台ふきんを清潔に保つために大切な3つのこと

台ふきんを清潔に保つために大切なことが3つあります。

これを気をつけるだけで、日々のお手入れは簡単になります。

毎日、面倒な正しい台ふきんの洗い方をする必要はありません。

 

正しい台ふきんの洗い方( ↓ )

台ふきんの正しい洗い方で清潔真っ白ふきんを実現!

2016.12.13

 

台ふきんを清潔に保つために大切な3つのこと

  1. 使い終わったらすぐ洗剤で洗う。
  2. 洗った台ふきんは、完全に乾燥させる。
  3. 濡れた状態で再び使用することを繰り返さない。

 

1.使い終わった台ふきんはすぐ洗剤で洗う

これは、雑菌の繁殖を防ぐために、大切なことです。

片付けでも掃除でもそうですが、汚れをためない、放置しないことが大事。

汚れたら、すぐきれいにする。

台ふきんについても同じことが言えます。

使い終わったら、ささっとでいいので、洗剤をつけて水洗いできるといいですね。

 

とは言ったものの、わたしは・・・たまにしかできてません・・・(;^_^A

わたしのようなずぼら主婦さんは、洗剤なしでもいいので、ささっと水洗いだけでも、できるとだいぶ違いますよ。

わたしは、それさえできずにいることもしょっちゅうです・・・。

 

2.洗った台ふきんは、完全に乾燥させる

台ふきんにとって、何が一番よくないかというと、濡れたままの状態で放置されていることです。

湿っていると、すぐに雑菌が繁殖します。

雑菌は、じめじめが大好きなんです。

 

ですから、とにかく乾かすこと。

これが大切です。

 

わたしみたいに、使い終わって水洗いしたまま、キッチンの流しに置いておいたらダメですよ~。

 

台ふきんを干す場所は、どこでもいいです。

自分にとって干しやすい場所ならいいのです。

毎回のことなので、手間でないところに干し場所をつくるといいですよ。

そうしないと、わたしのように気づいたら流しに放置・・・になりますからね。

 

天日干しが苦でないなら、天日干しがおすすめです。

殺菌効果も期待できるし、乾くのも早いですからね。

何度も言いますが、わたしにはできませんでした。

 

3.台ふきんを濡れた状態で再び使用しない

洗った台ふきんを、そのまま乾かさずに、すぐ使う。

そんなふうに乾ききらずに湿った状態で使わないことが大切です。

 

朝食時に使った台ふきんを乾く前に、昼食時に使って、乾く前にまた夕食時に使う。

これを繰り返すことで、目に見えない雑菌が増えていきます。

 

そして、気づいたら洗っているのになんだか台ふきんが臭い。

薄汚れてきた・・・。という事態になるのです。

 

これを実践するには、お天気のいい日は、天日干しするなどして、次に使うまでには完全に乾燥させる。

もしくは、一日に使用する台ふきんを2~3枚使って、ローテーションするという方法があります。

 

台ふきんを清潔に保つために大切な3つのことのまとめ

実際に、この方法をやってみて、しばらくはよかったです。

台ふきんは清潔に保たれて、使うときに台ふきんが乾いていると気持ちがよかったです。

なので、この方法ができる方にはおすすめのお手入れ方法です。

 

ですが・・・。

わたしは、この方法でも台ふきんのお手入れが続きませんでした。

もう、どんだけずぼら主婦なんでしょう・・・。

ひと月もすると、完全に台ふきんは流しのその辺に置かれていました。

そして、うすら汚れてイヤ~な臭いも発しておりました。

 

とことん自分のダメさ加減を知ったわたしは、さらなる台ふきんのお手入れの仕方を考えることにしたのです。

 

そして、たどり着いたのが・・・。

究極のずぼら!?台ふきんを洗濯機で洗っちゃいました!( ↓ )

台ふきんを洗濯機で洗ったら面倒だったお手入れが簡単に!

2018.04.28

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です