暮らし

楽天カードの家計簿アプリで面倒な家計管理がめちゃ簡単になった!

楽天カードの家計簿アプリを使ったら、面倒だった家計管理がめちゃくちゃ簡単になりました。

この記事では、楽天カードアプリの家計簿の機能や使い方を紹介しています。

家計簿付けが面倒で続かないあなたも、このアプリで家計管理がとっても楽になりますよ。

 

楽天カードの家計簿アプリで家計管理がめちゃ楽!簡単!

「家計管理してますか?」

家計管理をしていくうえで、大切なことはお金の流れを把握することです。

はっきりいってお金の流れさえわかれば、面倒な家計簿付けは必要ありません。

ただ、いくらお金の流れがわかれば家計簿は必要ないとは言っても、おおまかな収支は確認のためにも把握している必要があります。

なぜなら、気づいたら使いすぎていたということもありますから。

そのためには、支出額の合計を定期的に知っておくことが大切です。

「今月はこれくらい使ったんだな~」

と、ざっくりとした支出を把握できていればいいのです。

わたし自身、いろんな方法で家計簿をつけてきました。

ですが、面倒くさがりな性格がわざわいして、家計簿が続いたことがありません。

しかし、そんなわたしでもたったひとつだけ続いている家計簿があるんです。

それが、楽天カードのアプリである家計簿です。

 

楽天クレジットカードのアプリとは?

まず、楽天カードのアプリについて簡単に説明します。

楽天カードのアプリとは、日本最大のインターネットショッピングモールである「楽天市場」を運営している楽天が発行しているクレジットカード「楽天カード」の公式アプリです。

楽天カードアプリは、楽天カード会員であり、楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」に登録している会員であれば誰でも利用できます。

※アプリの利用には、楽天会員のログインが必要となっています。

 

このアプリでは、楽天カードの利用明細、お得なキャンペーン情報、店舗やATMの検索、その他各種サービスがスムーズに行えるようになっています。

非常に便利なアプリで、楽天カードユーザーには必須といえるリでしょう。

 

楽天カードアプリの家計簿機能とは?

楽天カードアプリには、便利な家計簿機能がついています。

これは、楽天カードで使用した明細を元に自動で家計簿が作られる機能です。

カードの明細以外にも、現金支出も手入力により入力できます。

さらに、カメラ機能を使って、レシート入力もできる非常にすぐれた家計簿です。

アプリの家計簿機能ですが、どんな人に向いているでしょう?

 

楽天カードアプリで家計簿付けが向いている人は?

楽天カードアプリでの家計簿付けが向いている人は、どんな人でしょう?

楽天カードアプリでの家計簿付けが向いている人

  • 楽天カードを持っていて「楽天e-NAVI」に登録している
  • 生活のあらゆる支出をほとんど楽天カードで支払っている

 

楽天カードを持っていて「楽天e-NAVI」に登録している

楽天カード専用のアプリですので、楽天カードを持っていないとこのアプリは使えません。

さらに、楽天カード会員専用オンラインサービスの「楽天e-NAVI」に登録済みである必要があります。

楽天カードを作ると楽天e-NAVIに登録することができます。

使用開始には、サービス開始手続きが必要です。

 

生活のあらゆる支出をほとんど楽天カードで支払っている

生活のあらゆる支出のほとんどを楽天カードで支払っている人がこの家計簿機能を最大限に活用できます。

なぜなら、楽天のクレジットカードで支払いをすることで、明細と家計簿機能とが同期されます。

そして、家計簿に自動で記入されていくからです。

生活の支出の大半を楽天カードで支払うことにより、半自動で家計簿ができあがるのです。

公共料金の支払いも、楽天クレジットカード払いに設定してあるとさらに便利です。

我が家は、公共料金も普段の買い物も、楽天カードで支払えるものは楽天カードで支払っています。

現金での支出というものがほとんどありません。

おかげで、家計管理が非常に楽になりました。

 

楽天カードアプリ家計簿機能の使い方

楽天カードアプリでの家計簿機能の使い方を簡単に紹介します。

まず、お使いのスマートフォンに楽天カードアプリをインストールします。

インストールが終わって、楽天カードアプリにログインします。

ログインは、楽天IDとパスワードを入力します。

スマホの機種によっては、指紋認証でのログインも可能です。

ログインすると、画面下に「ご利用明細」「家計簿」「キャンペーン」「店舗・ATM」「その他」とあります。

「ご利用明細」というのが、楽天カードを使用した履歴「明細」です。

そして「家計簿」というのが今回紹介している機能です。

 

明細から自動同期

「家計簿」のすぐれているところは、楽天カードで支払ったものすべてを半自動で記入してくれるところです。

「家計簿に保存」をクリックすると自動で家計簿に明細内容が保存されます。

設定で「ご利用明細を自動保存」という項目にチェックをしていれば自動で同期されます。

これは、家計簿項目をタッチするだけで、自動で家計簿に記入される設定です。

 

補足

明細は、クレジットカードの締め日ごとの集計(ex 10月25日から11月24日分など)となっています。

しかし、家計簿は月ごと(10月1日から10月31日分)の集計になっています。

その月ごとの集計が知りたい場合は、家計簿と同期したほうがわかりやすいです。

 

非常に便利な家計簿機能ですが、支出をカテゴリーごとに設定したい場合は自分で入力する必要があります。

ただ、入力もカテゴリー項目を選択するだけなので、ワンタッチで簡単にできます。

 

カテゴリー設定の仕方

カテゴリーを設定したい項目をクリックします。

「未設定」となっているカテゴリーをクリックします。

すると、カテゴリー選択画面になりますので、カテゴリーを選択します。

デフォルトでは、15のカテゴリーが設定されています。

デフォルト以外のカテゴリーを自分で設定したい場合は、ユーザーカテゴリー編集をクリックして、自分で好きなカテゴリーを設定できます。

カテゴリーを設定すると「未設定」だったところにカテゴリーのアイコンと名称が表示されます。

カテゴリーを設定しておくと、集計したときに食費、日用品費、などといったようにカテゴリーごとの支出もわかるようになります。

その月の総支出に対するカテゴリーごとの支出割合もグラフで表示されるので、ひとめで支出の様子がわかります。

カテゴリー表示も支出金額の多い順から表示されるため何に多く使ったのかわかりやすくなっています。

カテゴリー分けする必要はなく、1か月の支出の合計額だけわかればいいのであれば、カテゴリーの記載も必要ありません。

明細だけでも、およその支出がわかり便利です。

 

現金支出も手入力で簡単記入

楽天カードアプリの家計簿には、楽天カード以外の支出も記入できるようになっています。

入力の仕方は、手入力やスマホのカメラ機能をつかったレシート撮影があります。

楽天カード以外の支出の入力の仕方

  • 金額から入力
  • よく使うリストから選択
  • レシート撮影

このように好みの入力方式を選択できるようになっています。

わたしは、現金での支出を「金額から入力」で簡単に記入しています。

購入した細かい品物を家計簿に入力したい場合は、レシート撮影がおすすめです。

 

楽天カードアプリ家計簿の残念なところ

非常にすぐれた楽天カードアプリの家計簿機能ですが、ひとつだけ残念なところがあります。

それは、カテゴリー数が多い場合、集計で小額のカテゴリーが省略されることです。

どういうことかというと、家計簿のカテゴリーはデフォルトで15。

ユーザー設定でいくつかマイカテゴリー設定ができます。

しかし、たくさんのカテゴリーを設定しても、カテゴリー別の集計では9個までしかカテゴリーが反映されません。

10個目に表示されるカテゴリーはすべて「その他」として合計の支出額が表示されるのです。

わたしは、最初このことに気付きませんでした。

おかげで、細かなカテゴリーはすべて「その他」という一つのカテゴリーに振り分けられてしまっていました。

「これでは細かいカテゴリーごとの集計がわからないじゃない」

そう思って楽天カードアプリでの家計簿付けをやめようかと思ったほどです。

しかし、よく考えたら10個まではカテゴリーは集計画面で表示されるのです。

そう考えたら、10個以上あったカテゴリーを10個以内に収めるようにしました。

これによって、意外にもさらに家計管理が楽になりました。

家計管理に置いてカテゴリー分けは大事ですが、カテゴリーが多すぎると管理が複雑になります。

カテゴリーや最小限にすると家計管理が簡単になります。

 

楽天カードの家計簿アプリで面倒な家計管理が簡単になったのまとめ

楽天カードアプリ家計簿を利用するようになって、本当に家計管理が簡単になりました。

今まで、何をやっても続かなかった家計簿ですが、楽天カードアプリを使えば誰でも続けられるようになります。

難しいことは何もありません。

楽天カードに入会して「楽天e-NAVI」に登録する。

楽天カードアプリをインストールして、ログインする。

たったそれだけのことで、家計簿付けが簡単になるんです。

あなたも楽天カードアプリ家計簿はじめてみませんか?