セミナー資料や電化製品の説明書を断捨離して気づいたこととは?

書類関係の断捨離をしました。

まずは、部屋の床の上にわたし個人の書類と我が家の書類を集めました。

夫や子供個人のものについては関知しません。

断捨離の基本

他人のものは勝手に断捨離しない。

いままでにも何度か断捨離していたので、床の上に広げられた書類は、ほぼ重要書類です。

しかし、一部大量の用紙があります。

それは、ネットから印刷したセミナー資料でした。

 

セミナー資料を断捨離して気付いたこととは?

そのセミナー資料は何度か読みました。

それでもまだ読み足りないので繰り返し読もうと思って保管していたものです。

しかし、月日が経つにつれて、手に取る回数も少なくなりました。

しだいに、大量の用紙を邪魔に思うようになりました。

それでも、「また勉強するから・・・」

そう自分に言い聞かせて捨てられずにいました。

印刷して簡易的にでもファイリングしてあるその書類は、なんだか捨てるのが惜しくなっていたのです。

「捨てたらもったいない」

「だって手間暇かけて印刷して、ファイルも買って整理したのだから」

そんなふうにただの資料に気持ちを込めていたのです。

物に気持ちを込めると捨てるのが困難になります。

それが執着です。

ですがその執着した気持ちこそ断捨離する必要があります。

その気持ちを断捨離してこそ意味があるし、心が軽くなるのです。

今回改めて片付けたくて、自分い気合を入れるため、「ときめく片付け」や「断捨離」の本を手に取って読みました。

みー
買ったんじゃないよ。図書館で借りてきたんだよね~。

書籍を読み進めていくうちに、その大量のセミナー資料は、必要のないものに見えてきました。

そればかりか、実はわたしは資料に対してネガティブな気持ちも持っていたのです。

それは、セミナーの内容を実行できていないダメな自分というレッテルです。

資料が目に入るたびに、「がんばらなきゃ」という気持ちが沸きあがると同時に「頑張れないダメな自分」を突きつけられているような気持になっていました。

まるで資料に責められているような感じです。

「ダメな自分」「できない自分」

そう資料に会うたびに言われていたようでした。

 

その気持ちこそを断捨離しなければと気づいたのです。

確かに、セミナー資料の通りに完璧にはできなかった。

でも、やれることはやったし、ある程度頭には入ったからひとまずOK。

また必要なときがくれば、資料を手に取ればいいと思えたのです。

そう思えたのは、その資料がいつでも手に入るという確証があったからでしょう。

必要になれば、いつでもパソコンからコピーできるのです。

もっといえば、パソコンでいつでも見ることができます。

みー
じゃあなんでわざわざ印刷したの?
もりー
紙の方が読みやすいし、持ち運べるし、勉強した気になるじゃない?

ですが、もうその必要もなくなりました。

残ったのは、ただただ大量に積まれた用紙です。

「もういらないな」

わたしはそう感じ、大量の資料をゴミ袋に入れました。

ただ、このセミナー資料が、もう二度と手に入らないものだったら?

そう思ってしまったら、やはり断捨離できなかったかもしれません。

いつでも手に入れられることができる。という安心感は、ものを手放すときに大きな力を発揮するものなのでしょう。

希少性が高まると、手離しがたく感じるのは、まだまだそのものへの執着から逃れられていないのでしょうね。

 

電化製品の保証書と説明書の断捨離

そうして残った書類関係は、住宅購入関連や保険などの重要書類がほとんどです。

我が家には電化製品の保証書と説明書はありません。

保証書は、手持ちの電化製品の保証期間が過ぎたら処分します。

よって、只今我が家の電化製品で保証期間内のものはなく、保証書もありません。

 

では、説明書はというと?

電化製品の説明書は、以前ほとんど断捨離しました。

なんとなく旦那に言われて取って置いた方がいい気になっていた説明書。

一応、クリアファイルに入れられて、まとめられていました。

しかし、そんなに見ることはなく、クローゼットにしまわれたままでした。

テレビやDVDレコーダーの説明書は、とても分厚くクリアファイルに収まらず、しかたなくクリアファイルのとなりに無造作に立てかけられていました。

 

電化製品の説明書は、絶対にいらないものではありません。

何かあった時や定期的なお手入れの時には、手に取ります。

しかし、その頻度は少なく、年に数回あるかないかくらいです。

それなのに、そのためだけに何年も保管しておくことが嫌になってきました。

ファイリングも適当にしていたので、必要な説明書を探すのにも時間がかかりました。

すぐに目的の書類が見つからないのは小さなストレスでした。

 

そこで、ある時、電化製品の説明書を処分することに決めました。

その気持ちの後押しをしてくれたのはインターネットの存在です。

今は、電化製品の説明書はネットで簡単に見ることができます。

紙に比べたら多少の見づらさはあります。

ですが、あの大量の説明書を持たなくていいことに比べたらたいしたことではありません。

 

心配性のわたしは、説明書を捨てる前に、念のため手持ちの電化製品の説明書がインターネットにあるのかどうか確認をしました。

そして、確認が取れたものだけ処分することにしました。

というか、すべての電化製品の説明書がネットにありました。

みー
今の世の中すごいねぇ。

また、万が一を考えて、インターネットの説明書をダウンロードしておき、パソコンのフォルダにまとめておきました。

こうすることで、いちいち検索する手間も省けます。

おかげで大量にあった電化製品の説明書を断捨離することができました。

そして、セミナー資料用にと購入したファイルも一緒に断捨離しました。

100均で買ったものとはいえ、まとめて数冊購入しました。

そのときは、「ファイルにきれいに閉じて保存しよう」とウキウキしていました。

ですが、今思うと早まったことをしたものです。

何かを買うときは、一呼吸、一期間置いて、冷静になってから買わなければなりませんね。

勢いで購入したものは、必ずと言っていい確率で不用品になります。

いいかげん、物の買い方も学ばなければならないと痛く実感した出来事でした。













最新コミックも600円分無料で読める!

31日間の無料トライアルで映画・ドラマ・アニメ動画見放題!
600円分のポイントをもらって最新コミックが無料で読める!
70誌以上の雑誌が読み放題!