お金のこと

4人家族の年間家計簿公開!40代夫婦と小学生2人の生活【2020年】

4人家族(40代夫婦と小学生子供2人)の我が家の年間の家計簿(2020年)を公開しています。

  • 40代の年間家計簿ってどんな感じ?
  • 4人家族の家庭の年間家計簿が気になる
  • 小学生の子どもがいる家庭の年間家計簿が知りたい

このような疑問にお答えします。

我が家は、40代夫婦と2人の小学生の子どもがいる4人家族です。

我が家の稼ぎは夫のみの一馬力。

毎日、お仕事がんばってくれている旦那さんには本当に感謝しています。

そんな子育て主婦家計のリアルな家計簿を公開しています。

4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿や家計管理を知りたい方の参考になれば幸いです。

この記事の内容

  • 4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿公開【2020年】
  • 4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿振り返り【2020年】

 

40代子育て世帯の平均年収はどれくらい?

40代、子育て世帯の平均年収ってどれくらいだと思いますか?

気になったわたしは、いろいろと調べてみました。

こちらの記事⇒「【2020年9月】40代夫婦と小学生子供2人(4人家族)の家計簿」に書いてありますので参考までにどうぞ。

わたしの家計管理の仕方についても簡単に書いてあります。

4人家族の家計簿公開!40代夫婦と小学生2人の生活【2020年9月】4人家族(40代夫婦と小学生子供2人)の我が家の家計簿(2020年9月)を公開しています。 40代の家計簿ってどんな感じ?...

 

4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿公開 【2020年】

4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿(2020年)の公開です。

2020年の我が家の口座入金額は、480万円ほどでした。

この480万円の中には、住宅ローン減税制度による控除が16万円ほど含まれています。

ですから、実際には、460万円ほどとなります。

この辺ざっくりとした計算になってますが、ご理解くださいませ。

クレジットカード支出の年間家計簿公開(2020年)

クレジットカード(楽天カード)支出の年間家計簿の公開(2020年)です。

我が家の主な支出は、クレジットカードで支払うようにしています。

クレジットカードは楽天カードを使うことがほとんどです。

クレジットカードをひとつに絞るのは、その分ポイントもお得にたまりますし、管理も楽になるからです。

楽天カードには、楽天カードアプリという家計簿アプリがあります。

これが、ほんとうに便利で家計管理をまったくしてなかったずぼらな私でもなんとなくお金の流れは把握することができていました。

楽天カード家計簿アプリについてはこちら( ↓ )

楽天カードの家計簿アプリで面倒な家計管理がめちゃ簡単になった!楽天カードの家計簿アプリを使ったら、面倒だった家計管理がめちゃくちゃ簡単になりました。 この記事では、楽天カードアプリの家計簿の機...

 

クレジットカード支出の年間家計簿公開(2020年)

電気・ガス 179000
水道   73000
浄水器   11000
通信 150000
食費 820000
日用品 120000
夫費   56000
車費   94000
特別 810000
交通費 120000
チャレンジタッチ   88000

2020年の我が家のクレジットカード支出の合計は 2,521,000円でした。

「特別費」について

こうして見てみると「特別費」項目が高いことがわかります。

これは、改善の余地ありですね。

我が家の「特別費」というのは、とにかく「食費」や「日用品費」のように毎月同じ項目で支出があるものではなく

月ごとにランダムに支払いがあるものをすべてまとめています。

いわゆる「衣料費」や「美容費」「娯楽費」など、すべてコミコミの項目となっています。

これは、楽天カード家計簿アプリで集計するときに、楽だったからという理由でそうしていました。

しかし、いざ、こうして年間支出を把握しようとしたときに「特別費」がどんなものにお金を使ってきたのかわかりにくいですね。

これは、少し改善する必要がありそうです。

もちろん、このくらいざっくりでもいいという人は、このままでも もちろんOkです。

ですが、わたしは、もう少し年間の「衣料費」など把握しておきたいと思いました。

また、これでは、生活に必要なお金だったのか、ただの浪費としての支出だったのかもわかりません。

この生活に必要なお金だったのか、ただの浪費だったのかが不明と言うのは、家計管理において致命的とも言えます。

早急に改善しなければいけませんね。

「車費」について

今年は、車検の年でもありました。

そのため、車費 94,000円のうち、クレジットカードで支払った車検代が 50,000円ほど含まれています。

「食費」について

年間の食費(外食費・酒代・米代込)は、820,000円ということです。

月額約68,000円ということで、4人家族の食費としては平均的だと言えるのではないでしょうか。

あと、数千円でも減らせたらうれしいのは本音ですが、食費を節約することを優先しようとは思っていません。

それでも、来年は、年間で800,000円以下になれたらいいなあと思います。(でも、ケチケチはしたくない)

年間クレジットカード支出まとめ

こうして見てみると、節約できそうなところは、やはり「特別費」ですね。

「水道光費」や「通信費」「夫費」については、とくにこのままでもいいかなと思います。

「交通費」は高額に見えますが、すべて給料に込みの価格です。

職場移動があれば、給料からなくなる仕様なので特に気にしないようにしています。

2020年は、いろいろ購入したのでまあ仕方ないという気持ちです(←自分に甘い)

2021年は、気持ちを少しだけ引き締めたいと思います。

現金支出の年間家計簿公開【2020年】

次に現金支出の年間家計簿を公開します。

現金支出の年間家計簿公開【2020年】

貯蓄 560000
小学校費 255000
習い事 173000
現金 411000
自動車税   35000
車検   57000
学資保険&貯蓄 320000

年間現金支出の合計は 1,811,000円 です。

「習い事代」について

年間にすると、月々の習い事代の高さに驚きますね。

チャレンジタッチも合わせると、子供の習い事に年間26万近く支払っていることがわかります。

子ども1人当たり年間13万円。

子ども1人当たり月額1万円ちょっとの習い事代です。

これを高いと見るか、安いとみるかは 各家庭の判断でしょう。

小学校1年生~3年生の子供の習い事代金の平均は、およそ11,000円~15,000円です。

これから考えると我が家の習い事代は、まあ、ほどほどということでしょうか。

「車費(車検代・自動車税)」について

クレジットカード支出にもあった、車費の車検代。

現金支出分としての車検代は、56,000円でした。

車検代に10万円近い金額を使っていることになります。

これに、自動車税を合わせると、15万円近い支出となります。

さらに、自動車保険も含めると支出はさらに膨れ上がります。

車は贅沢品、金食い虫とはよくいったもので、所持しているだけでお金がかかります。

車2台を所有している家庭も多くみられますが、いったいどうやって家計のやりくりをしているのでしょう?

とてもじゃないけど、我が家には車2台を所持する余裕はないですね。

所持する必要もないですが・・・。

現金支出の年間家計簿公開【2020年】のまとめ

現金支出については、基本的に毎月決まった金額の支出です。

ある意味「固定費」に似た支出かもしれません。

ですから、このまま現状維持でいいかなと思います。

収入と支出の年間家計簿公開(2020年)

収入と支出の年間家計簿公開(2020年)です。

まず、年間のクレジットカード支出と年間の現金支出を足して、今年の生活支出(やりくり費)を出します。

年間クレジットカード支出 + 年間現金支出 = 年間の生活支出

2,521,000円 +1,811,000円 = 4,332,000円

2020年の生活支出(やりくり費)は 4,332,000円でした。

 

最後に、今月の口座入金額から生活支出を引くと、今月の収支が出ます。

口座入金額 - 生活支出 = 今月の収支計 

4,600,000円 - 4,332,000円 = 268,000円

もりみ
もりみ
やった~!268,000円の黒字だ~!

毎月のように赤字が続いていたので少々心配していましたが、2020年の年間収支は黒字でした。

これも、ボーナスのおかげでしょうね。

うれしい反面、かなりボーナスだよりの家計とも言えます。

家計管理において、ボーナス頼みの家計はよくはありません。

とはいえ、毎月の先取り貯蓄金額をギリギリまで上げているので、今のところ我が家はこれでよしとしています。

もし、ボーナスがかなり減るような事態があれば、そのときに切り詰めるか、貯蓄金額をゆるめるかしようと思っています。

4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿振り返り【2020年】

4人家族(40代夫婦と小学生2人)の年間家計簿振り返り【2020年】です。

今回、はじめて自分なりに家計管理をして、年間収支を出しました。

結婚生活10年にして、ようやく家計の状況を把握したということです。

根がずぼらでぐうたらなため、家計簿が続いたことがありません。

これまでは「なんとなく先取り貯蓄しているから大丈夫かな~」と、ゆるく家計管理しているつもりになっていました。

しかし、今までの家計管理はしているつもりであって、まったく家計管理できていませんでした。

今回、このことを痛感した次第です。

確かに「節約節約」とあくせくするのは、つまらないし辛くなってしまいます。

日々、我慢ばかりでは人生楽しくありませんから。

しかし、人生とお金は切っても切れる関係ではありませんから、しっかりと現状把握し家計管理するということはとても大切ですね。

結婚生活10年にして、はじめて家計管理をしてみて、資産総額を出したり、年間貯蓄金額を出したりしました。

こうすることで、我が家の現状がしっかりと目に見えてきました。

家計管理をするというのは、今まで自分や家族がどのような暮らしをしてきたのか知ることができます。

そして、これから先、自分や家族がどのように暮らしていけるのか?暮らしていきたいのか?を考えられるようになることに気付きました。

家計簿を集計して、家計管理をすることはとても疲れましたが、やってみて本当によかったです。

これからも、自分と家族の未来のために家計管理をしていこうと思います。

お金の学校「無料マネーセミナー」

お金の学校教養講座の「無料マネーセミナー」です。

60万人が受講したお金の学では、貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金のことから資産運用まで、お金について学ぶことができます。

お金の学校はこんな人におすすめ

  • 貯蓄体質になりたい人
  • 老後のお金が心配な人
  • 投資について学びたい人

気になったらまずは無料のWEBセミナー体験から。

お金の教養講座 無料WEBセミナーを見てみる