暮らし

節約と貯蓄のために家計簿は大切だけど必須ではないという話

お金を貯めたい。

節約して貯金を増やしたい。

そう思って、まずするのが

よし!じゃあ節約するためには、何にお金を使っているのか家計簿をつけてみよう!

と、家計簿を付け始めます。

わたしも、何度そう思ってつけ始めては挫折したことか・・・。

家計簿に秘められた主婦力検定力

確かに、お金を貯めたい、貯金を増やしたいとか、思って、お金の流れを知るために家計簿を付けることは有効です。

ただし、つけることができれば、の話です。

わたしみたいにずぼら主婦には、まず、家計簿を付けることができませんでした。

何度挑戦しても、続かない。

必死でレシートためて、ため続けて・・・。

でも、家計簿に記入するのが面倒になって、何度見なかったことにしてレシートの束を捨てたことか・・・。

そのときの、罪悪感、敗北感。

なんて自分はだめなんだろう・・・という気持ち。

これは、何度味わってもつらいです・・・。

家計簿ひとつにここまで自分を否定されるとは!!

おそるべし家計簿の力。

家計簿が続かないだけで、主婦としての自分を全否定されたようで・・・。

家計管理の出来なさに、何年、嘆いたことかわかりません。

家計簿をつける本当の目的は?

ですが!

もう悩みません!

そもそも、家計簿をつけなきゃお金の流れがわからないって、誰が決めたんですか?

把握の仕方なんて、自分流でいいじゃないですか?

家計簿を付けようとした目的ってなんだったか?

目的は、毎月、きちんと貯金して、貯蓄していくこと。

これが達成したいこと。

これが出来れば、別に家計簿なんて言う時間ばかりかかって実の少ないもの必要ない!

だって、貯金できなかった分が支出でしょ?

単純じゃない?

そう、開き直って、全部自分流にしたら、自然とお金も貯まったし、だいたいのお金の流れも理解しました。

きっちり数字出せと言われても出せないけど、

先月の食費がいくらかだったなんて、わからないけど、

けど、ちゃんと貯金はできてるし、少しずつ貯まって、総資産は増えてるし。

それでいいんです。我が家は。わたしは。

家計簿を付ける時間があったら、漫画の一冊でも読んでいたいと思うぐうたら主婦なんです。

だって、家計簿付けるの楽しくないんですもの。

やらなくてもいい上に楽しくないことをやる必要あります?

わたしは、やりたくないんです。

そういうことで、我が家では、家計簿、なくなりました。

家計簿付けるのが続かないって人は、続けることをやめてみてもいいのではないでしょうか?

楽ですよ。

ただし、やめるからには、きちんと貯まる仕組みづくりをする必要がありますからね。

それだけは、大切です。

 

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当のプレゼントが無料でもらえます。