断捨離して起こった心の変化

断捨離を少しづつしています。

今日は、断捨離を進めていったおかげで起こった心の変化をお話ししたいと思います。

断捨離の先にあった自分の気持ち

わたしが、断捨離をし始めてから、ずいぶんと経ちます。

途中、何度も挫折したり、部屋が散らかったままだったりしながら、今に至ります。

で、最近、自分自身の持ち物(洋服など)については、かなりミニマムになったのではないかなと思っています。

 

普段愛用しているバッグは一つだけ。

手持ちの靴は3足+長靴だけ。

 

そんな少ない持ち物で暮らしています。

もちろん、困っていません。

けっこう気に入ってます。

 

そこで最近よく思うことがあります。

それは

「もっと、いいバッグが欲しい」

「もっと、いい靴が欲しい」

ということなんです。

 

今わたしが持っている靴やバッグは、楽天でそれほど吟味することなく購入したものです。

もちろん、衝動的に買ったのではなく、手頃な値段で、使い易そうなのを吟味して買ったつもりです。

買ったばかりの時は、本当に良かったと思って使っていたのですが、毎日使っていると、しっくりこなくなったんです。

少ないものだからこそ見えてくる大切なこと

はっきり言うと、その靴やバッグに不満が出てきたんです。

だからといって、その物を捨てては、生活に困るので捨てられません。

捨てて次を買うのも、もったいなくてできません。

でも、心の中で思っているんです。

次買うときは、今持っている物よりもっといいものが欲しいし、それを買おうと。

こんな風に思うのは、初めてです。

安物であったって、気にいっているならそれでいいと思っていたんです。

ですが・・・。

安物は安物です。値段相応ということです。

特に、靴やバッグは安物感がよく出ます。

毎日毎日、安物を履いたり、持っているのがイヤになって来たんですよね。

少ない持ち物だからこそ、毎日使うからこそ、質のいいものを使いたい。

自分のお気に入りを使いたいと、強く思うようになったんです。

それはとても意外なことでした。

自分はブランド等には縁のない人間だと思っていたので・・・。

ですが、最近、ブランド物のバッグなどを見て、上質な雰囲気に惹かれてしまいます。

きっと、今までは、そう思う自分の気持ちも押し殺していたんです。

「だって、そんな高いもの(自分には)買えない」

「自分が持つには分不相応だ」

「これくらいの値段の物で十分だ」

というように、自分に言い聞かせていたんです。

 

断捨離で負の心も捨て去ろう

「高いものを買ってはいけない」

そう、どこかで、罪悪にも似た気持ちを抱えていました。

それが、手持ちの物が少なくなり、厳選されていくうちに、抑圧されていた自分の本当の気持ちが見えてきました。

だから今、心から本音が言えます。

「いい靴が欲しい」「いいバッグが欲しい」

自分には、それを持つだけの価値があるんだって(笑)

今までは、それが言えず、できずにいたんです。

まるで何かの呪縛にかかっていたかのようでした。

物を減らしていくうちに、その呪縛からも解き放たれていったように思います。

人は時々、自分の価値を下げて評価してしまいます。

「自分には似合わないから」

「こんな高価なもの使えない」

「お客様用にするから」

そういいながら、押入れにしまい込み使っていないものありませんか?

断捨離していった中で、そういったものが捨てられずにいたなら、一度、思い切って自分で使ってみてください。

使うことに違和感がなければ、それは素敵な毎日への一歩です。

もし、違和感があれば、迷わず処分してください。

それは、あなたには、価値のないものだったんです。

値段云々ではありません。

あなたにとって、価値あるものかどうか、ただそれだけです。

自分にとって、本当に価値があるものとの暮らしは、毎日が楽しいです。その物を使っている自分がうれしくなるんです。

わたしは、わたしを幸せにしてくれる次の靴とバッグをただいま探し中です。