暮らし

年賀状を片付けて気付いたよかったこととは!?

今年もあっという間の11月。

あと2か月で一年が終わるだなんて早すぎます。

さて、只今人生何度目かの片付け中のさつきです。

ときめく片付けや片付けの本を片手に、日々片付けに取り組んでいます。

洋服の片付けを終えて、本や書類関係の片付けも終わろうとしています。

[kanren postid=”2161,2358″]

一年が終わろうとして、新しい年を迎える準備が始まろうとしています。

一年の最初の挨拶である年賀状。

あなたはどうしていますか?

わたしは、ある時から年賀状の片付けを決心し今では完全に年賀状を片付けしてしまいました。

 

もらった年賀状はすべて片付け

年賀状の片付けをしようと決めてから、まずは、人からもらった年賀状をすべて片付けしました。

はじめて年賀状を捨てた時は、少々心が痛みました。

やはり人からもらった手紙を処分するというのは罪悪感にさいなまれますよね。

友人から届いた子供の写真入りの年賀状は、処分に迷ってしまいました。

ですが、この先この年賀状を見返すことはあるのか?と、自分に問うと、答えはNO。

二度と見返すことはないでしょう。

年賀状も贈り物と同じで、受け取った時にその役目は十分に果たしたのです。

近況をハガキという形で知らせてもらったに過ぎないのです。

だから、送ってくれた人の近況がわかって用が済んだら処分していいのです。

たとえ写真付きであっても、それはただの紙でしかありません。

写真付きの年賀状を捨てても罰は当たりませんし、写真の人物に災いがあることもありません。

そう思えるようになったら、届いた年賀状を片付けすることに何も迷いもなくなりました。

今は、年賀状をもらったら、即処分しています。

ただ、お年玉付き年賀はがきについては、抽選結果が発表されるまでは保管しています。

けど、抽選のことを忘れてしまって、結局処分する羽目になることも・・・。

 

夫の年賀状について

夫の年賀状もずいぶんと片付けさせました。

今、夫の手元にある年賀状は住所録のための年賀状です。

ですから、新しい分の年賀状は保管してありますが、それ以前の年賀状については処分です。

最初は、捨てることに抵抗のあった夫でしたが、じわじわとわたしの片付け攻撃に合ううちに、捨てても惜しくないと思うようになったようです。

 

子供の年賀状について

幼稚園や習い事の先生から子供宛てに年賀状が届きます。

それらについては、子供が取って置いて欲しいと言えば、無理に片付けをすすめません。

まとめて保管箱へ入れてあります。

子供の物は子供自身が決めることが大切です。

 

年賀状を片付けして気付いたこととは?

人からもらった年賀状を片付けして気付いたことがあります。

それは、処分することの辛さです。

特に写真付き年賀状は、捨てることに申し訳なさを感じます。

処分に慣れたとはいえ、くれた相手には、すぐ捨てたとは言えません。

そこで、わたし自身は決めました。

「人に写真付きの年賀状を送ることはやめよう。」

送られた相手が、気兼ねなく捨てられるように、自分が年賀状を送るなら文字だけの年賀状にしようと思ったのです。

しかし、そうなると年賀状は本当にただの形式だけの挨拶になってしまいました。

メイ
メイ
そんな年賀状もらってうれしいかな?
さつき
さつき
だよね・・・。

そう考えたら・・・。

さつき
さつき
年賀状自体いらないんじゃない?
メイ
メイ
別にメールで十分だよね?

そんな結論に至ったわけです。

 

ただの形式だけの挨拶なら、年賀状なんていらない

挨拶だけならメールでも十分

今ならラインというとっても便利なツールもあります。

かわいいスタンプと一緒にひとことラインすれば、それだけでも十分気持ちは通じます。

何も、手間暇かけて、年賀状を出さなくてもいいのです。

年賀状って、地味に大変じゃないですか?

まず、年賀状ハガキを買ってきて、文章を書いたり、イラストを入れたり、手書きでも印刷でも、何かしら手間がかかっています。

そして、書き終わったら、ポストへ投函しに行く手間があります。

年賀状を書くのが趣味ならいいのですが、そうでないならば、できるだけ書きたくないのがずぼら主婦のさつきです。

そして、今の時代、多くの人がそう思っているのではないでしょうか?

省けるものなら省きたいと。

 

年賀状の片付け!出さない宣言をして気付いたこととは?

ある時から、年賀状を自分からは出さないようにしました。

でも、届いた年賀状については返事を書いていました。

面倒に思ったけれど、出してくれた人の気持ちを考えると無下にはできなかったのです。

しかし、一昨年辺りからでしょうか。

来た年賀状についても返事は出さず、LINEでメッセージを送るようにしました。

なぜなら、先ほど言ったように、年賀状が面倒だからです。

 

そしてもう年賀状は出さないことを友人らにも宣言したのです。

さつき
さつき
もう年賀状出さないね~。LINEで失礼~。

ちょっと感じが悪いかもしれませんが、わたしにとって年賀状を出すというのは、それほど負担の大きいものだったのです。

出さなきゃ・・・と思いつつも、なかなか出せず、もらった年賀状から何か圧力を感じてしまう始末。

新年早々に、重たい気持ちにさせる物。

それがわたしにとっての年賀状だったのです。

そんなマイナスの感情でいるくらいなら、さっさとLINEでいいから返事をしたほうがどれほど気楽か。

相手に対しても、忘れた頃に返事が来るよりも、すぐにラインからでもメッセージが届いた方がいい気がするのです。

年賀状の返事をハガキで出さずに、LINEでするようになって気づいたことがあります。

それは、年賀状はある意味で一方通行の便りです。

新年の挨拶を互いに送り合うだけのものです。

ですが、LINEであれば互いにメッセージのやり取りが発生します。

簡単なやり取りですが、リアルな相手の声が聞けます。

それは、年賀状をただ送り合うよりも相手の存在を身近に感じられます。

面倒だからと片付けした年賀状ですが、思いのほかよかった出来事があったことを実感しました。

さて、来年の年賀状ですが、もちろんわたしは出す予定はありません。

しかし、子供の幼稚園や習い事の先生からは、今年も届くでしょう。

今までは、届いてから返事を書いていましたが、今度はこちらからも正月に届くように年賀状を用意したいところです。

目上の人への挨拶など、形式を重んじる場面ではまだまだ年賀状は大事なものですからね。

年賀状のデメリットばかり言いましたが、メリットだってあります。

それをどう感じどうするかは、あなた次第です。

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当のプレゼントが無料でもらえます。