節約家計のちいさな贅沢から生まれる幸せ




節約を日々心掛けているミニマリスト主婦です。

ただ、節約しなきゃ節約しなきゃと毎日毎日がんばっている・・・わけではありません。

長年のミニマリスト的節約習慣が身に付き、自然とあまり無駄のない生活をしています。

もう、節約が身についてる状態なのであくせく節約に励んではいません。

まあ、そんな私でも、たまにぱ~っと使っちゃうときもありますが・・・。

もともとは、浪費家タイプなので、使いすぎた時には、気合入れます。

気合だけ入れます(苦笑

節約生活の中のちいさな贅沢

そんな我が家、普段はしないけど、ちょっとした贅沢を楽しむことがあります。

最近の小さな小さな贅沢は・・・

赤たまごを買う、です。

何それ?そんなの贅沢なの???って言わないでくださいね。

我が家では普段は、お値段の安い白い玉子しか買いません。

いえ、正確には買えません。

だって、同じように10個入ったたまごがあって、おなじような味(厳密には違うけど・・・)で、そんなに大差なかったらどうですか?

やっぱりお値段安い方を買うのが超~庶民の主婦じゃないです?

その証拠にいつも行くスーパーでは、白いたまごの方が売れ行き抜群です。

無くなるのが早いのが白たまごです。

ちょっとでも安い方が節約になりますもんね。

ですから、毎日毎日、白たまごでした。

たまごかけご飯にはまる娘に夫がしたこと

さて最近長女は、テレビでやっていた卵かけご飯に、はまっています。

すごくおいしそうだったんでしょうね。

以来、かなりの頻度で朝ごはんが卵かけご飯になっています。

おまけにテレビでは黄身だけをスプーンですくって少し?食べたようなんです。

おかげで、長女も真似してちょっと困ってます(^_^;) ご飯と一緒に食べるんだよ~と夫に言われていました。

そんな長女の様子から、夫は、おいしい赤たまごに目覚めてしまったわけです。

かわいい娘が生で卵を食べるなら、白いたまごよりおいしい赤たまごを買ってあげようって。

私以上に節約家の夫です。

いつもは買わない赤たまごをスーパーのかごに入れるようになりました。

私には「赤たまご買ってやってな」って言うようになりました。

朝食時には、いつもの子供茶碗では食べにくいだろうと、大人用の茶碗を使うよう子供や私に言うようになりました。

実は、白だろうが赤だろうが、子ども茶碗だろうが大人茶碗だろうが、どっちでもよくない?

一緒じゃん??って内心、旦那の態度に面倒さを感じていたわたしです・・・

節約生活がもたらすささやかな日常のしあわせ

ただでさえ卵好きの我が家。

ちいさな冷蔵庫にたまごがありすぎて、冷蔵庫の中では卵パックの封が開いた状態で、パカパカしています。

ひじょ~にイヤな光景です。

が・・・がですよ。

かわいい娘のために、いそいそと赤いたまごを買ってあげて、丁寧に茶碗の指導までしてくれる。

ぷりぷりの黄身を自慢げに教えてくれる夫。

「おいしいだろ~」とうれしそうに子供に聞く夫。

「おいしい」とうれしそうな娘の笑顔。

うん。悪くないな、こういう光景も。

ささやかな日常の幸せの1ページみたいで、なかなかいいもんだね。

そんな風に思えるようになりました。

使いきれないほどお金があれば、それはうれしい。

お金持ちになりたい夫婦です。

何も考えずにスーパーで好きなものをかごに放り込むのが夢です。

けれども、こんな小さな小さな贅沢でも、幸せを感じるなら、節約生活も悪くないかもしれない。

普段ミニマリスト生活してるからこそ、感じることなんだろうな。

だからって、貧しいのはいやですけどね。

忙しい朝の時間に、ほんのちょっとやさしい気持ちになれる暮らし。

そんなおだやかな日常を楽しみたいと思う今日この頃です。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です