断捨離して捨てたものを記録するといい理由




断捨離して捨てたものを記録することにしました。

そうすることで、さらにシンプルライフ・持たない暮らしを目指しています。

 

断捨離して捨てたものを記録するといい理由

なぜ捨てるものを記録するのでしょう?

そんなことするなんて時間の無駄だと思いませんか?かくいう私も以前はそう思っていました。

ところが、ある日ふと気づいたんです。

このアイテムって、前にも似たようなもの捨てなかったっけ?と。

そうです、私は、一度はいらないと思って捨てたものなのに、いつの間にかまた購入し、さらにまた捨てていたんです。

そのことに気付いて、ハッとしました。

片付けても片付けても片付かない。

モノが減らないのは、ものを捨てたのと同じくらいのスピードでものが入ってきていたからなんです。

このままでは、結局何もかわらない。

そう思いました。

捨てては買う。その繰り返しだからです。

これは、なんとかしなければと思って始めたのが、物を捨てるときにきちんと物と片を付けて捨てるという事です。

これが本当の意味での断捨離ですよね。

断捨離とは「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。断捨離 – Wikipedia

 

そうして、はじめたのが、ものとの対話。

そしてそのものの記録です。

 

断捨離して捨てたものを記録するといい理由

断捨離して捨てたものを記録するといい理由とは、断捨離して捨てたものの記録をすると、捨てた理由が明確になり、今後同じような失敗が無くなり、加速度的に断捨離が進むからです。

たとえ、似たようなアイテムを購入することになっても、その時には購入する必要があるだけの理由があるはずですから、同じことの繰り返しになることはありません。

 

断捨離して捨てたものの記録

今使っていないもの(アームカバー)

昨年の夏は毎日のように使用していた私のUV手袋(アームカバー)です。

次女を連れての公園が日課だったので使用していましたが、今年は次女も幼稚園に入園したので、公園通いがなくなりました。

そのおかげで、昨年は頻繁に使用していたアームカバーも今年はまったく使用せずです。

(替わりに今年から日傘が活躍しています)

このように、今の自分が使っていないものは断捨離するのがミニマリストとしての鉄則です。

手袋のひとつやふたつ、断捨離したところで収納が大きく空くことはありません。

ですが、こういった小さなものをこまめに断捨離することで得られる心地よさは、一度経験するとやみつきです(笑)

 

用途を満たないもの(枯れかけた観葉植物)

我が家のリビングには観葉植物のドラセナが置いてあります。

幸福の木というとっても縁起のよい植物です。

一鉢に3本のドラセナが植わっており、殺風景なリビングにさわやかさと癒しを演出してくれていました。

ところが・・・

3本のうち2本は根腐れし、ダメになりました。

そしてとうとう残り1本も、どうしても元気がなく、みすぼらしさ満載になってしまったので、とうとう断捨離することにしたのです。

完全に枯れてしまったわけではないので、少々心が痛みましたが、観葉植物を置いてある目的が植物を目にしたときの癒しなので、見るたびに残念な気持ちになるくらいならない方がましです。

実は、観葉植物を捨てたのはこれが初めてではありません。

何度も枯らしてしまっています。

このことからもう我が家のリビングには生の植物は上手に育たないという事がよ~くわかりました。(私の育て方が下手ともいう(苦笑

ですから、以後、生きた観葉植物を置くことはあきらめました。

素敵だなと思って購入しても、またダメにしてしまう恐れがあるからです。

今度はフェイクグリーンを置こうと思います。

本当は、リビングには大き目の観葉植物を置きたいんですけどね・・・。

無理なんでね・・・。

 

この先使用しないもの(物置に放り込まれていたもの)

 

物置って異次元空間です。

そこに入れてしまったものは、普段の生活からは切り離されて考えられます。

本当は無くなっていないのに、あたかもそのものが存在しなくなったかのような錯覚を起こします。

いらないものの山がそこにあるのに、きれいに見えなくさせることができるなんてなんてすばらしいんでしょう(笑)

物置様々です。

基本面倒くさがりの私ですから、そんな素敵な異次元ボックスに入れてしまったら最後。

永遠に放置です。

ですが、今回は違います。

だってミニマリストとしてシンプルに生きると誓ったばかりですから。

見ないふりしていたものともしっかりと向き合って、断捨離することにしました。

 

今後も使わないもの(使わなかった植物の薬関係)

庭に植わっていた樹木が病気になったと思い込んで、慌てて樹木の薬を購入したのですが、その樹木自体を断捨離したので、これらももういりませんよね。

新品だったのでちょっと捨てるのに躊躇していましたが、どう考えても今後使用することはないので、断捨離決定です。

やはり慌てて購入したものは、後々断捨離対象になりやすいです。

捨てるを減らすには、買い物の仕方自体を変える必要がありますね。

 

人からもらったもの(食器)

人からもらったものって、なかなか捨てられません。

このコーヒーカップ&ソーサーも使用しなくなってからも、なかなか断捨離できずにいました。

大事な人からもらった思い出の品として飾っておきたいというならまだしも、ただただ物置に置いてあるだけで、使用しないのなら、やはり断捨離するしかありません。

くれた人への感謝の気持ちは忘れず、役目を終えたものとは、きちんとさよならしましょう。

 

いつか使うかもしれない?もの(カーペット)

カーペットって大物ですよね。

まず購入した理由は、今の住居に引っ越してきた当初、リビングの床が子供に傷つけられることを恐れてフローリングに敷くために購入しました。

ところが、安く済まそうと妥協してサイズの合わないカーペットを購入してしまいました。

最初の数週間は使用していたものの、やっぱりきちんとサイズの合うものを購入しようとなり、このカーペットはあえなく処分となったのです。

安く買ったとはいえ、カーペットですからそれなりの値段はしました。

本当に捨てていいのか迷いました。

勢いで処分しようとしたときは、夫に反対されました。

「いつか使うかもしれないから置いておけばいいじゃないか」と。

そうして物置行きになったのです。

いつか使うかもしれないけど、もしかしたら何かの時に使えるかもしれないけど、その時に物置で眠っていたカーペットを使いたいかな?

なんか、ダニとかわいてて汚そう・・・。

そうして、夫のほとぼりが冷めるまで物置で眠っていましたが、ミニマリストの目覚めによって今回、(夫には内緒で)断捨離対象となりました。(よかったよかった)

大物は捨てるの大変ですよね。

大物購入の際は本当によ~く考えたほうがいいですよ~。

もう今回のことで懲りたので我が家にカーペットが来ることは二度とないでしょう・・・。(処分できて、すっきり☆)

 

まとめ

以上が、今回、断捨離して捨てたものです。

私にしてはけっこうな量を捨てたなって思います。

おかげで、暮らしの垢がすっきり落ちた感じです。

あなたもただ捨てるのをやめて、断捨離記録してみませんか?