Twitterをはじめてよかった3つの理由と起こった変化とは!?

わたしが普段ブログを見るときは、何か調べたいことがあるときです。

Googleの検索窓に気になることや調べたいことのキーワードを打ち込みます。

そして検索結果の1ページ目に表示されている中から気になったタイトルをチェックしています。

そうすれば、求めていた情報が瞬時に手に入りとても効率的です。

わたしにとって他人のブログは情報でありそれ以上でも以下でもありませんでした。

ですが、最近Twitter(ツイッター)をはじめて、ブログに対する見方が変わってきました。

 

Twitterをはじめた理由

わたしがTwitterをはじめた理由は、ブログの更新情報を流したかったからです。

以前にもブログの更新情報を流すためにツイッターをはじめました。

しかし、どうにもツイッターを使いこなすことができず途中でアカウントを削除してしまいました。

人付き合いが上手でない自分には、上手にツイッターで人と絡むことはハードルが高かったのです。

また、Twitterをする時間があればブログの更新をしていたかったのです。

ですが、再びツイッターをはじめることにしました。

理由は更新情報を流し、あわよくばそこからユーザーが来てくれたらうれしいなというもの。

あと、もうひとつの理由はツイッターからのリンクがもらえるからでした。

なので、Twitterをはじめても積極的にツイートしたりコメントをすることはしないつもりでした。

ところがいざツイッターをはじめてみると・・・?

 

ツイッターをはじめて気づいたこととは?

ツイッターをはじめて気づいたのは、ただブログの更新情報を流せばユーザーが来てくれるわけではないということ。

あたりまえですよね。

いくらツイートしても、フォローしてくれる人がいなければその情報は誰にも届かないのです。

もりー
フォロワーいないと意味ないのね
みー
気付くの遅すぎだから。

以前アカウント登録したときは、ほぼ放置でしたが、フォローされたらフォローし返していました。

そしたら、なんとなくいつの間にかフォロワーが増えていった感じです。

おかげでツイッターからのアクセスも少ないながらありました。

もりー
あの時訪問してくださった方たちありがとうございます!
みー
今さら遅すぎだから。

だから今回も特に積極的にはツイッターを利用しないつもりでいたのです。

ところが、いざ始めてみたら?

とてもおもしろいツイートやためになる情報の宝庫じゃないですか!

もりー
なんでいままで利用しなかったんだろう!!
みー
後悔しても遅すぎだから。

それに、なんだか気になるツイートの先には、気になる方がいて、その方はブログを運営されていたりする。

たくさんの人たちがブログ運営をしていたのです。

自分と同じように、はてなブログやワードプレスをはじめた人たち。

アドセンスに通った人やなかなか通過できないで苦労している人。

アクセスが増えて喜ぶ人やアクセスのなさに嘆く人。

収益が出て喜ぶ人もいれば、思うように収益が伸びなくて悩む人。

まさに自分と同じ人がツイッターの中にいたのです。

 

今まで、ひとり孤独にブログを書いてきたもりみです。

嫌になったりもうやめようかと思ったこともありました。

だけど、なんとかここまで続けて来れました。

そしてそれは自分だけじゃないんだなあということをTwitterを通して知ることができました。

 

そうしたら、一気に親近感湧いてきてしまって、Twitterで気になったツイートについつい絡んでしまったのです。

挨拶もなく不躾にコメントしたりしてしまったことも何度もあります。

もりー
ご無礼をお許しくださいませ。この場を借りてお詫び申し上げます。

でも、それもそのコメントに気持ちが高揚してしまったからこそでもあるのです。

それほど、Twitterの中は魅力的でした。

まだ始めたばかりのツイッターですが、はじめてよかったなと本当に思います。

 

Twitterをはじめてよかった3つの理由とは?

わたしがTwitterをはじめてよかったと思う3つの理由です。

  1. 検索からはヒットしない独自のブログに出会える
  2. ブログの向こう側にいる人とつながれる
  3. Twitterからブログに訪問してくれる

 

1.検索からはヒットしない独自のブログに出会える

今までわたしにとってのブログとの出会いは検索だけでした。

そうなると自然と検索上位のブログだけとしか出会いません。

そこから有益な情報が得られるのでそれでよかったのです。

しかし、世の中には検索上位には出てこなくても自分の中でヒットしたブログがあるのですね。

そんな自分だけの上位ブログに出会えたのはツイッターのおかげです。

 

2.ブログの向こう側にいる人とつながれる

検索でヒットしたブログは、わたしにとっては、ただの情報ブログです。

有益な情報があればよかったのです。

だから、当然その記事を書いた人のことにはそれほど興味を持ちませんでした。

しかし、Twitterは、人との出会いから始まります。

ブログを書いている人であれば、ブログよりもその人と先に出会えるのです。

そのときはじめてブログ記事は単なる情報ではなく人の心がこもった記事になります。

文字のひとつひとつにその人の想いが乗せられているのです。

 

すると、わたしの中で変化が起こりました。

情報以上にそのブログに興味が出てきたのです。

そして読んでおもしろいと思うようになったのです。

もともと本を読むことが好きなもりみです。

ブログがその人それぞれのドキュメンタリー小説やエッセイのようになったのです。

しかも下手な小説よりもおもしろい!

向う側にリアルに人がいるということが拍車をかけているようでした。

 

3.Twitterからブログに訪問してくれる

Twitterをはじめてから、わたしが誰かのブログを訪問しています。

同じように誰かがわたしのブログを訪問してくれるのです。

検索とはまた異なるユーザーさんです。

たとえ数は少なくともそれってすごいことだし、すごくうれしいことです。

もりー
ブログってただの情報だけじゃないんだな。
みー
ブログの向こうには書いている人がいて書いている人の人生が詰まっているんだねぇ。

 

Twitterをはじめてよかったことのまとめ

まだTwitterをはじめたばかりですが、はじめたばかりなりに感じたことでした。

有益な情報を無料で公開してくれたり、その人の想いに触れられるツイッターは素晴らしいですね。

まだまだTwitterの使い方に慣れていませんが、そろそろInstagram(インスタグラム)の方にも挑戦したいと思っています。

そこでもまた素敵な写真や人と出会えたら楽しいですね。