断捨離

アラフォーゆるミニマリスト主婦が夫と子供の洋服を断捨離!やり方は?

アラフォーゆるミニマリスト主婦が夫と子供の洋服を断捨離したときのやり方を紹介しています。

自分、子供、そして夫の洋服の断捨離をしました。

夏が終わって秋ですね。

わたしは、シーズンが変わるごとに簡単に自分の洋服と子供たちの洋服の見直しをしています。

そして、必要であれば断捨離するようにしています。

※この記事は、2017年10月に最初に書いたものを2021年10月に加筆修正したものです。

アラフォーゆるミニマリスト主婦の洋服の見直し・断捨離

まずは、わたし自身の洋服の断捨離・見直しを行います。

子どもや夫の洋服を見直したいなら、まず自分の洋服を見直すべきだと思っています。

わたし自身の手持ち服の総数は20~30着と少なく、すべてクローゼットのハンガーにかかっています。

洋服の断捨離・見直しといっても、ざっと全体を眺める程度で終わります。

時間にしてものの数分で終わることもあります。

シーズン中に着ていた洋服の断捨離

最初に、シーズン中に着ていた洋服の断捨離・見直しをします。

シーズン中に来ていた洋服は着ている最中から

「この服は今年で終わりの服だな。」

とか

「来年も着れる服だな」

などと頭で考えているので、シーズンが終わればその通りにします。

処分する洋服は、さっさとゴミ袋に入れて断捨離終了です。

そのときに、メルカリなどのフリマアプリで売ることはしません。

以前はメルカリに出品していたこともあるのですが、よほどのブランド物でない限り売れません。

手持ちの服で高価なものはありませんので、メルカリに出品することは、時間と労力の無駄だと気づいたのでやめました。

ですから、シーズン中に着ていた洋服で処分する服はいさぎよく断捨離しています。

これからのシーズンの洋服の断捨離・見直し

着ていたシーズンの断捨離が終わったら、次にこれからのシーズンの断捨離・見直しをします。

これからのシーズンの洋服は、クローゼットの奥にかかっていますので、ざっと目を通します。

なんとなくコーディネートを考えたりして、足りない洋服があれば買う予定をたてます。

そうはいっても、服を買うことも手間に思うので、あまり買うことはしていません。

基本的に洋服を買うときは、必要だと感じたときだけです。

 

わたしは、夏専用、冬専用という洋服は少なく、ほとんどがオールシーズン着ています。

重ね着したりしてなんとか手持ちの洋服で間に合わせようとしています。

おしゃれを楽しむというよりは、日々の洋服選びに時間をかけたくない気持ちが強いです。

でも、ストールが好きで、ストールをまいたりしておしゃれを楽しんでいる感じです。

アラフォーゆるミニマリスト主婦が洋服を断捨離・見直した結果

さて、夏が終わってアラフォーゆるミニマリスト主婦であるわたしが洋服を断捨離・見直した結果はというと?

今回、断捨離した洋服は一枚もありませんでした。

来年も着るか、秋までなら重ね着で活躍しそうなのでまだまだ保管という事になりました。

というのも、昨シーズンにニットなどの冬物衣類はすべて処分したため、改めて断捨離する洋服がなかったのです。

だから、今シーズンは、断捨離よりも2~3着くらい新しいニットを買いたいですね。

その購入したニットを今年の冬はフル活用したいところです。

あとは・・・

ちょっと帽子が欲しい。

 

夏場にずっとUV対策で帽子をかぶっていたのですが、その癖がついたのか、帽子がないと寂しい。

秋・冬用の帽子があったらいいなあ・・・と思っています。

ですが、無くても困るものではありません。

購入を迷うところです。

 

迷っていましたが、1か月後くらいに、こちらの帽子を楽天で購入しました。

くしゅッとニットキャスケット

この帽子は、とてもあたたかく外出時には、いつもかぶっていました。

3シーズン活躍し、だいぶゴムが伸びてしまったので、新しい帽子の購入を機に処分しました。

アラフォーゆるミニマリスト主婦の子供の洋服の断捨離・見直し

アラフォーゆるミニマリスト主婦の子供の洋服の断捨離・見直しです。

自分の洋服の見直し・断捨離を終えたら、子供たちの洋服の断捨離・見直しをします。

子供たちの洋服の数もわたし同様かなり少なめです。

そして、すべてクローゼットにハンガーをかけてつるして収納しています。

トップス、ボトムス、肌着と、かけられる衣類はすべてかけています。

ざっと見直して、シーズン終わりの夏の洋服は子供の手の届かない上のハンガーにかけます。

そして、これからのシーズンの秋・冬の洋服を子供の手の届く位置のハンガーにかけます。

ざっと見直して、もう擦り切れてしまったり、小さくて来年は着られそうにない洋服は断捨離します。

子どもと一緒に洋服の断捨離・見直し

今回は、冬の洋服を出している時に子供たちと一緒に断捨離・見直ししました。

子供でも、しっかりと自分の意思があるので、勝手には捨てられません。

子供に聞きながら、いらない洋服を一緒に断捨離できたので、とてもはかどりました。

わが家の子どもたち、年長と年少です。

私がしょっちゅう「これはいるの?もういらないの?」

と、聞いてるせいか決断が早いです。

年少の次女でも、一瞬で「いる、いらない」を判断します。

買ってあげたものを気に入らないからと「いらない。」って即座に言われるのは、なかなか切ないものがありますが・・・

まあ、そのおかげで、最近は、洋服を買うときは、本人に聞いてから買うようになりました。

洋服も靴も数は少ないけど、自分のお気に入りを持っているせいか、それ以上欲しがることはありません。

少ないもので暮らしたい母としては本当に助かっています。

気に入った洋服を見つけて、うれしそうにさっそく着ている次女がかわいすぎです。

アラフォーゆるミニマリスト主婦の夫の洋服の断捨離・見直し

アラフォーゆるミニマリスト主婦の夫の洋服の断捨離・見直しです。

こうして、自分と子供たちの洋服の断捨離・見直しが終わったので、次は夫の洋服の断捨離・見直しです。

といいたいところですが、わたしが勝手に判断して処分するわけにはいきません。

断捨離のメソッドにもありますよね?

人の物を勝手に処分してはいけないって。

放っておくのがいいのかもしれませんが、普段、夫の洋服を洗濯してクローゼットにかけているのはわたしです。

手入れ、管理をしているわたしが気になるので、口を出す権利は十分あると思っています。

ですから、夫の都合のよさそうなときに時間を見つけて、さりげなく着ていない洋服について問いかけてみます。

夫の洋服の断捨離・見直しは時間をかけてゆっくりと

最初の頃は

「う~ん、まだ着るかも」

「高かったから捨てたくない」

なんてことを言っていた夫でしたが、日にちを置いて問いかけていくと?

ついにずっと着ていなかった洋服を断捨離することができました。

さすがに、20代に着ていた洋服はアラフォーともなると自分には似合わないと気づいたようです。

夫の洋服の何枚かは、メルカリに出品して処分しました。

わたしの予想以上の値段で売れたので、かなりうれしかったです。

次は、結婚以来ずっと履いていな夫のブーツがあるので、それを断捨離したいところです。

アラフォーゆるミニマリスト主婦が夫と子供の洋服を断捨離!やり方は?まとめ

アラフォーゆるミニマリスト主婦が夫と子供の洋服を断捨離!やり方は?まとめです。

わたし自身は、もう何度も洋服の断捨離・見直しをしてきて慣れていますので、簡単にできました。

難しいのは、子どもの洋服や夫の洋服の断捨離ですね。

「基本的に、人のものは勝手に処分してはいけない」

という断捨離の理念があるので、勝手に処分はしません。

ですが、子供には、片づけができるようになってほしいので「片づけ方」「断捨離の仕方」を少しずつ実践を交えて教えていっているつもりです。

そして、一番やっかいなのが夫です。

最初に記事を書いたのが、2017年10月。

そして、現在2021年10月。

4年の間(実際は3年くらい?)に、少しづつ着ていない洋服を手放すよう夫に促してきました。

結果、夫自身「もう着ないな」と思うことが増えてきました。

見切りをつけるということを学んだんだと思います。

夫や子供の洋服の断捨離の主役はあくまで夫や子供自身です。

わたしは、出しゃばらず、本人の意思を尊重するように、時には提案を交えながら断捨離を一緒にしています。