小児歯科矯正にかかる費用はどれくらい?健康保険は適用される?

子供の歯並びが気になって、歯科矯正を考え始めたら気になるのは費用のこと。

一般的に高額になると言われる歯科矯正です。

実際には、どれくらいの費用がかかるのでしょう?

また健康保険は適用されるのでしょうか?

わたしの子供たちの体験をもとに小児歯科矯正にかかる費用についてお話しします。

 

小児歯科矯正にかかる費用はどれくらい?

乳歯期を含んだ小児矯正にかかる矯正費用はいったいどれくらいでしょうか?

およそかかる費用には、矯正開始前にかかる費用と矯正開始後にかかる費用とがあります。

 

矯正開始前にかかる費用

矯正開始前の診断にかかる費用には以下もものがあります。

• 初診察費(治療前)無料~5千円程
• 検査・診断費用 0~5万円

初診察費にかかる費用

小児矯正歯科では、基本的に治療契約を結ぶ前に、事前の診察があります。

初診の診察にかかる費用はおよそ、無料~5千円程になります。

これは、歯科によって異なり、無料相談として初診を行っている歯科もあれば、初診として診察費を請求する歯科もあります。

診察内容としては、子供の歯並びで困っていることの相談や、簡単な口の検査をする場合がほとんどです。

 

検査・診断にかかる費用

より詳細な検査や診断にかかる費用は0~10万円になります。

初診で見ただけではわからないことを、より詳しい検査をすることで詳細を把握します。

検査内容としては、レントゲン撮影や口腔内の写真、歯の模型をとったりといったものです。

この検査をすることで、現在の歯並びや骨格がどのような状態かがわかります。

それによって、将来どのように変化していくのか、治療を行うことでどのようになるのか、どんな治療が最適かを判断します。

矯正にかかるおよその期間や費用が明確になりますので、納得いくまで十分医師と相談することが望ましいです。

検査・診断にかかる費用は、診断後に矯正開始する場合は無料になる場合もあります。

また、歯科によっては、検査費と診断費を別で請求するところもあります。

費用は矯正歯科によって様々です。

 

矯正開始後にかかる費用

矯正開始後にかかる費用には、治療費・定期検診代・矯正装置代などがあります。

• 第1期治療にかかる費用 20万~50万
• 第1期からはじめて第2期治療も継続する場合にかかる費用 第1期にプラスして30万~90万
• 第2期治療から治療を開始した場合にかかる費用 50万~130万

主に、治療にかかる費用は、第1期と第2期に分けられるケースが多いです。

第1期から矯正を開始した場合

第1期から矯正を開始した場合にかかる費用は、20万円~50万円ほどです。

その後継続して、第2期の矯正をする場合は治療内容により、上記料金に30万~50万円プラスしてかかる場合があります。

ただし、第1期から矯正をした場合は、第2期の矯正も比較的軽度で済むことが多く、費用もそれほど掛からずに済むことが多いです。

第2期から矯正を開始した場合

第1期の矯正をせず、第2期から矯正を開始した場合にかかる費用は50万~130万円ほどです。

 

矯正開始後にかかる費用のまとめ

小児矯正を開始することになってからかかる費用には、治療費・定期検診代・矯正装置代などが含まれます。

これらの費用すべて込みで〇〇万円という場合もあれば、ひとつひとつ別途請求される場合もあります。

例えば、定期検診代です。

トータルの治療費に込みなのか、それとも都度支払うのか歯科によって異なります。

矯正装置代も込みの場合もあれば、別途請求される場合もあります。

通常の治療では込みの装置代でも、壊したり紛失した場合は別途請求される場合もあります。

他には、矯正終了後の後戻りを防ぐためのケア費用も込みの場合と別途請求の場合とあります。

 

細かいことですが、後々負担に感じては治療に差し支えます。

最初にきちんと確認することが望ましいです。

何より、こちらが聞かなくても、きちんと説明してくれる矯正歯科のほうが信頼できるような気がします。

 

小児歯科矯正に健康保険は適用されるのか?

小児歯科矯正に健康保険の適用はされるのかどうか、 とても気になるところです。

高額な矯正費用も保険が適用されるなら、多少は家計も助かるかもしれません。

ですが、残念なことに、今の日本の歯科矯正では、基本的に健康保険の適用はされません。

基本的に歯科矯正は、審美目的のために行われる治療(美容整形と同じようなもの)のため自由診療となります。

ですので、基本的には歯科矯正にかかる費用は、全額自己負担となります。

結果、治療費は高額にならざるを得ません。

ただし、例外として、国(厚生労働省)が定めた、疾患のある患者さんについては、健康保険の適用内となります。

おそらく、このブログを見ている親御さんの多くは、健康保険の適用外の方が多いでしょう。

我が家も保険適用外です。

ただし、医療費控除の対象にはなりますので矯正を開始した年は医療費控除をお忘れなく。

(我が家は医療費控除の申請を忘れました・・・。)

 

小児矯正にかかる費用についてのまとめ

このように、小児矯正にかかる費用は歯科や治療内容よってずいぶんと異なります。

また、治療費に、治療中の装置の料金や定期検診の費用を含むところ、含まないところがあります。

それは、矯正歯科治療が自由診療のため歯医者によって料金設定が異なるからです。

価格設定もトータルでいくらという場合もあれば、その都度、費用がかかる場合もあり、歯科によって本当に様々です。

このため、矯正歯科は安易に決めずに、十分考慮したうえで決定するのがいいでしょう。

費用だけでなく、子供と歯科医師との相性であったり、場所など他にも様々な決定要素があります。

そのためには、いくつかの矯正歯科に初診・相談することをおすすめします。

お子さまや親御さんにとって信頼できる矯正歯科で治療ができるといいですね。

矯正歯科をお探しなら
矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』で検索!