ムダ夫 ネタバレ感想!主婦におすすめの漫画!

ムダ夫 のネタバレ感想です。

作者は、まるいぴよこ先生。

ムダ夫はぶんか社のストーリーな女たちの読者からの投稿を元にした実話の漫画です。

 

安田由利(41歳)は、小6と小4の子供のいる専業主婦。

夫の英明は44歳。中堅企業の会社員。

由利は、結婚当初から夫の無駄遣いの多さに悩まされていた。

無駄遣いをやめてほしいと言えば、「オレの稼いだ金だ」と言われるだけ。

パートをはじめてみれば、生活費はパートから出す始末・・・。

ついに我慢しきれなくなった由利は────・・・。

 

以下、ネタバレ含んだ内容になります

漫画は自分で読みたいというあなたは、まずは無料の試し読みからどうぞ~。

⇒ebookjapanで今すぐ試し読みする

⇒まんが王国で今すぐ試し読みする

リンク先サイトにて「むだおっと」と検索すると作品の候補が表示されます。

 

ムダ夫 ネタバレ

安田由利(41歳)は、小6と小4の子供を持つ主婦。

結婚当初から夫・英明(44歳)の無駄遣いに悩まされてきた。

由利は短大卒業後会社勤めをしていたが、夫と姑の希望で専業主婦となった。

夫の給料は夫が管理し家賃などは引き落とし、由利は月々の食費などの生活費をもらいやりくりしていた。

「携帯。買い換えたの?」

ある日、新しい機種の携帯を持ったいた夫に問いかける由利。

「ああ・・・。」

とだけ、生返事をする夫。

 

「この人、けっこうお金使ってるみたいだけど・・・貯金してるのかしら・・・。」

由利は夫のお金の使い方に少々不安を感じていた。

その後由利は、最初の子供を妊娠する。

それを告げた時の夫の顔は、うれしそうではなかった。

「子供っていろいろ金かかるだろ・・・」

ため息とともにそんなセリフを吐く夫。

ふっと不安がよぎる由利。

「ねぇ・・・。うちって貯金どれくらいあるの?」

夫にずっと気になっていた疑問を問いかける。

すると・・・

「実は・・・あんまり・・・」

そう、頼りなさそうな返事が返ってきた。

「出産は病院代、保険がきかないのよ。育児用品もそろえなきゃならないし、大丈夫なの?」

「だ・・・大丈夫だよ。今度のボーナス使えばいいよ。」

そう、夫は軽く返事をする。

由利は言った。

「できるだけ節約して貯金しましょう」

夫は笑顔で快く賛成してくれた。

そうして子供が生まれたのだが・・・。

さっそく、夫の手には新しビデオカメラが・・・。

「ビデオカメラ買ったの?」

「いいだろ。最新のデジカメだよ。田舎のおふくろにビデオ送るんだ」

「でも、前のが使えるのに・・。できるだけ、貯金しようっていったでしょ」

そう、たしなめる由利に夫は生返事ばかり繰り返すのだった。

ある日由利は夫に言った。

「ねえ、お給料私に管理させてもらえない?」

しかし、夫は自分の稼いだ金だからと、ゆりに管理を任せることはなかった。

そうこうしてる間に、2人目の子どもが産まれた。

夫は相変わらず、自分の欲しいものを買っている。

由利は、生活費をやりくりしても、いつもギリギリの生活をしていた。

下の子も幼稚園に入る年には、自由にできるお金もなく、働くことを決めていた。

そんな時だった。

他県の実家でひとり暮らししていた姑が脳梗塞で倒れてしまった。

麻痺が残る可能性が高く、すぐに介護の準備が必要だった。

由利は、夫から姑の介護を頼まれる

「姉と弟も結婚して家出てるし、俺は長男だろ。施設には入れず、世話してやりたい。母さんにはいろいろ援助してもらったし、恩も返したいんだ。」

援助・・・?

その言葉を聞き逃さなかった由利。

「援助・・・って?」

すると夫は驚くようなことを言ってのけた。

「結婚式や出産代・・・。幼稚園入園金とか・・・いろいろ・・・」

その時初めて、ゆりは援助のことを知った。

「介護費用は母さんの年金を使えばいいし、俺も手伝うから頼むよ。」

そういう夫の願いを由利は聞き入れ、姑を介護することとなった。

姑は由利を奴隷のように扱う

育児と介護の両立は由利に負担を強いた。

そのうえ、夫が姑に頼んだ援助は由利のやりくり下手が原因だと責められる。

姑の預金通帳は夫が管理し、由利は介護費用をもらう形だった。

手伝うと言っていた介護も何かと言い訳をつけては、由利ひとりにまかせっぱなしで、夫は何もしなかった。

そうして、姑が2年後に亡くなると、夫は介護を理由に、遺産を多めに手にした。

遺産を手にした夫は、家を買おうと言い出した。

少しは子供のために貯金をという由利の言葉に、百万円だけ子供名義の通帳にお金を入れた。

しかし、家具を新調し、足りなかった分はローン金額を上乗せする形を夫は取った。

「大丈夫、なんとかなるよ」

笑顔で言う夫に、ゆりは不安が拭いきれなかった。

そこで由利は、パートに出ることにした。

そのことを夫に言うと、

「そうだな、家のことちゃんとやれるならいいけど、俺には迷惑かけるなよ。それと、扶養内で働いてくれよ。」

妻の年収が~・・・。

配偶者控除が~・・・。

などなど、夫はもっともらしいことを言い、最期に主婦の働き口なんて、パートくらいだろ。と由利を蔑んだ。

下の子も幼稚園だったため、ゆりも夫の意見に従った。

パート先では話の合う知人も出来、働くのも楽しく、子供のために貯金しようと考えていた由利だった。

ところが・・・。

「今月の生活費、パート代からも出してもらえないかな?今月物入りで・・・」

夫は由利のパート代を当てにするようになったのだった。

「物入りってなんなの。ムダ遣いしないっていったのに」

由利が夫を問い詰めると、夫は逆ギレした。

そんな中、夫は新車を買うと言い出し・・・。

度重なる夫のムダ遣いについに由利は────・・・。

 

ムダ夫 の感想

読み終わって、かなりスカッとします。(笑)

いや~よかったよかった!あんな夫、こうなって大正解!

気分爽快です。

だけどだけど・・・

今まで、よく我慢したね。

本当おつかれさまでした。

この漫画に出てくる5作品は、どれも読者からの実話投稿を元に漫画化されているので、全部がリアルなわけです。

それを思うと本当に腹が立ったり、スカッとしたり。

共感しまくりでした。

私も、元夫には苦しめられてきたので、この漫画の主人公たちのように、なにか、してやれれば、最高でしたが、その強さはなく、泣き寝入りです。

まあ、それでも、このムダ夫に仕返しできた妻たちは膨大な時間をムダ夫に使ってきたので、その辺を考えると、ムダな時間を過ごしてしまったのかもしれません。

もっと早い段階で何とでもなったと思うので・・・。

よく我慢できたなあと思わずにいられません。

すごい忍耐力ですよね。

私には無理でした。

夫にムカついてる人は、何かしらヒントを得られるのではないでしょうか?

ムダ夫は一緒にいるだけで、あなたの人生もムダにします。

そんな夫はさっさと断捨離してしまいましょう。

ムダ夫の無料試し読みはこちら( ↓ )

⇒ebookjapanで無料試し読みする

⇒まんが王国で無料試し読みする

⇒楽天で試し読みする

リンク先サイトにて「むだおっと」と検索すると作品の候補が表示されます。