ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ネタバレ感想!結婚の嘘と真実!?




漫画「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」を読んだのであらすじ・ネタバレ感想レビューします。

この漫画「ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす」は、人気漫画家の丘上あい先生の新作です。

丘上あい先生の代表作に「やさしい子供のつくりかた」「きーちゃん先生の事情」「赤ちゃんのホスト」や「ネコろび八起き」などがあります。

「ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす」は、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」と「講談社」との共同プロジェクト作品です。

まんが王国だけの独占配信となっており、毎月15日・30日に連載形式で配信される予定の漫画です。

まんが王国にて先行配信中です。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がすのあらすじ

女性ファッション誌の編集部に勤める35歳の爽(さやか)は、結婚11年目。

広告代理店勤務の夫との間に子供はなかった。

なんとなくDINKSが定着していた二人。

だけど、さやかの本音は────・・・。

2人の間に波風をたてたくない。

そんな思いからさやかは、なかなか夫に本心を打ち明けられずにいたのだった。

愛と絶望と裏切りと────。

不条理な大人の恋に翻弄される主人公たち。

全員が裏切者という、1話目からの衝撃展開が待ち受ける!

 

注意

以下、ネタバレ含んだ内容になります

ネタバレ前にギルティの本編をチェックする 

※リンク先サイトにて「ギルティ」と検索すると素早く作品が表示されます。

 

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす1巻ネタバレ

誰かが私を呼ぶ声がする・・・。

その声に誘われてふっと目を覚ますと・・・。

目の前には、愛しい夫の姿。

結婚10年のさやかは、疲れてソファで眠っていたところを、優しい夫が声をかけて起こしてくれた。

「校了終わりで疲れてたんでしょ?ワイン買ってきたけど飲む?」

「カルパッチョ食べたくて、鯛買ってきちゃった。作るから横になってていいよ」

夫は微笑みながらそう言う。

本当に優しい人。

楽しそうに料理をする夫を見つめながらそう思うさやかだった。

優しくて完璧な夫。

誰もが羨むようなそんな夫。

だけど、そんな夫だからこそ、さやかは言えないでいることがある。

「子供が欲しい」

たったその一言が言えない。

さりげなく子供欲しいアピールをしても、ゆるくかわされてしまい、しだいにはっきり口にするのが怖くなっていた。

10年も夫婦をしていれば、なんとなく、わかる。

夫が子供を望んでいないことが・・・。

だから、さやかはフリをする。

本当は子供が欲しいのに欲しくないフリ。

夫婦でラブラブな週末を過ごすことが何より幸せだというフリ。

そうしていると、人ってけっこう嘘をつくのがうまいことを思い知らされる。

生きてくうえで、たいがいのことは嘘でできているような気がしてくるのだった。

そんな自分のモヤモヤに絶えられなくなってきたさやかは、自分だけの居場所に向かった。

そこは、小さなバーだった。

バーの扉をあけると、目の前に知った顔がある。

それは、久しぶりに会う年下の友人・瑠衣だった。

瑠衣に会って、気が緩んださやかは、

夫とのことを話し始めた。

明るくってやさしい瑠衣に話をしているうちに、さやかの気持ちもしだいに晴れていく。

そうして瑠衣が言った。

「やっぱさやかさんは、そうやって豪快に笑ってなきゃ。言いたいこと我慢してるなんてさやかさんらしくないですよ」

瑠衣のその言葉にハッとするさやか。

そうして、自分に言い聞かせるかのように瑠衣に宣言した。

「変だよね夫婦なのにね。ちゃんと言うわ私!」

そうして瑠衣に背中を押されて自宅に戻るさやか。

ベッドで寝ている夫に向かって、話し始めた。

「だから・・・子供が欲しいんです、私は」

ずっと思っていたけど、言えないでいたひとこと。

ようやく夫に伝えることができたさやか。

拒絶される────?

それとも、受け入れてくれる────?

さやかの心に期待と不安が入り混じる・・・。

見つめた夫はゆっくりと口を開き、話し始めた。

 

「子供が欲しい」

そう、はっきりと夫に告げたさやか。

直球勝負のさやかの言葉に夫の反応は────・・・?

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす1巻ネタバレ感想

最近のカップルの雰囲気満載の漫画です。

20代30代の女性は、かなり共感できるのではないでしょうか。

少しずつ自分と他人とにつく嘘。

それは、人を陥れるような嘘ではないかもしれないけれど、

真綿で首を絞めるように、じわりじわりと苦しくなる優しい嘘。

この漫画は、せつないのに、きゅんとしてしまうそんな不思議な空気を纏っています。

まさに、ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~というタイトルがピッタリくるような世界観。

ちなみに、ギルティ(Guilty)とは、英語で有罪の意味です。

甘い誘惑、優しい嘘。

罪とわかっていても、蜜に誘われる蜜蜂のように囚われてしまう・・・。

なんだかそんな妖しくも美しいエロティックな大人の恋と結婚が詰まっているような漫画です。

そして、何よりも繊細な画質からは程遠いような悪魔の展開。

一話からの衝撃に、きっとあなたも驚きを隠せないでしょう。

 

ギルティは無料で試し読みができます( ↓ )

ギルティを無料で読む

リンク先サイトにて「ギルティ」と検索

 

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす2巻あらすじ

結婚10年経っても優しくかっこいい夫。

けれども、夫は子供を望まない。

母親はいらない。

女の人という爽だけを望んだ・・・。

ショックを隠し切れない爽にさらに衝撃的な事実が発覚した────・・・。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす2巻ネタバレ

嘘でもいいから

「ごめん俺。子供は欲しくないんだ」

子供が欲しい。

そう夫にはっきりと告げた爽だったが、夫の返事は冷たいものだった。

「ずっと恋人みたいな夫婦でいたいから・・・」

「子供を産んで『女の人』から『お母さん』になってほしくない」

薄々は気づいていた。夫が子供を望んでいないかもしれないことを・・・。

けれども、これほどまでに、拒絶されるとは思ってもいなかった・・・。

 

ショックを隠し切れない爽は、部屋を飛び出していった・・・。

だが、夫はそんな爽をなぐさめるでもなく・・・。

夫が帰宅したのは、翌日だった・・・。

 

騙し騙されて

爽は自分の居場所であるBAR「チートン」に今日もいた。

そこに、瑠衣も現れて・・・。

マスター(龍)の結婚談議で盛り上がる。

マスターは2回の離婚経験者だった。

「なんで離婚したか聞いてもいい?」

爽がマスターに問う。

「どうも似たような人選んじゃうんだ」

そういいながら龍が話し始めた。

今までの結婚相手は、2人とも嫉妬深かったこと。

結婚が終結を迎えようとしている頃には、龍の携帯を勝手にチェックして監視されていたこと。

そのくせ、最終的には他に男を作って出て行ってしまったこと。

 

そんな龍の結婚・離婚話を聞いた爽は、思わず非難するかのように叫んだ。

「え!?なにそれ!ありえない!!」

ところが、その瞬間の瑠衣の目は冷ややかだった。

もちろんそんな瑠衣に爽は気づくはずもなく・・・。

 

さらに衝撃的な一言をアルバイトの未来(みき)が言い放った。

「じゃあそれって、最終的には龍さんの行動を見張るっつーか。自分が身動きとりやすくするための監視だったわけっすね」

 

夫婦という名の嘘

仕事が終わると、夫のカズから、メールが入った。

「今日、外で食事しない?」

 

街を歩きながら、我が子に苛立つ母親を見て爽は思う。

どうして、「お母さん」という生きものは、いつも文句ばかり言っているんだろう。

自分で望んで産んだのに・・・。

 

そう思いながらも、自分はどうして、我が子を欲しいと願うのか────・・・?

 

結婚して10年経つが、未だに爽は夫のカズをかっこいいなと思う。

そう思うのは子供がいないからだろうか?

これが、自分たち夫婦にとっては自然な形なんだろうか────?

 

壊れ始めるとき

夫婦二人でディナーを楽しんだ爽は、ひとりゆっくり湯船につかっていた。

お風呂から上がると夫のカズは、もうベッドで寝ていた。

そっとその場を離れようとした爽は、足元に置かれていたバッグを落としてしまう。

音を立てないように、そっと散らばった荷物をバッグに戻そうとしたとき・・・。

 

爽は妙なものを発見した────・・・!

それは、見たこともないものだった。

爽の心に、BAR「チートン」での会話がよみがえる・・・。

まさか────・・・!?

そうして、爽は重要なことに気づいてしまった────・・・。

爽はベッドで眠る夫の顔を見つめた────・・・。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす2巻ネタバレ感想

裏切り。

広がる疑惑。

愛憎入り混じるサスペンスラブストーリー。

まさにそんな言葉がピッタリくるような漫画です。

何かセンセーショナルな出来事が勃発するようなリアクションの大きな漫画ではないです。

けれども、静かに水面下で繰り広げられる人間模様が、読んでいて本当に怖い。

きっとリアルでいたら嫌になる。

読んだ人の中には嫌悪感を感じる人もいるかもしれない。

けれども・・・。

実は、すごく身近な出来事でもあって、気づいていないのは自分だけ────!?

そんな怖さを常に秘めている漫画。

一番怖いのは人の心で、男女の愛憎はまさにそれ。

そして、それをおもしろいと思うのもまた人間。

物語に惹きつけられて、意外な自分の本音に出会える漫画です。

 

ギルティは無料で試し読みができます( ↓ )

ギルティを無料で読む

リンク先サイトにて「ギルティ」と検索

 

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす4巻あらすじ

夫・一真(かずま)への疑惑に友人優希(ゆうき)の不貞発覚!

1話から衝撃展開が続く「ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす」

優希との仲は最悪になって、さらに爽は疑いをかけられる・・・。

弱った爽に夫は優しい言葉をかけて抱きしめてくれて────・・・。

 

何が真実で何が嘘なのか!?

わからないことには目を瞑れ・・・。

それが結婚なのか────!?

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす4巻ネタバレ

結婚と恋愛の間で不倫する女たち

久しぶりに友人と夕食を一緒にすることになった爽。

焼き肉屋で女ふたり、肉を焼いていると、爽がぽつりとつぶやくように言葉を発した。

「ねえ、不倫てどう思う?」

爽の突然の言葉に驚く優希(ゆうき)。

「さやか、不倫してんの!?」

「ち、違う違う!!」

慌てて否定するさやか。

「世間的にね。最近そういう話題多いからどうなのかなあって・・・」

言葉を濁すように探すようにさりげなく会話を続けるさやか。

それに対して友人の優希の答えは、「不倫は当事者だけの問題」だという。

 

そんな優希の答えを疑問に思うさやか。

確か以前は、優希は不倫系を毛嫌いしていたはずだったのに────・・・?

まさか────・・・!?

 

ふと疑問が爽の頭をよぎる。

その疑問を優希にぶつける爽。

 

そして、その予感は見事に的中する。

優希が不倫────!?

その事実に納得できない爽は、不倫を正当化する優希を批判した。

爽の発した言葉は優希を苛立たせるのに十分だった・・・。

 

気まずいまま別れた爽と優希。

まさかこのことが原因で、優希の身にあんなことが起こるとは、この時はまだ気づいていなかった────・・・。

そしてそれは、爽と優希の中を割くには十分すぎる出来事だった・・・。

 

騙す男に騙される女

優希との関係にヒビが入ってしまった爽は泣き崩れる。

そんな爽を夫の一真(かずま)はやさしく慰める。

夫の優しさに、愛情を感じる爽。

優しく抱きしめられ、キスされて・・・。

「俺がいるから・・・」

そう耳元でささやかれて・・・。

「愛してるよ」

そんな愛しい夫の言葉は魔法のように爽の心を穏やかにした・・・。

しかしその裏で夫は・・・。

ベッドで眠りにつく爽を背中に、メールをする一真。

その表情にはさっきまでの優しさはかけらも無かった────・・・。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす4巻ネタバレ感想

いや~!いい展開です!

丘上あい先生、最高です!!

 

4巻ですが、見どころ満載です。

わたしが、一番きゅんっとなったのは、ラストのシーンです。

爽が友人の若菜(わかな)と電話しているときのことです。

若菜の口からある人物の名前を聞きます。

その名前に胸が高鳴る爽・・・。

そのときの爽の気持ちが痛いほどわかる!

爽と同じように心臓がドクンッってなってしまいました。

そして、ぎゅっと胸が切なくなって油断したら涙が出てきそうに・・・。

忘れられない人がいるあなたなら必ず共感すること間違いなしの展開です!

 

1話から衝撃的な展開が続き、全員が裏切者と言うなんともあくどい漫画ギルティ(Guilty=有罪)。

このまま毒々しい展開になるかと思いきや、5巻にして少し物語の局面が変わります。

主人公・爽(さやか)の過去に焦点があてられ、なぜ今の爽と言うサレ妻が形成されたのかが見えてくるのです。

そのストーリーを垣間見た読者は妙に共感せざるを得ないでしょう。

爽という人物にグッと惹きつけられた5巻です。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす5巻あらすじ

あんなに愛されたがっていた人を私はほかに知らない

でもそれが「私」である必要はないということは

小さいころから知っていた────・・・。

それは爽が幼い頃から抱えている心の闇────。

それは爽だけのモノであって、夫と共有するモノではなかった・・・。

 

けれどもその爽の痛みを分かち合える人物がひとりだけいた────・・・。

それは、爽にとって忘れられない人。

そして、ともに大切なものを失った人だった────・・・。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす5巻ネタバレ

爽は昔から夫の一真(かずま)に親のことを話さなかった。

爽が親のことを話したがらないのを知っていて、夫の一真もそれ以上踏み込んできいてくることはなかった。

それは、気を使っているのかそれとも興味がないだけなのかはわからなかったが、爽にとっては助かっていた。

それ以上踏み込まれたくない────・・・。

それは相手が夫であってもだった・・・。

いや、夫だからなのだろうか────!?

なぜなら、爽は一真に嘘をついているから・・・。

 

不倫=有罪(ギルティ)!?

爽が家を留守にしていた頃、一真はこともあろうか瑠衣(るい)を家に上げていた・・・。

「家に行きたい」

瑠衣のそんな言葉に反対しなかった一真。

「瑠衣はなんで俺がよかったわけ?」

そんな一真の言葉に瑠衣は出会った頃のことを思い出す。

「だって、初めて会ったときから、欲しかったから・・・」

 

一真の家を後にしてエレベーターに乗り込む瑠衣。

同じころ、帰宅した爽もエレベーターを階下で待っていた。

下へ下へ降りていく瑠衣の乗ったエレベーター。

そして1階に着いた時、エレベーターのドアが開くと────・・・!?

 

ホントのギルティ(有罪)は誰なのか!?

爽は仕事でイタリアンの店に行くことになった。

その店の前に到着した爽は昔を思い出す。

(この店って・・・)

高鳴る爽の鼓動────・・・。

店の扉を開けるとそこに立っていたのは────・・・。

 

ギルティ鳴かぬ蛍が身を焦がす5巻ネタバレ感想

いつかあなたと出会うために────・・・。

出会った時に結婚している事実を隠したい────・・・。

だから爽は結婚指輪をしない。

大切なものだから、失くしたくないから・・・。

そんな嘘を爽は夫につく。

本当は大切な人にいつか出会いたいから指輪をしていないのに。

そんな風にずっと思い続けている人が爽にはいた。

その人と出会ってしまったのが5巻です。

その出会った瞬間というのが、また何ともきゅんとしてしまいます。

そのときの気持ちって、結婚してるとかそういうのは関係ない。

別の次元で心が感じてしまうから、自分ではどうしようもないんですよね。

そんな爽の感情が丁寧に描かれています。

そして、そんな感情を抱くようになってしまった経緯も垣間見れます。

爽の抱く心の闇。

それをともに分かち合えていた人。

誰にでもそんな人が一人はいるのかもしれません。

普段は心の奥底の箱にしまっているそんな気持ち。

それが突然開いてしまったら────・・・。

揺れ動き始めた爽の感情がすごく伝わって来て・・・何とも言えない気持ちになります。

そしてこの後の展開にますます目が離せなくなってしまう5巻です。

 

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~はこんな人におすすめの漫画

結婚10年の夫婦が主人公ですから、結婚している人はもちろん、少し大人の恋愛中の人にもおすすめの漫画です。

いろんな立場の人間の価値観・感情が垣間見れます。

他人の不幸は蜜の味とはいったもので、下世話な話題も漫画ならでは、十分に楽しめます。

 

ギルティは無料で試し読みができます( ↓ )

ギルティを無料で読む

リンク先サイトにて「ギルティ」と検索

 

こちらの漫画もおすすめ

浮気や不倫を公認しているカップルの結婚の噓と真実をリアルに描いた漫画「1122」

夫とのレスに悩むアラサー女性を描いた「あなたがしてくれなくても」

結婚って何だろう!?

夫婦の問題を問われる話題の漫画です。

 

 












漫画をお得に無料で読む方法!



マンガ好き必見!
読みたい漫画をお得に無料で読む方法!

気になった漫画の続きをお得に無料で読むことができる裏ワザ的方法の紹介です。