暮らし

専業主婦の究極のお小遣い節約術

専業主婦のお小遣いをガツンと節約する究極の裏技!?

お金も貯まって、楽しい自分時間を手に入れる方法を紹介します。

 

専業主婦のお小遣い事情

専業主婦のお小遣いって、いくらくらいだと思いますか?

統計によると、0円~2万円くらいが多いそうです。

ただ、専業主婦のお小遣いといっても、出所は夫の給料。

お小遣いという名目にするか、生活費として一緒に計上するか、その扱いは人それぞれのようですね。

さて、そんな専業主婦のお小遣い事情ですが、お小遣いの内訳を見てみると、

  • 美容費
  • 交際費
  • 趣味費

となるようです。

ここで注目して欲しいのが、交際費です。

この交際費というのは、ママ友とのお付き合い費用に該当されます。

実は、この交際費、万単位で消えていっている家庭もあるのです。

ということは、主婦のお小遣い節約の鍵を握っているのは、この交際費と言えます。

 

専業主婦の究極のお小遣い節約方法とは!?

専業主婦のお小遣い費用の究極の節約術とは、かかりすぎている交際費をカットすることです。

それは、ママ友との無駄な交際費をカットする。

ママ友と言えば、人によっては、子育てのことを話し合える大切な存在。

ですが、一方で、ストレスの元になってしまうということもあります。

 

頻繁なお誘いに、なかなかNOと断ることができず、しぶしぶランチに行っているママたちもいます。

そのランチ代が一回1000円程かかってしまうと?

ママ友とのお付き合いが増える程、家計を圧迫します。

まして、子供同士連れだって、一緒におでかけ・・・なんてことになれば、支出も一気に増えることでしょう。

そこで、この家計を圧迫しているママ友との交際費をカットしようという事です。

すべてカットしろとは言いません。

ですが、少し使いすぎているなと思うなら、2回に1回は、お断りすることも必要です。

 

もちろん、ママ友とのお付き合いは一切なしでもいいんです。

ママ友いなくても困りませんから。

というか、わたしは困ってません。

完全ぼっちママです。

おかげで、面倒な付き合いがなくてスッキリ自分時間を楽しんでいます。

とはいっても、挨拶など最低限のお付き合いはしていますよ。

物だけでなく人付き合いもミニマムです。

 

大事なのは、物と同じで自分にとって大切なものや必要なものを残すということです。

自分がつき合いたい人とはつき合います。

でも、無理をしてまでママ友づきあいをする必要はないのです。

無理していくランチに1000円も払うことは無駄です。

 

自分にとって本当に大事にしたい人とは、時間を作って会えばいいし、お金を使いたければ使えばいい。

ただ、そうでない場合は、少しお付き合いの仕方を考え直した方が自分にとっても家計にとっても、負担が軽くなります。

そうすることで、自分時間も増えますし、気持ちも軽くなります。

そして、家計費の節約にもなります。

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当のプレゼントが無料でもらえます。