モトカレマニア のネタバレ感想!大人女子必見のノンストップラブコメディ!




モトカレマニアのネタバレ感想です。

作者は、瀧波ユカリ(たきなみ ゆかり)先生。

22歳のときに別れた元カレの存在を引きずる主人公ユリカ。

彼の名前を検索したり、心の中で会話したりと、元カレのマニアとしての日々を過ごしていた。

ところが、ひょんなことから働くことになった不動産店には、奇妙なメンバーとあの人がいて────!?

元カレが気になって検索したことのある大人女子必見のラブコメディ!

 

モトカレマニアの無料試し読みは?

モトカレマニア は電子書籍サイトのイーブックジャパン

電子コミックサイトのまんが王国にて無料で試し読みができます。

 モトカレマニア のおすすめ度 ★★★☆☆ 3.4

20代からアラサー大人女子におすすめ!

元彼のSNSをこっそりチェックしちゃったあなたは必見の漫画!

ちょっとおバカ?お茶目?でパワフルな主人公・ユリカに元気づけられます。

 

以下、ネタバレ含んだ内容になります

漫画は自分で読みたいというあなたは、まずは無料の試し読みからどうぞ~。

⇒まんが王国の無料試し読みはこちら

⇒ebookjapanの無料試し読みはこちら

リンク先サイトにて「もとかれまにあ」と検索すると作品の候補が表示されます。

 

モトカレマニアのネタバレ

主人公は難波ユリカ(なんば ゆりか)27歳の独身です。

社会に出て6年目の彼女の趣味は空想上の元彼(モトカレ)との会話を妄想すること。

就職活動がうまくいかない時も脳内のモトカレ(愛称・マコチ)になぐさめてもらっています。

その行為は友だちに危険と止められますが、本人は幸せでした。

ある日、仮就職できた職場でなんとそのモトカレと再会を果たします。

もちろんユリカは大喜び。

これはまさに運命の再会と、ときめきを禁じえません。

しかし、ユリカの想像に反してマコチは「元バイト仲間です」と職場の人間にあっさりひとこと。

そこからどうも自分の脳内のマコチと現実のマコチのギャップがあることを悟ったユカリ。

マコチを忘れようと様々なことにチャレンジしていきます。

新しい恋を始めようと努力してみたり、同僚となったマコチに冷たい態度をとってみたり。

その態度は周囲の人間にもあからさまに分かるようになっていきます。

マコチの反応を気にしないと思いつつも、どうしても振り回されてしまうユリカです。

 

モトカレマニアのネタバレ感想

恋をしたことのある女性であれば必ず共感できる漫画でしょう。

主人公のユリカの視点で描かれていくこの漫画は、モトカレのマコチの気持ちがさっぱりよめてきません。

現実の恋愛でも自分のことを少しでも気にかけているのか、それともなんとも感じていないのか・・・?

それにヤキモキして振り回される女性は多いのではないでしょうか。

振り回されている自分にイライラして、相手に「わたしは何も気にしていません!」と言ってしまったり。

いやいや、めちゃくちゃ気にしてるだろうと言われそうな冷たい態度をとったこと、わたしには経験があります。

世の女性も、特に10代や20代前半の頃は特に経験があるかもしれません。

いえ、たとえアラサーになっても、自分の気持ちに振り回されてしまう女性もいるでしょう。

だからこそ、ユリカの言動にハラハラしたりキュンキュンしながらも続きが気になってしまいます。

また、ユリカは八つ当たり気味に新しい恋をはじめます。

しかし、どうしてもモトカレが気になってしまいます。

もちろん読んでいる方は「モトカレを引きずったままなんて相手に失礼だよ~!」と思ってしまいますが、わたしはユリカの気持ちもすごくよく分かります。

モトカレをぎゃふんと言わせたいのです。

新しい恋人が出来たのに、それを喜ぶどころか「もういまさら手遅れよ!」と脳内のモトカレに語りかけるユリカ。

せっかくその恋が楽しくなってきても、またモトカレのささいな言動がユリカを振りまわして・・・。

と、どうにもこのモダモダとして感じにわたしはドキドキしてしまいます。

読む人によっては「しっかりしろ!」と言いたくなるような展開かもしれません。

しかし、こういった(勝手な)恋のシーソーゲーム的な展開が好きな方にはおすすめです。

 

モトカレマニア

ジャンル:女性マンガ

出版社:講談社

掲載誌:Kiss

別れた元カレ・マコチの存在を引きずり、順調にマコチを神と崇めつつ、元カレのマニアとしての日々を過ごしていたユリカ。

元カレの存在が気にかかる全女子必見!!

崇拝と恋愛の間で揺れ動く、爆笑必至のノンストップ・ラブコメディ!

無料試し読みはこちら( ↓ )

⇒ebookjapanで無料試し読みする

⇒まんが王国で無料試し読みする

リンク先サイトにて「もとかれまにあ」と検索すると作品の候補が表示されます。