未分類

センコウガールのあらすじ感想&見どころ!

センコウガールのあらすじや感想、見どころを紹介します。

作者は、永井 三郎先生です。

 

センコウガールのあらすじ

ずっと不登校だった女子高生・如月民子が、ある日生まれ変わったかのようにキラキラしながら登校してくる。

そして3人の女生徒のフルネームを叫び、風のように去っていく。

その内の1人は、若さにのみ価値を見いだし、歳を取る前に死にたがっている女子。

1人は、陸上に情熱の全てを捧げていたが、足の怪我により引退を余儀なくされすっかり捨て鉢になっている女子。

1人は、夢や欲望が何もなく、空っぽの自分を満たすためにひたすら食べ物を詰め込み続ける女子。

名指しした女子達に、民子は翌日から順番に絡んでいく。

その目的は?

そして、民子が「生まれ変わった」理由は?

民子に翻弄される3人の女生徒の運命は?

青春とミステリーが巧妙に入り組んだ、まさしく閃光のように一気に読めてしまう作品。

 

センコウガールの見どころは!?

民子の行動力の源です。

彼女は、実はとある事件に密接に関わっており、そこに答えがあるのですが、謎が徐々に明らかになっていく様も見どころです。

ただの青春グラフィティーと見せかけて、実に巧みに伏線が張り巡らされています。

ネタバレのシーンで、思わず驚きの声を上げてしまいました。

この衝撃は、是非真っさらな状態で味わってほしいです。

 

センコウガールを読んだ感想は?

先にも述べた通り、意外性のあるストーリー展開が堪りません。

最初は、よくある学園モノなのかと思ったのですが、民子の行動が突然事件性を帯び始め、そこからはもう無我夢中でページを繰りました。

続きが気になってしょうがなくなるので、予め全巻確保した状態で読み始めることを強くお勧めします(笑)

更に、登場人物たちそれぞれの執着の強さが、この作品の要だと思います。

命、愛、若さ、承認欲求、想い人…全てのキャラクターが何かをがむしゃらに求め、その様が強烈な個性に繋がっています。

ストーリーそのものも非常に面白いのですが、兎にも角にも彼女らの行く末を見届けずにはいられなくなる。

そんな生きたキャラクター達も、この作品の魅力の一つです。

 

センコウガールがおすすめなのはこんな人!

読みたいものが無いときや、なにか大きな挫折を味わったとき、この作品はきっとあなたの価値観を変えてくれると思います。

特に学生さんにオススメです。

センコウガールを無料で試し読みする方法はこちら

肌断食用スキンケアのおすすめ

肌断食をはじめたいとき

肌断食がうまくいかないとき

おすすめは肌断食用スキンケアです。

肌断食用スキンケアの詳細を見てみる