放課後カルテ ネタバレ感想!子育て主婦が読みたい小学校の医療現場!




放課後カルテのネタバレ感想です。

作者は日生マユ氏。

女性漫画としては、なかなか本格的な医療漫画です。

 

医師でありながら小学校の保健室の先生として働く主人公・牧野。

日々、子供たちの身体に向き合い、その病理を追求していく。

子供たちの心の問題にも真摯に取り組む姿は、特に感動ものです。

老若男女問わず、多くの人に読んでもらいたい漫画ですが、特に、お子さまのいる方にはおすすめです。

小学生くらいの子供のかかりやすい病気がわかるし、子供の心にも触れることができるこの作品は、子育てに迷う親に何かしらのヒントを与えてもくれるでしょう。

一話完結の物語で、内容が難しいわりに読みやすく、ちょっとした空き時間に1巻だけ読むというのもおすすめです。

 

注意

以下、ネタバレ含んだ内容になります

⇒ネタバレ前に放課後カルテの本編をチェックする 

※リンク先サイトにて「放課後カルテ」と検索すると素早く作品が表示されます。

 

 

放課後カルテ ネタバレ

産休の岩見先生の替わりに学校医として新しく赴任してきた牧野。

不愛想でやさしさのかけらもないような牧野。

保健室で寝ていた少女・野咲ゆきを廊下につまみ出してしまう。

ゆきは、居眠りばかりする子供だった。
そんなゆきのことを、周りの人たちは、さぼっているのではないかと思っていた。

しかし、ゆき自身、どうして寝てしまうのかわからず苦しんでいた。

そんな中、ゆきのことを案じた5-2の担任の篠谷がゆきのことを牧野に話す。
「保健室に来ても、寝かさないよう指導してくれ」というのだった。

「前任の岩見先生が甘かったせいか、なにかと理由をつけて寝たがる癖がついちゃったみたいで」
そう、篠谷は続けた。

そんなとき、ゆきが校庭で倒れたという知らせが入った────・・・。

 

校庭で倒れたという、ゆきの元へ駆けつける牧野。

そうして、牧野はゆきの居眠りがただのさぼりではないと気づく。

目が覚めたゆきに問診する牧野。

しかし、牧野はゆきの話を一通り聞くと、一旦教室へ戻るよう伝えた。

教室に戻りたくないゆき。

周りの生徒が戻ってきたゆきをみて、ヒソヒソとささやくのがわかる。

歓迎されていないのは明らかだった。

そんな状況の中、授業は進むが、耐えかねたゆきが突然言葉を発する。

そんなゆきにクラス中が非難の声を浴びせる。

必死で弁解するゆき。

と、突然ゆきはその場で倒れこんでしまう。

いったいゆきの身体のなかで何が起きているのか────!?

校医として赴任してきた牧野の手にゆきの運命がゆだねられる────・・・。

 

放課後カルテネタバレ感想

少女・女性漫画にはあまりない医療漫画ですが、かなりしっかりと描きこまれています。

内容は深く、読んでいるだけで勉強になりそうなほどです。

特に、小学生くらいまでの子供のいるお母さんには、一度読んでもらいたい漫画です。

小学生の子供に起こりうる病気やこころの問題が非常にわかりやすく描かれています

時々、子供の切ない気持ちに涙が出そうになります。

牧野や先生たちによって、少しずつ成長し、問題解決されていく様子は、非常におもしろく子育てのヒントをもらえるような感じです。

読んでいると、もっと子供に目をかけてやらなければいけないなあという気にさせられます。

と、同時に子供のことが愛しくなります。

 

過食症、ナルコレプシー、ベル麻痺などといった、名前も知らない、けれども、小学生たちの身近に潜む、病気の数々。

そのひとつひとつの病気に向き合い、その子供と真摯に向き合う主人公・牧野の姿、そして一生懸命に生きる子供たちの姿に思わず涙が溢れます。

 

放課後カルテの無料試し読みはこちら( ↓ )

※リンク先サイトにて「放課後カルテ」と検索すると素早く作品が表示されます。

 

 

小学生ママにはこちらの漫画もおすすめ

次々と担任が辞めていく問題クラスの担任となった芳賀稲子(通称ハガネ)

敵は“モンスターペアレンツ&モンスターキッズ”

保護者と子供相手に真剣勝負!

ハガネの女 のネタバレ感想!子育て主婦が読みたい漫画!

2018.11.08

 












漫画をお得に無料で読む方法!



マンガ好き必見!
読みたい漫画をお得に無料で読む方法!

気になった漫画の続きをお得に無料で読むことができる裏ワザ的方法の紹介です。