ハクメイとミコチのネタバレ感想!森に暮らすこびとの女の子の物語




ハクメイとミコチのあらすじや感想、見どころを紹介します。

 

ハクメイとミコチってどんな漫画?

作者は、樫木祐人先生です。

KADOKAWAの漫画誌『ハルタ』にて連載中です。

2018年にテレビアニメが放送されました。

森で暮らす身長9cmのハクメイとミコチ。

彼女たちから見る不思議な世界の物語です。

 

ハクメイとミコチのあらすじ

ハクメイとミコチは、森で暮らす小さなふたりの女の子。

木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり。

昆虫や鳥の背に乗ったり。

入院にお泊まり会に行列と盛りだくさん。

小さな鳥だってかっこいいんだよ。

ミコチは入院に来たはずなのに。

ジャダの初めてのお泊り会!

「行列の待ち時間って楽しいよね」

そんな彼女たちの日常が素敵に描かれてます。

 

ハクメイとミコチの見どころは!?

7巻に描かれた騎鳥便の鳥の雄大な姿が見どころです。

ハクメイもミコチも目の当たりにしたら感動するよね。

それから、美味し美味しいごはんがた〜くさん出てきます!

彼女達の食卓ったら本当に羨ましいかぎりです。

自分もこの世界にいられたらな〜なんて読みながら思ってしまいます。

 

ハクメイとミコチを読んだ感想は?

ハクメイとミコチが果物や野菜と一緒に出てくると彼女達が身長9cmなんだと自覚しますが、今回は鳥!!

1巻で出てきたように鳥との比較ができちゃいます。

そうして見ると彼女達は本当に小さいんだなと思うと同時に可愛らしく感じ、癒されてしまいます。

騎鳥便、最も早く最も確実で最も高価な配送手段で、一般の人は抽選で依頼できるらしいです。

実際の運び手と直接やりとりできるあたり、僕らが飛行機で荷物を運んでもらうのとは全然感動がちがうでしょう。

そんな感動が読者に伝わるくらいに描写が細かく、尚且つ設定もしっかりと描いています。

そして、ハクメイとミコチといえば、何と言っても出てくるご飯が本当に美味しそうに見えます。

病院食だって美味しそうなんです!

 

ハクメイとミコチがおすすめなのはこんな人!

嫌なことや辛いことがあった時に、そして癒しを求めている時におすすめです。

絵の描写が細かいのに、なぜかミコチとハクメイが出てくると癒される。

美味しそうな料理に身長9cmの世界。

見るもの全てが新鮮で、素敵なんです。

>>>ハクメイとミコチを無料で試し読みする方法はこちら

 












漫画をお得に無料で読む方法!



マンガ好き必見!
読みたい漫画をお得に無料で読む方法!

気になった漫画の続きをお得に無料で読むことができる裏ワザ的方法の紹介です。