マンガ

ヒメゴト~十九歳の制服~のあらすじ感想&見どころ!

ヒメゴト~十九歳の制服~のあらすじや感想、見どころを紹介します。

作者は、峰浪りょう先生です。

モバMANにて連載された作品です。

ヒメゴト~十九歳の制服~のあらすじ

普段、格好も言動も男性っぽく「ヨシキ」とまで呼ばれてしまっているが、実は女の子らしくに憧れている由樹(ゆき)。

その由樹を中心に、天然美少女を装っているが実は〇〇して男を見下している未果子、王子と呼ばれるほどの容姿を持ち彼女もいるが、実は女装癖のあるカイト。

それぞれにとっての制服を巡る物語。

ヒメゴト~十九歳の制服~の見どころは!?

三人が出会ってお互いの本性がばれてから徐々に変わっていく所。

カイトがズバズバ言ってそのおかげで女の子を学び、女の子らしい服装に手を出したりして変わっていく由樹とか。

冒頭の

「世の中には女の子の格好して女と・・・大好きな男もいる」

「知らなかったー? はじめましてー」のやりとりは好きです

ヒメゴト~十九歳の制服~を読んだ感想は?

まさにタイトル通り、それぞれのヒメゴトを読んでいく話です。

性的な部分もありますが、綺麗なというか本当この物語には必要な物だなと。

いやらしく感じない。

そういう表現があるから、と避けてた人にも読んでほしい。名作です。

そしてそのまま最後まで読みきって欲しい。

ラストまで見守って欲しいというかきっと一巻でも読んでしまったら、気づいたら読みきってしまった、という事が起こると思います。

作者さんが上手で、台詞量も、伏線も上手くて表情も何もかも丁寧でだれる部分が少しも無いです。

所々主人公達が辛い場面がやはり出てくるのですが、一緒に苦しくて泣きそうになりながらも一気に読みました。

ただただ濃い。

必死に毎日を生きている主人公達に感情を揺さぶられてしまう。

そして必ず誰かに共感してしまいそうになる漫画です。

ヒメゴト~十九歳の制服~がおすすめなのはこんな人!

読後感があるものが読みたいときやしっかりしたストーリがあるものが読みたいとき。