのではないでしょうか。

まだ読んでいないのでわかりませんが。

 

想いを言葉にする、文字にするというのは、その夢や目標を明確化し、意識化します。

それによって、潜在意識化にあった力を脳が受け取り発揮するような感じです。

脳は、思っているだけではわかりません。

言葉にしてはじめて、理解し、そうなるように努めます。

だから、何か叶えたい夢や目標があるなら、言語化することが大切なのです。

言霊とは?

日本には古来より言霊(ことだま)という言葉があります。

言霊とは、言葉に宿ると信じられた霊的な力のことです。

声に出した言葉が、現実の事柄に対して何らかの影響を与えると信じられているのです。

良い言葉を発すると良いことが起こり、良くない言葉を発すると良くないことが起こるとされました。

 

このように言葉にすることで、言葉にした事柄がその通りになることは、昔から言われていたのです。

放った言葉をさらに文字にする事で、常にその事柄に触れることができます。

それによって、その夢や目標が達成される確率はグッとあがるのです。

 

人生でやりたいことリスト100を書く効果やメリットは?

人生でやりたいことリスト100を言葉にし、文字にするには上記であげたような効果があります。

具体的に人生でやりたいことリスト100を書く効果やメリットをまとめてみました。

人生でやりたいことリストを書く3つの効果やメリット

  1. 夢や希望が叶うようになる
  2. 自分自身を客観的に知ることができる
  3. 自分を他者に知ってもらうことができる

 

1.夢や希望が叶うようになる

これは、上記で紹介した内容であり、書くことの最大のメリットです。

ただ書くことであなたの夢や希望が叶うようになるのです。

 

2.自分自身を客観的に知ることができる

やってみるとわかるのですが、やりたいこと・欲しいものを100個書き出すというのは、なかなか大変な作業でもあります。

10個くらいまでは、すぐに思いついたとしても、100個となると苦労して探し出したという声もあります。

しかし、そこを探して見て欲しいのです。

すると、自分が何を望み、どんな人生を送りたいと思っていたのか気付くことができます。

忘れていた夢を思い出すこともあります。

人生でやりたいことリスト100を書きだすのは大変でもありますが、とてもわくわくすることでもあります。

 

3.自分を他者に知ってもらうことができる

これは、人生でやりたいことリスト100を公開することで、あなたという人物を他者に知ってもらうことができます。

共感を得ることもあれば、仲間になることもあるかもしれません。

ときには、力強い協力者を得られることもあるでしょう。

他者に知ってもらうことで、夢や希望にさらに近づくことも可能です。

他者に知ってもらうことの第一歩はブログなどで公開するというのも一つの手段です。

 

人生でやりたいことリスト100の作り方・書き方

人生でやりたいことリスト100の作り方・書き方のポイントを紹介します。

人生でやりたいことリスト100の作り方・書き方

  1. リストはデジタル化する
  2. リストは動詞で書く
  3. リストは具体的に書く
  4. ネガティブな書き方はしない
  5. 他人を陥れるようなことは書かない
  6. 達成したら線で消す

 

1.リストはデジタル化する

リストを紙に100個書き出してもいいのですが、おすすめは、デジタル化することです。

デジタル化することで、いつでも簡単に追記・削除・編集ができるからです。

わたしは、人生でやりたいことリスト100をGoogleスプレッドシートに書いてます。

スプレッドシートに書くと、ひとつひとつが項目ごとに分かれており、簡単に項目に数字を記載できます。

また、スマホからもパソコンからも編集可能。

さらに、スプレッドシートの内容をコピペしてブログなどに掲載することもできます。

もちろん紙への印刷も可能。

非常に使いやすさを感じています。

補足

Googleスプレッドシートは、オンラインで使用できるエクセルのようなものです。

Googleスプレッドシートの使用には、Googleアカウントが必要です。

 

2.リストは動詞で書く

リスト項目の書き方は動詞で書くことが重要です。

家が欲しい ⇒ ×

家を買う ⇒ 〇

これは、脳を騙すために必要なことです。

脳に、いつまでも家が欲しいという願望を持たせたままでは実現しません。

家を買うということを実現させる必要があるのです。

家を買う状態、買った状態にするために、その方法を脳が必死で模索します。

ですから、夢や希望、欲望を書くと言っても、「~だったらいいな」「~したい」「~が欲しい」という書き方ではダメなのです。

「~になる」「~をする」「~を買う」

こういった動詞で言いきるように書くことが大切です。

 

3.リストは具体的に書く

リストは具体的に書く必要があります。

お金持ちになりたい ⇒ ×

月収100万円稼ぐ ⇒ 〇

お金持ちになりたいというのは、どのような状態がお金持ちなのか脳にはわかりません。

きちんと伝わるように、リストは具体的に書くことが大切です。

「幸せになる」という言い方も非常に抽象的です。

何があなたにとっての幸せなのかを具体的に書く必要があります。

こうすることは、自分自身を改めて知るきっかけにもなります。

 

3.ネガティブな書き方はしない

リストの項目はネガティブな書き方はしないようにします。

ネガティブな言葉は非常に強い気を持っています。

ネガティブを否定しても、ネガティブに心が傾きます。

ですから、ネガティブ言葉は避けて、ポジティブな言葉を、さらに具体的に書くようにします。

病気にならないようにする ⇒ ×

健康でいられますように ⇒ ×

何が健康でいられる方法かを自分なりに考えて具体的に書くことが大切。

毎日ストレッチをする ⇒ 〇

 

5.他人を陥れるようなことは書かない

人生でやりたいことリスト100を書こうと思うような人ですから、志の高い人でしょう。

ですから、他人を陥れるようなことを願うことはないでしょう。

リストに書くことは、自身のことです。

他人について書くものではありません。

もちろん、他者を貶めるようなことはけして書いてはいけません。

他者のことを願うときは、自分がその人にしてあげたいことを書くようにします。

親が旅行に行けるようになる ⇒ ×

親を京都へ旅行に連れていく ⇒ 〇

 

6.達成したら線で消す

リストは達成したら線で消すようにします。

ブログを開設する ⇒ ブログを開設する

これは、自身の達成感を味わうのに効果的です。

これだけやって来た!という達成感は、自信につながり、さらなる目標達成の原動力になります。

達成した項目が一目でわかり、次に達成すべき項目も明白になります。

すると次の達成への速度もスピードアップしていくのです。

 

人生でやりたいことリスト100の作り方・書き方まとめ

人生でやりたいことリスト100を書くときには、以上のようなことに気をつけながら書きましょう。

とはいっても、最初は、抽象的なことしか思いつかず、具体的なことまで出てこないかもしれません。

そのときは、抽象的な言葉のままで大丈夫です。

ただ、その抽象的な言葉について考えてください。

自分が本当はどうしたいのか?

どうなることを望んでいるのか?

何を欲しているのか?

そうやって、自身に問いかけながら、やりたいことリストを完成させればいいのです。

そして、最初から100個書かなくても大丈夫です。

10個でもいい。

20個でもいいのです。

まずは、自分の人生でやりたいことをリスト化し、紙に書くことが大切なのです。

そして、書いたあとは、常に目につくところに置いておくことが大切です。

紙に書いたなら、よく目につく壁にリストを貼っておくのも効果的です。

受験生が紙に「合格」と書いて壁に貼るのは効果があるのです。

夢や希望・欲望は、書いて、目にするところに置いておくのが効果的です。

 

わたしの人生でやりたいことリスト100

ここで、わたしの人生でやりたいことリスト100を紹介します。

100といいながら105になってます。

ですが、ひとつの項目が重複した内容でもあります。

このリストは、ブログで公開するよりも少し前に書いていたものです。

そのためブログ公開時点で、すでに達成している項目もあります。

思いついた順番に書いています。

自分のこと、家族のこと、欲しいもの、などジャンルごとに分けることも考えたのですが、最初は思いついた順番のままに公開することにしました。

思いついた順番というのは、それだけ私の中で早く出てきた夢や願望です。

それだけ思いが強いのだとわかります。

ですから、思いついた順番もわたしは大事にしようと思っています。

そのうち、ジャンルごとに分けたバージョンも作る予定です。

 

人生でやりたいことリスト100

1 洗濯物は浴室乾燥を使って乾かす
2 食べたい時に家族でマックを食べる 達成
3 食べたい時に家族でくら寿司を食べる
4 子供が小さいうちの、土曜日曜祝日は、家族で過ごし夕飯を一緒に食べる。
5 子供たちに、月に一度好きな本を買ってあげる 達成
6 欲しい本、気になった本はすぐ買って読む
7 庭に目隠しフェンスを取り付ける
8 骨格診断を受ける
9 パーソナルカラー診断を受ける
10 月に一度アロマサロンに通う
11 スポーツジムに通う
12 ブログのプロフィール画像をイラストレーターの人に書いてもらう
13 階段のカーテンをロールスクリーンにする
14 家中の窓をきれいに掃除する
15 ロールスクリーン、ローマンシェードをきれいに掃除する。
16 ブログアフィリエイトで月3万円稼ぐ
17 ブログアフィリエイトで月5万円稼ぐ
18 ブログアフィリエイトで月10万円稼ぐ
19 ケルヒャーを買う 達成
20 加湿空気清浄機を買う
21 エアコンのクリーニングを業者に頼む
22 10年後にリビングのカーテンをロールスクリーンに変える
23 10年後に和室のカーテンを障子に変える
24 ゆったり座れるソファーを買う
25 家族でUSJに行く
26 家族で富士急ハイランドに行く
27 家族で富士サファリパークに行く
28 家族で毎年海水浴旅行に1回は行く
29 家族で温泉旅行に毎年1回は行く
30 ヨガを習う
31 新しいパソコンを買う
32 Twitterのフォロワーを100人にする 達成
33 Twitterのフォロワーを200人にする 達成
34 Twitterのフォロワーを300人にする
35 Twitterのフォロワーを400人にする
36 Twitterのフォロワーを500人にする
37 Twitterのフォロワーを600人にする
38 Twitterのフォロワーを700人にする
39 Twitterのフォロワーを800人にする
40 Twitterのフォロワーを900人にする
41 Twitterのフォロワーを1000人にする
42 図書館に通う 達成
43 本屋に行く
44 楽天Roomに買った商品の写真をアップする
45 表札をつける
46 家の駐車場の草木の手入れをする
47 カーポートをつける
48 北側の部屋にダイキンのエアコンをつける
49 トイレのタオルハンガーを買う
50 子供が大きくなったら夫の欲しい車を買う
51 夫と月に一度外食をする
52 美容院に行ってカットとカラーリングをする(その間スマホ閲覧)
53 美容外科で肌をきれいにする
54 全身脱毛する
55 別れて暮らす子供たちから会いたいと言われる
56 noteをはじめる
57 noteに読んだ本のレビューと写真をアップする
58 有料noteを作る
59 ウェブライティングの勉強をする(本を読むなど)
60 トイレ用の空気清浄機を買う
61 アロマディフューザーを買う
62 週末に冷蔵庫の上を拭く
63 週末にカビキラーでお風呂と洗面所をピカピカにする
64 白い乾きやすい風呂椅子を買う
65 キッチンに置く蓋つきのゴミ箱を買う
66 キッチンの収納棚を買う
67 定期的に食器ふきんを買い替える
68 エージェントワンのキッチンダスターを買う
69 無印良品のキッチンダスターを買う
70 春秋用のコートを買う
71 食器洗い乾燥機を買う
72 家族写真を追加で飾る
73 家族写真を飾るためのフォトフレームを買う(色はダークブラウン)
74 車の掃除をする
75 ケルヒャーで外壁をきれいにする。
76 ケルヒャーで窓と網戸をきれいにする
77 ケルヒャーでお風呂の床をきれいにする
78 ケルヒャーで駐車場のコンクリートをきれいにする
79 ケルヒャーで門柱をきれいにする
80 防災用品で足りない分をそろえる
81 カタンを買う
82 モノポリーを買う
83 親を旅行に連れていく
84 父母の日にはごちそうを振る舞う
85 子供が庭遊びをしなくなったら業者に頼んできれいにしてもらう
86 電子ピアノorキーボードを買う
87 YouTubeに動画を投稿する
88 楽天ポイント投資をはじめる
89 つみたてNISAについてよく調べる
90 株式投資の勉強をする
91 ブログで稼いで投資をする
92 FXの勉強をする
93 イラストの描き方を勉強する
94 デジタルイラストが描けるようにする
95 お気に入りだけの少数精鋭の部屋作りをする
96 トイレのペーパーホルダーを買う
97 コーヒーを飲む量を減らす
98 コーヒーに砂糖を入れずに飲む
99 3か月に1度、歯医者で定期検診を受ける
100 全国各地のおいしいものを食べに行く旅行をする
101 子供が大きくなってからお気に入りのテレビボードを買う
102 ブロガーのオフ会に参加する
103 インスタグラムに部屋の写真を公開する
104 新たに好きな作家さんを探す
105 特化ブログを作る

直近のものから10年先のものまで、さまざまな項目が浮かび上がりました。

けっこう似たり寄ったりな項目もあるなあと思いますが、これが、今のわたしのやりたいことリストです。

あなたも夢や希望・願望・叶えたいことがあるなら「やりたいことリスト」を書いてみませんか?

書くだけでいいのです。

書いているうちにワクワクして楽しくなってくるでしょう。

そして、気づいたら書いたことが叶っていたという現実に直面することになるかもしれません。

わたし自身やりたいことリスト100を書いたばかりです。

この先どのような未来が訪れるかは定かではありません。

しかし、未来は自分で作るものだと言います。

あなたも「人生でやりたいことリスト100」を書いてみませんか?