調味料を断捨離する基準|シンプルライフなキッチンを目指すために

先日、キッチンの調味料を2つ断捨離しました。ひとつは、ドレッシング、もう一つは刺身醤油です。

ドレッシングはまだ購入して日が浅く、とくに使用上の問題はありませんでした。じゃあなぜ断捨離したのかって言うと、おいしくなかったからです。

購入の失敗に気付いた時が断捨離の時

そのドレッシングは、先日はじめて購入したものです。我が家ではいつも購入するドレッシングは大抵決まっているのですが、それは、最近ダイエットを始めた夫のために、カロリーオフとかいてあったので、つい惹かれて衝動的に購入したものでした。

私は、我が家にはカロリーオフのドレッシングはないと思っていたので購入したのです。ところが、よくよく見てみると、我が家の愛用していたドレッシングもオイルオフのもので低カロリーのドレッシングだったのです。

愛用のドレッシングと、新たに購入したドレッシングとを比べてみると、愛用のドレッシングの方がカロリー低かったんです。(カロリーオフって書いてあっても、ゼロカロリーではないんですね。知らなかった。)

そこで、次に2つの味比べです。新たに購入したものは、お世辞にもおいしいとは言えず・・・。(夫にも不評)2・3回は我慢して使ったのですが、我慢してまで食べなきゃならないことに疑問が・・・。

だって、そのおいしくないドレッシングのおかげで、せっかくのおいしいサラダが台無しになるんですよ。そんなのおかしいですよね。

そう思ったら、無理してそのドレッシングを使う必要はないってことになりました。そうなると、当然この先、このドレッシングが減ることはないわけです。

この事実に気付いたら、もうこのドレッシングは断捨離するしかありません。だって、この先ずっと使用されることはないんですよ。いくら購入したばかりと言っても、今後使用しないのであれば、やはり捨てるしかありません。不良在庫を置いておけるほど我が家の冷蔵庫は大きくありませんから。

使用していない調味料は断捨離しても困らない

もう1つの調味料は、刺身醤油です。こちらは、使用しなくなって数か月経ちました。刺身を食べる時には普通の醤油よりおいしく食べられると思って、(夫が)こちらの刺身醤油を購入しましたが、けっきょく、(夫は)いつもの醤油の方がおいしいと思ったのでしょう。最初に一度使ったきりで、その後は冷蔵庫の奥で眠っていました。(夫はこの醤油の存在さえ忘れているでしょう)

もちろん、賞味期限は切れてはいません。中身もまだたっぷり残っています。ですが、この先、この醤油が使用されることはまずないでしょう。(私ががんばって使えば少しは減る?)

この2つの調味料に共通するのは、いつも使っているものではないけれど、試しにその場の衝動で買ってみたってことです。買い物に行けば、少なからずいつもとはちょっと違ったものを買うことってあると思うんです。食品であれば、調味料なんかはそういった傾向がよくあらわれるかと思います。

普段とは違った料理をしてみようと思った時、ちょっと変わった調味料を見かけた時、ふとパッケージをみるとおいしそうで思わず手に取ってしまったりと、いつもと違うものを購入することはちょっとテンションもあがって楽しいですしね?

だけど、家に帰って使用してみると・・・案外失敗したってこと多くないですか?カタカナいっぱいのおしゃれな調味料とか、買った時に一度使っただけで、あとはずっと調味料入れに入ったまま・・・ひどいと封も開いていないものもあります。(ありました。これらの調味料については以前に断捨離済みです)

こういったものはすべて断捨離対象です。もうね。みんな必要ないですから。自分でだって十分わかってますよね。だってまったく使っていないんですもの。

キッチンの調味料を断捨離する基準

  1. 買ってはみたものの、一度も封が開けられていない調味料
  2. 一度使ったきり、その後使用されない調味料
  3. 食べられないことはないけれど、積極的に使用したいと思えない調味料
  4. 二週間以上使用してないなど、最近使用しなくなった調味料

1、買ってはみたものの、一度も封が開けられていない調味料

気まぐれで、衝動的にその場の勢いで買うと、大抵こうなります。我が家にもこういった封を開けられないままの調味料がいくつかありました。(ほとんど、夫が購入したものですけどね)

これらの調味料が今後開けられることはないです。中には購入してから数か月も経っているものもあります。いくら未開封とはいえ、そんな調味料使って料理したものを食べたいですか?

いやですよ?私はいやです。ここは潔く処分です。もし、次にどうしてもその調味料が必要になったら(欲しくなったらではありませんよ)購入すればいいんです。この調味料は今のあなたに必要ありません。シンプルライフのキッチンを目指すのであれば断捨離決定です。

2、一度使ったきり、その後使用されない調味料

いいと思って購入しましたよね。この調味料でもっとおいしい料理ができると思って、夢見て購入しましたね。ですが、実際に使ってみたら・・・。思っていたのと違った。

思っていたよりおいしくなかった。想像と違った。最初は気合入れて使ったけれど、けっきょくそんな調味料を使う料理はしなかった。などなど。理由はいろいろですが、この調味料も、この先使われることはないでしょう。もしあったとしても、それは気まぐれだし無くなって困る調味料でないことは確実です。

1、と同様、断捨離決定です。

3、食べられないことはないけれど、積極的に使用したいと思えない調味料

おいしいと思って購入したものの、実際は思っていたほどおいしくなかった。いつもの調味料の方がおいしくって、結局これらの調味料が使用されることはないです。だって、誰が好き好んでおいしい調味料があるのにわざわざおいしくない方を使いますか?

遊びに来た友人にふるまいますか?「おいしくなかったけど、食べてみる?」もしかしたら、ご友人にはおいしいと思って、譲ることができるかもしれませんね。それならめでたしめでたし。

ですが、そんな機会あんまりないですよね?昨日今日買ったモノならいざ知らず、一週間も前に購入したおいしくないものを人に勧められますか?私には無理ですね。

というわけで、この調味料がおいしく食べられることはこの先もありませんので、いさぎよく断捨離です。もう二度とこの調味料は買わないようにしましょう。

余談ですが、私はドレッシング類でこういう購入の失敗をするんですが、ドレッシングの試食ができるといいなあと思う今日この頃です。最近は失敗がこわくて、いろいろ試せなくなってます。まあ今のドレッシングがかなり気に入ってるという事もありますけどね。

4、二週間以上使用してないなど、最近使用しなくなった調味料

これらの調味料は、おそらく以前は気に入って頻繁に使用していたのでしょう。量も半分以上減っていたりすることも多いです。ですが、人の気は移ろいやすいもので、他に好みの調味料ができてしまったんですよね。もしくは、その調味料の類を使用する料理自体をやめてしまったとかね。

その事実は仕方のないことです。冷蔵庫の奥で佇むその調味料を見てうしろめたさを感じることはありません。だって、一時は大好きでお付き合いしてたわけです。そのことに感謝してきっぱりお別れしましょう。未練は禁物です。

失敗から学びながらシンプルライフを目指していく

以上のような調味料は、すぐに断捨離しましょう。断捨離しても困りません。

シンプルな暮らしに憧れるなら、シンプルなキッチンにしたいと思うなら、これらのものは邪魔なだけです。

そう、頭ではわかっていても、人間嫌なことからつい目を背けてしまいます。私だって見ないふりして、長い間冷蔵庫や引き出しに入ったままでした。買い物の失敗って、なかなか認めたくないですからね。

だけど、今回この調味料を断捨離できて本当に良かったです。たった2本の調味料ですが、しっかりと向き合ってからの断捨離なので、今後同じような間違いは減ると思います。(たぶん)

今後の買い物で気を付けることは、家にあるものと重複するものは、「いいかも」と思って安易に購入することなく、よく比べてから購入すること。(衝動買いの禁止)

家にないものを購入するときは、失敗を覚悟で購入するかよく検討し、もし、失敗だと気づいたら、気付いた時点でそのものの処分を決めること。(時間を置くと捨てづらくなるため即断捨離)

失敗を恐れて買わないという選択もできますが、ここは迷いどころです。金額との兼ね合いもあるし、たまには冒険してみるのも人生の楽しみでもありますしね。

けどそんなことばっかりやってると、無駄遣いにもつながりますよね。その辺のバランスを大事にしたいですね。はい、シンプルライフへを目指してまだまだ修行中です。