暮らし

本の片付けをしたみたら思った以上に大切だと気づく

本の片付けをしました。

こんまりさんの著書の中には、片付けをするといい順番というのがアイテムごとに書かれています。

片付けられなかった人もこの通りに実践すれば片付く!片付けの魔法( ↓ )

 

まずは、洋服の片付けです。

その次に本や書類関係の片付けをすると片付けやすいというのです。

それにならって、先日、洋服の片付けをしました。

洋服の片付けの片付けはこちら( ↓ )

[kanren2 postid=”2161″]

片付けたのは、自分の洋服だけで、夫や子供の服は片付けていません。

※片付けの基本 他人のものは片付けない。

 

自分の洋服が片付いたので、自分の本の片付けをし始めました。

本は、以前にも片付けしてずいぶんと少なくなったのですが、今回改めてチェックしてみました。

すると、以前は必要だったものでももう必要ないと思うようになっていました。

 

手持ちの本をすべて残らず片付け

本や大昔に大量に片付けし、以後、買わない、持たないようになりました。

関連記事:ミニマリストの本の持ち方とは( ↓ )

[kanren2 postid=”79,80″]

 

どうしても必要で読みたい本だけは買ってもいいことを自分に課していました。

おかげで、手持ちの本は数冊しかありませんでした。

今回の片付け時には、3冊の本が手元にありました。

3冊とも電子書籍としては販売しておらず、手元から話してしまうことを躊躇していました。

ですが、実際に手に取って読むことはあまりなく、気合を入れて読み始めても、もう一度読んだ本は読み込むまでには至りませんでした。

そこで、今回3冊あった本をすべて片付けしました。

状態もよかったため、メルカリに出品。

わりと短期間で売れてしまいました。

今、わたしの手元に本は一冊もありません。

先日、図書館で借りてきた本が数冊置いてあるだけです。

それと、kindleで購入した電子書籍が1冊だけ。

[kanren postid=”77″]

 

自分にとって大切なものであった本をすべて片付けしてみたら?

本を完全に手放す前は、何か心に引っかかるものがなかったと言えば嘘になります。

片付けに慣れてきたとはいえ、手放すときはいつも何かしら心に感じます。

それは、離れがたい気持ちかもしれないし、捨てることへの罪悪かもしれません。

片付けの提唱者であるやましたひでこさんのおっしゃったように、物への執着という煩悩でしょうか。

やましたひでこさんの著書はこちら( ↓ )

 

それでも、それらを心に刻み、痛みを感じながらも、そっと手放すと、得も言われぬ開放感にも似た気持ちで満たされます。

それが、物への執着から解き放たれた感覚というのでしょうか。

物から解放され、解き放たれ自由を手に入れたような感覚です。

そして、何とも言えない幸福感にも似た気持ちになります。

人はしがらみの中で生きています。

それは、どうしようもないことです。

そんな中、ほんの些細なものからでも解き放たれた時、ホッとした気持ちになります。

それが、わたしにとっての片付けであり、片付けです。

本はわたしにとって、なかなか手離しがたいものでした。

ですが、今回それを思いきってゼロ(無)にしました。

そうすることで、本を所有する以上に大きなものを手に入れた気がします。

 

手離しがたい気持ちこそ片付けすると得られるものとは?

今の世の中、読みたい本が読めなくなることはあまりありません。

本屋にも、図書館にも、電子書籍にも、たくさんの本が溢れています。

手離した本がまた読みたくなった時は、いつでも読むことができる環境があります。

 

そのものが嫌いにならない限り、一度手に入れたものを手放すのは難しいです。

手離しがたい気持ち、わかります。

だけど、もうときめきもなくなり、必要でもなくなったのなら・・・?

そのものを自分から解放してあげることも必要です。

それが、そばにいてくれたものに対しての礼儀でもあります。

 

もう好きじゃない。

だけど嫌いになったわけじゃない。

だらだらとつき合い続けることに何の意味があるのでしょう?

意味があるというのなら、それはあなたにとって必要だということです。

だけど、そぼにいる意味さえなくなったら?

きちんとお別れするのがそのものへの礼儀です。

 

たとえ、別れが来ても、また必要があれば必ず出会います。

なぜかそういうふうに出来てるんです。

必要のないものを手放せば、あなたにとって必要な物と出会うようになっているんです。

嘘みたいなはなしだけど、ほんとです。

騙されたと思って、必要のないものを手離してみてください。

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当のプレゼントが無料でもらえます。