セカンドマザー~のぞみの場合~ネタバレ感想!養子縁組という家族の感動物語




セカンドマザー~のぞみの場合~を読んだのであらすじ・ネタバレ感想レビューします。

「セカンドマザー~のぞみの場合~」は「セカンドマザー~特別養子縁組という選択~」のシリーズ作品です。

原作・渡辺やよい先生、漫画・あしだかおる先生です。

 

「セカンドマザー~のぞみの場合~」は「里親里子制度」によって赤ちゃんのときに引き取られた少女・のぞみ。

のぞみは何不自由なく育っていったが、自分が本当の子供でないことを知り────・・・。

家族とは?親子とは?多様化する現代の家族形態の在り方を描く感動の物語です。

 

セカンドマザー~特別養子縁組という選択~のネタバレ感想はこちら( ↓ )

セカンドマザー~特別養子縁組という選択~ネタバレ感想

2018.10.30

セカンドマザー~ひかるの場合~ネタバレ感想はこちら( ↓ )

セカンドマザー~ひかるの場合~ネタバレ感想!特別養子縁組という家族

2018.01.22

 

セカンドマザー~のぞみの場合~あらすじ

看護師だった坂本美香(さかもとみか)は15年前に、医学生だった真也と勤め先の病院で出会い結婚した。

開業医の息子である真也との結婚生活は、厳しい姑との同居生活から始まった。

美香たちは、不妊治療を開始するも子宝には恵まれず、生後まもない「のぞみ」の里親になることを決めた。

のぞみは健やかに素直に成長し、美香たちは実子として養子縁組したいと考えていた。

そんな矢先のできごとだった。

難しいと言われていた美香の妊娠がわかり、長男・一郎が誕生する。

そして、のぞみのことを快く思っていなかった姑の悦子は美香にわからないようにのぞみをいじめはじめた────・・・。

 

注意

以下、ネタバレ含んだ内容になります

⇒ネタバレ前にセカンドマザー~のぞみの場合~の本編をチェックする 

※リンク先サイトにて「セカンドマザーのぞみ」と検索すると素早く作品が表示されます。

 

 

セカンドマザー~のぞみの場合~1巻ネタバレ

祖母の異変に気付いたのぞみは、自分が本当にママ(美香)の子供なのか気になっていた。

そこで、父の持ち帰っていた戸籍謄本を覗き見ることにした。

父・真也、母・美香、そして、産まれてきた弟の一郎の名前があった。

だが、そこにはのぞみという自分の名前は記されていいなかった。

なぜ・・・!?

自分の名前がないことで、様々な憶測がのぞみを行きかう。

そして、美香や真也に対する態度はしだいにぎこちなくなっていった。

のぞみのそんな異変に気付かない美香ではなかった。

だが、思春期だからだろうという夫の言葉に納得し、のぞみの苦悩に気付くことはなかった。

そんなとき、名古屋の実父が入院したという知らせが入る。

「お見舞いにいってらっしゃい」

そういう姑の言葉に背中を押されるように、美香は一郎だけを連れて名古屋に里帰りした。

まさか、留守中にのぞみが姑から陰湿な嫌がらせを受けることとなるとは知らずに────・・・。

姑の嫌がらせは執拗に続いた。

それは、美香たちが帰宅してからも続いた。

のぞみの心はしだいに追い込まれていく・・・。

そんなある日、一郎がベランダに出てしまった。

歩き始めたばかりの一郎は、ベランダに置いてあったものを踏み台にして・・・。

一郎の手がベランダの手すりにかかる。

「いっちゃん、危ないよ。落ちちゃう」

咄嗟にのぞみは叫んだ。

だが・・・。

一郎を助けようとしてのびかけたその手は────・・・!!

 

セカンドマザー~のぞみの場合~1巻ネタバレ感想

本当の子供ではなかった・・・。

そう真実を知った時ののぞみの気持ち、そして、祖母だと信じていた人からの陰湿な嫌がらせを受けたのぞみの気持ち。

それを思うと・・・胸が痛みます。

そんなのぞみの状態に気付かない美香。どうしても気持ちが一郎に行ってしまうのはわかるけど・・・。

姑が、のぞみのことをよく思っていなことを知りながらも、2人だけを残して出かけてしまうのは、なかなかひどいなと思いました。

姑の執拗な嫌がらせよりも、美香のそういった態度が母子の溝を深くしていったように思います。

けど・・・。

姑の気持ちもわかるし、美香の気持ちもわかる。

特に姑の気持ちは、あそこまで露骨な態度に表さなくても、多かれ少なかれ誰もが感じてしまうことでしょう。

誰がいいとか悪いとか、そんな単純な問題ではなく、非常に考えさせられる漫画です。

 

セカンドマザー~のぞみの場合~2巻ネタバレ

何不自由なく開業医の家系で育ったのぞみ。

だが、その幸せな日々も奪われようとしていた。

のぞみを養子縁組し、実子にしようとしていたところに、のぞみの生みの親だという女が現れて────・・・。

だがそれは、のぞみを邪魔に思う姑の仕組んだモノだった────・・・。

 

「実母の佐藤珠希さんから引き取り要請が出ております」

児童相談所で、そういわれた美香は、どうすることもできなかった。

児童相談所が珠希の生活環境を調査してみるが、特に問題はないということで、実母のもとへ試験的に預けるということになった。

実親の権利は無視できない。

それが行政の現状だった。

美香と真也は、のぞみに事の次第を告げた。

「決めるのはのぞみよ。あなたの気持ちが一番大切だから」

美香はそうのぞみに伝えた。

のぞみは、会ったこともない実母になど会いたいとは思わなかった。

そんなのぞみに、姑は・・・。

姑の言葉通りに、週末だけ実母のもとへ行くことを決めたのぞみ。

だが、そこで待っていたのは────・・・。

 

セカンドマザー~のぞみの場合~2巻ネタバレ感想

1巻を読んだ時点では、姑の気持ちもわかるなと思ったのですが・・・。

ここまでくると、あまりのひどさに言葉もありません。

 

2巻の結末で、姑があのような状態になったのも、同情の余地はないですね。

まあ、それでもさらに自分の新たな欲に生きていこうとした姿はあっぱれですが・・・。

漫画としては非常に重要キャラで、いい味出してます。

おばあちゃんがいるからこそ、盛り上がるし、親子の絆も深まってるんですよね。

 

なんやかやありながらも、実母の魔の手からのぞみを救い出し、これで幸せに暮らしていける。

よかったよかったと、ホッとしたら・・・。

その直後、いきなり叩き落されたような感じです。

まさか、こんな展開が待っているとは思いもよりませんでした。

漫画としては、すごくおもしろい展開で、かなり裏切られた感があり、それがすごくよかったです。

今までのは、序章だったの!?

そんな風に思わせるような衝撃的な展開に、続きが気になってしかたありません。

このセカンドマザー~のぞみの場合~は、他のセカンドマザー作品とはまた違ったストーリー展開が待っています。

3巻ではどのような展開を見せるのか!?

この家族はいったいどうなっていくのか!?

見ものです!

 

セカンドマザー~のぞみの場合~作品概要

セカンドマザー~のぞみの場合~

作者:あしだかおる(画) 渡辺やよい(原作)

ジャンル:女性マンガ

出版社:ぶんか社

掲載誌:ストーリーな女たち

 

セカンドマザー~のぞみの場合~の無料試し読みはこちら( ↓ )

※リンク先サイトにて「セカンドマザーのぞみ」と検索すると素早く作品が表示されます。

 

この漫画が気になる人はこちらもおすすめ

セカンドマザー~のぞみの場合~の前作にあたる漫画作品です。

 

セカンド・マザー~特別養子縁組という選択~

不妊治療に限界を見た夫婦が「特別養子縁組」で親になるまでの試練を描く、家族・親子とは何かと問いかけるヒューマン・ストーリー!

>>>セカンドマザー~特別養子縁組という選択~ネタバレ感想

 

セカンド・マザー~ひかるの場合~

10年前に幼い一人息子を事故で失った主人公は、里親となってもう一度子育てをしたいと思い、ひとりの男の子・ひかるを引き取った。

>>>セカンドマザー~ひかるの場合~ネタバレ感想!特別養子縁組という家族

 












漫画をお得に無料で読む方法!



マンガ好き必見!
読みたい漫画をお得に無料で読む方法!

気になった漫画の続きをお得に無料で読むことができる裏ワザ的方法の紹介です。