火葬場のない町に鐘が鳴る時はつまらないのか?感想レビュー




漫画「火葬場のない町に鐘が鳴る時」を読んだので感想レビューします。

実はこの漫画、ずっと読もうかどうか迷っていた作品でした。

それはなぜかというと・・・。

表紙の雰囲気が微妙そうだったから(笑)

おもしろそうな?おもしろくなさそうな?

そんな微妙なラインの漫画だったからです。

ですが、けっこう人気の漫画なので、やっぱり一度は読んでおこうと思って、読んだ次第です。

火葬場のない町に鐘が鳴る時は、eヤングマガジンにて連載中の人気漫画。

漫画:和夏弘雨(わなつこう)先生。

原案:碧海景(あおみけい)先生。

和夏弘雨先生のデビュー作です。

火葬場のない町に鐘が鳴る時の無料試し読みはこちら

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時の感想・読後の第一印象

で、読後直後の感想はというと・・・。

突っ込みどころは満載かもしれないが、おもしろい! でした。

続きが気になって、けっきょく9巻まで読んでしまいました。

「火葬場のない町に鐘が鳴る」のレビューもいくつか見ましたが、けっこう賛否両論ですね。

つまらない!という人と、おもしろい!という人とで真っ二つに分かれる感じです。

中には、読んでてイライラするというレビューやひどくけなすレビューもありました。

わたしの感想はというと、そういったレビューのどれもが当てはまる感じの漫画です。

レビューにもよくあった突っ込みたくなる要素のひとつ

「なぜ、その選択をする!?」「登場人物バカすぎ!」という場面は、確かにたくさんあります。

ストーリーも飛んだりするし、ちょっと無理な気がする?というところも多々あります。

ですが、そういったことって、わたしが大人だからというのもあると思うのです。

おそらく、この作者さんたちよりも私の方が年上でしょう。

アラフォーから見ると、主人公たちの行動が浅はかで、突拍子もなくおバカに見えてくるんです。

(まあ、主人公の両親も、考えなしなところありますが、あの主人公の両親ですからね。あり得ることかな?)

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時の楽しみ方

主人公は、まだまだ10代の子供です。

たくさん選択を間違うこともあるでしょうし、感情が突っ走ることもあるでしょう。

きれいに漫画が収まらないそれこそが、主人公・勇人のような感じがします。

そう思って読んでみると、これが、なかなか面白い。

間の抜けたセリフも、説明口調だって、みんな勇人という人物がそういうやつなんだもの。

本来は脇役タイプかもしれない勇人のような主人公がいたっていいはずです。

きっちり構成立てられた漫画作品もおもしろいし、そういった枠からはみ出した漫画作品もまた、面白みがあります。

バカな子ほどかわいいと言いますように、考えなしの人物たちがこの先少しずつ成長していき、漫画自体も成長していく姿を見るというのも、おもしろいです。

それなのに、漫画のストーリー、設定として、つまらないと言い切ってしまうのは、非常にもったいないと思うのです。

つまらないと思わせる要素も、自分はそう思ったけれども、他の人はそうではない場合だってあります。

つまらないと言われる中にもおもしろいところや、実はつまらなくなかったという事だってあるかもしれない。

こういった漫画があってもいいし、このハチャメチャ感をおもしろいと感じる人間もいるんです。

何より「火葬場のない町に鐘が鳴る」は、漫画家・和夏弘雨先生にとってのデビュー作。

それを考えると、かなり上位ランクの作品になるのではないでしょうか?

デビュー作からして、この話題性。

今後の作品が気になるところですね。

味のあるシーン、ハッとさせられる瞬間。

そういった要素がいろんなところに散らばっている漫画作品です。

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時はつまらないしおもしろい

漫画ですからね、ただの娯楽でいいんです。

ちょっと読んでおもしろかった~つまらなかった~という全体の感情は大事。

ただ、もうちょっとひとつひとつの細かいシーンに目を向けると、また違った楽しみがみえるのではないでしょうか?

第一印象ムカついたけど、意外といいやつかも?

そんな風に思うことってありますよね?

それと同じです。

まあ、ますますイヤになることもありますが・・・。

話題となった作品で、これほど、つまらない、イライラさせられると言われる漫画もなかなかないのではないでしょうか?

人にそういった感情を抱かせることができるというのもまたすごいことです。

いい意味でも悪い意味でも、何かしらの影響を与えることができるというのも、ひとつの才能ではないでしょうか?

この「火葬場のない町に鐘が鳴る時」ですが、読んでいるうちにだんだん面白くなります。

1~2巻だけ読んでつまらないといって、読まないのはもったいないです。

つまらない中にもおもしろさがあります。

つまらなくっておもしろい!

それがこの漫画の良さでもあります!

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時の10巻(最新刊)は?

「火葬場のない町に鐘が鳴る時」は現在9巻まで発売されています。

10巻(最新刊)は、9月20日に発売予定となっています。

いよいよ、あの異形の化け物、冥途様の弱点に気付いた主人公・勇人。 形勢逆転に見えた戦いだったが・・・勇人に異変が────・・・・!!

漫画の一気読みって大好きです。

その世界に浸れるのが本当に楽しいです。

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時の無料試し読みはこちら