グラップラー刃牙(漫画)あらすじ感想!異種格闘技の魅力!




グラップラー刃牙はいろいろな格闘技の第一人者による異種格闘技戦を描いた漫画です。

グラップラー刃牙は、刃牙シリーズの一番最初の作品となり、作者は、板垣恵介氏。

週刊少年チャンピオンにて連載されました。

アニメ化もされた大変人気のある漫画作品です。

数ある刃牙シリーズの中でダントツのおもしろさです。

グラップラー刃牙は今すぐ無料で試し読みができます。

⇒グラップラー刃牙を今すぐ無料で試し読みする

リンク先サイトの検索窓にて「ぐらっぷらー」と入力すると、すばやく作品を表示してくれます

グラップラー刃牙のあらすじ

主人公の少年が範馬刃牙という名前なのですが、刃牙がこの異種格闘技戦のチャンピオンに君臨しています。

このチャンピオンである刃牙を倒そうと、たくさんの名のある格闘家が勝負を挑んできます。

この戦いに出てくるキャラクターは格闘家と名乗るぐらいですから、空手だったり、ボクシングだったりという格闘技の使い手がほとんどなのですが、刃牙は、格闘技という枠にははまらずに、刃牙流の戦い方で、格闘家を倒していきます。

この刃牙という少年は、プロの格闘家をも倒していくような強さを持っている反面、普通の高校に通う高校生という一面を持っていたりします。

格闘技が好きな人はもちろん、今まで格闘技なんて見たことがないという人でも読みやすい漫画になっています。

グラップラー刃牙を読んだ感想

私は、グラップラー刃牙に出てくるキャラの中で、花山薫というキャラが一番気に入っています。

この花山薫というキャラは未成年でありながらも、日本一の喧嘩師という異名を持っていて、圧倒的な腕力と強い男気でヤクザの組長をやっています。

花山薫も刃牙と同様に格闘技をやっていた訳ではないので、花山流として戦います。

ただ、刃牙と違って日本一の喧嘩師という異名通りに格闘技的な戦い方ではなく、喧嘩的な戦い方をしていきます。

格闘技と喧嘩はどちらのほうが強いのかという点において気になる人も多いと思います。

花山薫は普段、口数が多くなくて、感情が分かりづらいのですが、中身がしっかりしていて、人情味があるところが私は好きです。

もちろんですが花山薫も刃牙と戦います。

どちらの強さも桁違いなので、そんな2人が本気で戦ったら、命を落としてもおかしくないような死闘になります。

ただ、命の危険があるような戦いをした2人はお互いを認め合い、良き友になっていきます。

このシーンは男臭さがあって、本当に好きなシーンです。

他の作品では一つの格闘技についての描かれているものが多く、刃牙シリーズのようにいろいろな格闘技の異種格闘技戦のようなものを題材にしているものは多くないと思うので、そこを楽しんでもらえたらと思います。

ただ、絵のタッチが独特なので、そのせいで読むのをやめてしまう人もいるかもしれないのですが、そんなこと気にならなくなるぐらい内容が面白いです。

私は、グラップラー刃牙を読むまで格闘技なんて興味もなかったのですが、この漫画を読んでからは一番強い格闘技は何なのだろうと考えるようになってしまいました。

本当におもしろい漫画です。

グラップラー刃牙は漫画サイトのブックライブにて無料で試し読みができます。

⇒グラップラー刃牙を無料で読む

リンク先サイトの検索窓にて「ぐらっぷらー」と入力すると、すばやく作品を表示してくれます。