家族の洋服の断捨離!すっきりクローゼット

家族の洋服の断捨離をしました。

夏が終わって秋ですものね。

わたしは、シーズンごとに簡単に自分の洋服と子供たちの洋服の見直しをしています。

衣替えというほど大それたものではなく、簡単にクローゼットにかかっている洋服を見直す程度です。

自分の洋服の片付け・見直し

わたし自身の手持ち服の総数は20~30着と少なく、すべてクローゼットのハンガーにかかっています。

洋服の片付け・見直しといっても、ざっと全体を眺める程度で終わります。

時間にしてものの数分で終わることもあります。

着ていた洋服の断捨離

シーズン中に来ていた洋服は着ている最中から、この服は今年で終わりの服、とか、来年も着れる服、などと頭で考えているので、シーズンが終わればその通りにします。

処分する洋服は、さっさとゴミ袋に入れて断捨離完了です。

そのときに、メルカリなどのフリマアプリで売ることはしません。

以前はしていたのですが、よほどのブランド物でない限り、それは時間と労力の無駄だと気づいたのでやめました。

関連記事→断捨離したものをメルカリで売るときの基準

シーズンの洋服の見直し

 

これからのシーズンの洋服にざっと目を通します。

なんとなくコーディネートを考えたりして、足りない洋服があれば、買う予定をたてます。

そうはいっても、服を買うことも手間に思うので、極力、買いません。

 

夏専用、冬専用という洋服は少なく、ほとんどがオールシーズン着ています。

重ね着したりとなんとか、手持ちで間に合わないか必死でない頭をしぼりコーディネートを考えます。

けしておしゃれ優先ではないところが、女としてどうなのよ?と思うこともありますが、今はこの方法がわたしには快適なのです。

 

洋服を見直した結果

さて、夏が終わって私が処分した洋服はというと・・・。

今回は、断捨離した洋服は一枚もありませんでした。

来年も着るか、秋までなら重ね着で活躍しそうなのでまだまだ保管という事になりました。

 

では、これからのシーズンの洋服はというと・・・。

昨シーズンにニットなどの冬物はすべて処分したため、2~3着くらいは、ニットが欲しいですね。

その購入したニットを今年の冬はフル活用したいところです。

 

あとは・・・

ちょっと帽子が欲しい。

 

夏場にずっとUV対策で帽子をかぶっていたのですが、その癖がついたのか、帽子がないと寂しい・・・。

 

秋・冬用の帽子があったらいいなあ・・・と思っています。

 

ですが、無くても困るものではありません。

購入を迷うところです。

 

子供の洋服の片付け・見直し

自分の洋服の見直しが終わると、子供たちの洋服の見直しをします。

子供たちの洋服もミニマリスト母らしく?単なる貧乏性?のため、数はかなり少なめです。

トップス、ボトムス、肌着と、すべてがクローゼットのハンガーにかかっています。

ざっと見直して、夏場の洋服は子供の手の届かない上のハンガーにかけます。

そうして、秋・冬の洋服を子供の手の届く位置のハンガーにかけます。

ざっと見直して、もう擦り切れてしまったり、小さくて来年は切れそうにないものを処分します。

断捨離上手な子供たち

今回は、冬の洋服を出している時に子供たちもお手伝いしてくれました。

子供でも、しっかりと自分の意思があるので、勝手には捨てられません。

子供に聞きながら、いらない洋服を一緒に断捨離できたので、片付けもはかどりました。

我が家の子供たち。私がしょっちゅう、「これはいるの?もういらないの?」

と、聞いてるせいか、決断が早いです。

 

年少の次女でも、一瞬で、いる、いらない、を判断します。

買ってあげたものを気に入らないからと、いらない。って即座に言われるのは、なかなか切ないものがありますね(笑)

まあ、そのおかげで、最近は、何か買うときも本人に聞いてから買うようになりました。

洋服も靴も数は少ないけど、自分のお気に入りを持っているせいか、それ以上欲しがることはありません。

あっても、わたしが買わないと知っているせいもあるかな(笑)

少ないもので暮らしたい母としては本当に助かっています。

気に入った洋服を見つけて、うれしそうにさっそく来ている次女がかわいすぎます(笑)

夫の洋服の片付け・見直し

こうして、子供たちの洋服も見直しが終わったので、次は夫の洋服。

といいたいところですが、わたしが勝手に判断して処分するわけにいきません。

断捨離のメソッドにもありますよね?

人の物を勝手に処分してはいけないって。

放っておくのがいいのかもしれませんが、普段、夫の洋服を洗濯してクローゼットにかけているのはわたしです。

手入れ、管理をしているわたしが気になるので、口を出す権利は十分あると思っています。

夫の都合のよさそうなときに時間を見つけて、さりげなく着ていない洋服について問いかけてみたいと思います。

というか、処分するように誘導したいと思います(笑)