みんなのスキンケア方法

口周りのカサカサと頬の赤み、肌の乾燥に悩む30代女性のスキンケア

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性Yさん。

Yさんの普段のスキンケアについて聞いてみました。

Yさんは普段、どのようなスキンケア化粧品を使ってどのように肌のお手入れをしているのでしょう?

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性

「Yさんのお肌の悩みはどのようなことですか? 」

とにかく肌が乾燥することです。

特に口周りがカサカサしやすいです。

それから、目の下のクマがすごくて・・・。

ほっぺには赤みの色ムラがあったりしてなめらかな素肌というよりも凸凹の気になる肌なんです。

毛穴の黒ずみも気になります。

ほかには、口周りと眉毛のガイドラインから逸れたムダ毛が濃いめで小まめな処理が大変なところです。

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性のスキンケア・ベースメイク化粧品

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性が使用しているスキンケア・ベースメイク化粧品を紹介します。

スキンケア化粧品

  • ちふれ クレンジングオイル
  • ちふれ 泡洗顔
  • 菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿
  • 皮膚科処方のクリーム

ベースメイク化粧品

  • セザンヌUVウルトラフィットベースN
  • セザンヌUVファンデーションEX プラス

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性のスキンケア・ベースメイク方法

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性のスキンケア方法やベースメイク方法を紹介します。

朝のスキンケア方法

「ちふれ 泡洗顔」で洗顔したあと「菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿」で保湿します。

そのあと、皮膚科で処方されているクリームを塗ります。

ベースメイク方法

「セザンヌUVウルトラフィットベースN」を顔全体に塗ります。

そのあと、クマの気になる目の下にコンシーラーを塗ります。

それから「セザンヌUVファンデーションEX プラス」を塗ってベースメイクは終わりです。

夜のスキンケア方法

「ちふれクレンジングオイル」でメイクを落とします。

それから朝のスキンケアと同じように「ちふれ 泡洗顔」による洗顔。

「菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿」で保湿して「皮膚科処方のクリーム」を塗っておしまいです。

口周りのカサカサと頬の赤み、お肌の乾燥に悩む30代女性のスペシャルケアは?

スペシャルケアはメイクをした日としない日でわけています。

メイクをした日にはお風呂でクレンジング、洗顔後。

お風呂上がりにシートパックを15分程度貼り付けます。

その後皮膚科のクリームを塗ります。

メイクをしていない日なら、クレンジングをしないで、ホホバオイルで顔のマッサージをしています。

それから、化粧水、皮膚科のクリームの順番でスキンケアしています。

今のスキンケア方法にしているのはどうして?満足してる?それとも不満ある?

今は、小さい子供がいるため、ささっと手早く出来るケアを模索しています。

スキンケアの第1ポイントとして保湿を目的としているので、とりあえず今のスキンケアに満足しています。

でも、できたら美白効果や毛穴のケアもちゃんとできるようなスキンケアをしたいなあと思っています。

子育てがひと段落したら自分自身のスキンケアも大切にしたいですね。

気になっている、使ってみたいスキンケア化粧品は?

たまに、小鼻のざらつきや毛穴の黒ずみが気になるので、スペシャルケアとして毛穴ケアが出来る石鹸やピーリングジェルを使用したいです。

スクラブ入りの石鹸やピーリングジェルで改善できるかはわかりませんが試してみたい気持ちがあります。

口周りのカサカサと頬の赤み、肌の乾燥に悩む30代女性へのアドバイス

口周りのカサカサと頬の赤み、肌の乾燥に悩んでいるというYさんでした。

お話しを伺った感じですと、お肌の水分と油分のバランスが崩れているようですね。

水分量が足りていないため、お肌が必死で油分を出して補おうとしている感じです。

スキンケアで大切なのは保湿です。

Yさんもセラミドが含まれた化粧水を使用するなどして保湿には気を使っているようですね。

それでも、お肌の乾燥が気になるというのであれば、クレンジング剤を変えてみることをおすすめします。

Yさんが使用されているクレンジング剤は、オイルクレンジング(ミネラルオイル=鉱物油)。

オイルクレンジングはメイク落ちもよく洗った感があるので好まれる方も多いようですね。

ですが、クレンジングの中では、洗浄力が強めです。

落ちにくい濃い目のメイクをしているときには、おすすめのオイルクレンジングです。

しかし、ミネラルオイルによるオイルクレンジングは、脱脂力が強く、肌乾燥をまねきます。

Yさんのように、パウダーファンデーションを使った時には、もう少し肌への負担の少ないクレンジングを使うようにしたほうがいいかもしれません。

パウダーファンデーションの種類にもよりますが、一般的なパウダーファンデーションであれば、クリームタイプのクレンジングや、油脂によるオイルクレンジングがおすすめです。

クリームタイプのクレンジングは、洗浄力はありながらお肌への負担は軽めです。

オイルクレンジングからクリームクレンジングに変えることで、クレンジングによる皮脂の取りすぎを防ぐことができます。

そうすることで、肌への乾燥ダメージも軽くなっていくことが考えられます。

ちふれ化粧品の中から選ぶのであれば、Yさんへのおすすめは、ちふれウォッシャブル コールド クリームです。

今お使いの「ちふれクレンジングオイル」と比べると、メイクとのなじみにくさや使用感で不満を感じるかもしれません。

ですが、お肌への負担を考えると「ちふれウォッシャブル コールド クリーム」の方がおすすめです。

クリームクレンジングへの変更を考えてみてくださいね。

だからといって、今使っているオイルクレンジングは捨てろとはいいません。

落ちにくいアイメイクなどを使った時のポイントメイク落としとしても十分使えますから。

用途に合わせてクレンジングを変えるようにするといいですよ。

また、オイルクレンジングでも、ミネラルオイルではなく油脂によるオイルクレンジングもおすすめです。

ミネラルオイルのように肌の乾燥をまねくこともありません。

Yさんが、気になっている、使ってみたいスキンケア化粧品としてこんなことをおっしゃいましたね。

「たまに、小鼻のざらつきや毛穴の黒ずみが気になるので、スペシャルケアとして毛穴ケアが出来る石鹸やピーリングジェルを使用したいです。

スクラブ入りの石鹸やピーリングジェルで改善できるかはわかりませんが試してみたい気持ちがあります。」

お気持ちはすご~くよくわかります。

わたし自身、上記のような化粧品をいろいろ使いましたから。

ですが、どれもあまりおすすめはしません。

本当に、月に一度のスペシャルケアとして、明日は大事な決めたい日なの!

というとき以外は、上記の化粧品は使わなくても大丈夫です。

特に、乾燥が気になっている肌のときには、使わないで欲しいです。

ますます肌が乾燥に傾いてしまう恐れがあるからです。

小鼻のざらつきや毛穴の黒ずみも、大元は肌の水分と皮脂のバランスの乱れだと思ってください。

だから、気にならなくしたいなら、まずは肌の水分を保つ(保湿)を何よりも心がけて欲しいところです。

それでも、子育てでいそがしいところ、ほんとうによくちゃんとお手入れされていると思います。

もう頭が下がります。

わたし自身は、子供が小さいころは、ほんとうにずぼらでしたから・・・。

スキンケアも大事ですが、負担にならない程度にしていただいて、十分な睡眠と食事、何よりもお子さまとの時間を大切になさってくださいね。