断捨離の極意!気付いてないだけで本当は必要ないもの

先日、引っ越し当初から我が家に当たり前にあるものを断捨離しました。このものを断捨離したきっかけは、ふっとそのものを使用していないことに気付いたからです。

気付いてないだけで本当は必要ないもの

この2~3年、当たり前にありすぎてそのものが必要ないことに全く気付いていませんでした。もう、それが部屋の中の風景の一部になっていて、あって当たり前、そう思っていたんだと思います。

だけど、実は全く使用してないし、無くても全く困らないんです。

それは、何かというと、カーテンです。

え?カーテン?いるよね?

はい、レースのカーテンは我が家も必要かな?とかかっています。ですが、厚手のカーテンは、必要だろうか?そう気づいたのです。

ここで厚手のカーテンの役目を考えてみます。

厚手のカーテンの役目

  1. 外が暗くなってきたときに、外からの視線を遮る。
  2. 外からの冷気や熱を遮り、室内の空気を逃しにくくする。(断熱効果)
  3. 室内装飾

これらのことが考えられます。では、上記のことが必要ないと思うなら、カーテンは必要ないのではないかと思ったのです。

外が暗くなってきたときに、外からの視線を遮る。について

我が家には、窓にシャッターが取り付けられているため、日が暮れてくると早々にシャッターを閉めてしまいます。よって、カーテンがなくても外からの視線は遮られます。

外からの冷気や熱を遮り、室内の空気を逃しにくくする。(断熱効果)について

これも古い家なら断熱性を高めるために、必要性を感じるかもしれませんが、最近の住宅であれば、カーテンを閉めても閉めなくてもそれほど断熱効果には変わりは感じません。(細かい数値では差はあるかもしれませんが・・・。)

これは、シャッターを閉めることでも効果を上げているかと思います。

室内装飾について

これは、個人の価値観ですね。で、我が家の価値観は無駄な装飾は必要ないと思っています、無い方が室内がすっきりと広々として見えるので、よいと思っています。

断捨離はまずそのものに気づくことから始まる

こうして、あって当たり前だったカーテンについて、よ~く考えてみると、必要ないのではと思ったのです。

引っ越した当初は、シャッターが付いていない窓があったため、カーテンは必要でした。ですが、その後シャッターを取り付けたら、カーテンを閉めることがなくなったのです。

もともとシャッターが付いていた窓については、引っ越した当初に、数回閉めただけで、その後、いちいちカーテンを閉めることを面倒に感じ、閉めなくなったのです。

気付いたら、部屋の隅で埃をかぶっただけの布の集まりになりました。ほとんど使用していなかったため、定期的に洗ってきれいにするという事もしていませんでした。

そのためか、日々の生活臭が染みつき嫌な気を発しているようになりました。こうして、私は、当たり前にあったカーテンを断捨離することにしたのです。

なぜ、今まで気づかずにいたのか、自分なりに考えたのですが、カーテン以外に優先すべき断捨離するものがあったからではないかと思います。

それが、断捨離が進むことで、部屋が片付き、今まで気づかなかったカーテンの存在に気付くようになったのではないかと思います。

気付かなければ、何も変わりません。まずは気づく。これってけっこう大事なことなんですね。