暮らし

カーテンの断捨離!当り前にあるものが本当に必要か考えるのがゆるミニマリスト主婦

カーテンの断捨離!当り前にあるものが本当に必要か考えるのがゆるミニマリスト主婦です。

先日、引っ越し当初から我が家に当たり前にあるものを断捨離しました。

それは、厚手のカーテンです。

わたしがカーテンを断捨離したきっかけは、ふっとそのものを使用していないことに気付いたからです。

この記事は2017年6月に書いたものをリライトしたものです。

当たり前にあるカーテンが実は断捨離対象だった!?

引っ越し当初、カーテンを当たり前のように各部屋に取り付けました。

しかし、この2~3年、実はカーテンが必要ない部屋があることに気づきませんでした。

その部屋はリビングとリビングに隣接している和室です。

なぜ、気づかなかったのかというと、カーテンが部屋の中の風景の一部になっていて、そこにあることさえ見落としていた感じです。

だけど、実は全く使用してないし無くても全く困らないのではないかと気づきました。

レースのカーテンは必要性を感じているのでかけています。

ですが、厚手のカーテンは本当に必要かな?

そう思ったのです。

そこで厚手のカーテンの役割を考えてみました。

厚手のカーテンの役割とは?

厚手のカーテンの役割にはどんなものがあるでしょう?

厚手のカーテンの役割

  1. 外が暗くなってきたとき外からの視線を遮る
  2. 外からの冷気や熱を遮り室内の空気を逃しにくくする(断熱効果)
  3. 室内装飾

これらのことが考えられます。

では、上記のことが必要ないと思うなら、厚手のカーテンは必要ないのではないかと思いました。

1,外が暗くなってきたとき外からの視線を遮る

外が暗くなってきたとき外からの視線を遮るという役割。

これは、我が家では暗くなり始めると、シャッターを閉めます。

よって、カーテンがなくても外からの視線は遮られます。

そう考えるとこの役割を果たすためにカーテンが必要ということはなくなります。

外からの冷気や熱を遮り室内の空気を逃しにくくする(断熱効果)

外からの冷気や熱を遮り室内の空気を逃しにくくするという、断熱効果。

確かに、以前住んでいたアパートなら、断熱性を高めるために必要性がありました。

しかし、最近の住宅は、カーテンを閉めても閉めなくてもそれほど大きく断熱効果には変わりは感じません。

(細かい数値では差はあるかもしれませんが・・・。)

特に、シャッターを閉めることでさらに断熱効果が高まります。

それならば、断熱効果としての厚手のカーテンは必要ないのではないかと思いました。

室内装飾

室内装飾としてのカーテンは確かに素敵ですね。

しかし、これは個人の価値観によります。

カーテンの装飾を邪魔に思うことも人によってはあります。

わたし自身もそのひとりで、特に使ってないときにレールの端に寄せられボテッとしている様はあまり好きではありません。

厚手のカーテンが無い方が室内がすっきり広々として見えるので、わたしは無い方が好きです。

となれば、ますます厚手のカーテンの役割がなくなります。

カーテンの断捨離!そのものに気づくことから始まる

カーテンのような当たり前にあるものの断捨離は、まず、そのものの存在に気づくことから始まります。

こうして、あって当たり前だったカーテンについてよく考えてみると、必要ないのではと思ったのです。

引っ越した当初は、リビングにシャッターが付いていない窓もありました。

だから、その窓には必要を感じでカーテンを取り付けました。

しかし、シャッターのある窓にも何も考えずに当たり前のように厚手のカーテンを取り付けました。

その後、シャッターのない窓にもシャッターを取り付けたら、リビングの厚手のカーテンを閉めることがまったくなくなりました。

シャッターが付いていた窓については、引っ越した当初に数回閉めただけで、その後はカーテンを閉めることを面倒に感じ閉めなくなったのです。

気付いたら、部屋の隅で埃をかぶっただけの布の集まりになっていました。

ほとんど使用していなかったため、定期的に洗ってきれいにするという事もしていませんでした。

そのためか、日々の生活臭が染みつき嫌な臭いがしている感じです。

こうして、当たり前にあったカーテンを断捨離することにしたのです。

カーテンの存在に気づかなかった理由

それは、カーテン以外に優先すべき断捨離するものがあったからだと思っています。

引っ越してわずか2~3年の間に、多くの必要ないものを溜め込んでいたのですね。

もりみ
もりみ

新居ハイになっていたせいで、色々無駄なものを買ってしまったと後悔しています。

みなさまも、新居ハイには気をつけたほうがいいですよ。

それが、他の断捨離が進むことで部屋が片付き、今まで気づかなかったカーテンの存在に気付くようになったのです。

気付かなければ何も変わりません。

断捨離はまず気づくことから始まるとわたしは思います。

カーテンの断捨離を実行!果たして家族の反応は!?

いよいよ。カーテンの断捨離を実行です。

果たして家族の反応はどうなったのでしょう?

今回、断捨離したカーテンには3か所。

1階のリビングダイニング、和室にある厚手のカーテンです。

3か所ともすべて厚手のカーテンの役割を果たしていない必要性を感じないカーテンです。

和室のカーテンの断捨離

まずは、一番、存在感の薄そうな和室のカーテンを断捨離することにしました。

和室のカーテンを外しても、夫は気づかないと思ったのです。

和室のカーテンは前に住んでいたアパートの時から使用していた安価なカーテンです。

というのも、和室の窓には本来障子がはまっていたのですが、子供たちに破られることを恐れた夫が外しました。

その障子のかわりに一時的にかかっていたのが和室のカーテンです。

わたしが行った和室のカーテンの断捨離手順です。

和室のカーテンの断捨離のやり方

  1. まず、カーテンを外す
  2. しばらく人目(夫の目)のつかないところに保管
  3. 夫の指摘がなければ断捨離

和室のカーテンは外したあと、しばらく保管しておいて夫に外したことを指摘されなければ、そのまま断捨離しようと思いました。

幸い、夫は(子供たちも)カーテンのことにまったく気づかず、何も言いません。

やっぱり、その程度の存在なのですね。

そこで、わたしは和室のカーテンを処分しました。

もちろん、処分する際にわざわざ夫に報告などしません。

存在に気づかないのだから別にいいよね?そう思っていたのです。

和室に厚手のカーテンが無くなったおかげで少しだけすっきりした感じになりました。

ダイニングのカーテンの断捨離

次にダイニングのカーテンを断捨離することにしました。

ダイニングのカーテンを外したら、さすがに夫も気づくかなと思ったのですが、まったく気づく素振りなしです。

いかに日頃、室内のことを気にしていないかがわかりますね。

ですが、必要ないとわかっていても、本気で断捨離する勇気がありませんでした。

なぜなら、引っ越しと同時にオーダーで購入したもので、わたしには高価なカーテンだったからです。

いえ、わたし自身は断捨離したいのです。

ですが、和室のカーテンのように夫に内緒で処分することはできません。

もし、いつか、夫がカーテンのことを言い出したら?

「捨てた」とは言えません。

じゃあ、夫に相談して処分したらいいんじゃない?

と思われるかもしれませんが・・・

捨てることを良しとしない夫には当然反対されるに決まっているので、相談さえできないのです。

「捨てていい?」なんて聞いたら「もったいない!」って、言うのがわかっていますから。

もりみ
もりみ

どんなに高価なものだって、必要なければ捨てるしかないのにな。

と私は思うんですけどね。

なんで取って置きたがるんでしょうね?

というわけで、ダイニングのカーテンに至っては、仕方がないので外した後、きれいにお洗濯して収納ケースに保管しておきました。

いつか完全に断捨離したいものです。

自分と家族との片付け・断捨離の価値観の違いに悩んだときにおすすめ

リビングのカーテンの断捨離

そして、リビングのカーテンの断捨離です。

夫に何か言われそうなので、けっきょく外すのをあきらめました。

さすがにここのカーテンを外したら、夫でさえ気づくと思うんですよね。

いや、気づかない???

そしたらさ、また「お前はすぐなんでも捨てようとする」とかって言われそうです。

無駄な夫婦の揉め事は避けたいので、ひとまず、リビングのカーテンは室内装飾という事にしておきました。

もりみ
もりみ

ああ!でもいつか外したい!

外すくらいならいいかな?

うん。こっそり外しておして・・・気づかれたら、洗濯中とかって言って・・・こっそり収納ケースに保管しておこうかな?

追記⇒しばらく後、やっぱりリビングのカーテンも外してしまいました。

とはいっても、ダイニング同様、完全に断捨離することはできず保管してあります。

一度、夫に「カーテンどうしたの?」

と聞かれました。

はずしたことを伝えると、少々不満の声がもれました。

しかし、そこでわたしはガツンと反撃。

「誰が洗濯するの?あなたがやってくれるならかけるけど?」

このわたしのひとことで、夫は黙るしかありませんでした。

カーテンを半分断捨離したおかげで、リビングダイニングが少しだけスッキリして広く感じます。

カーテンの断捨離!当り前にあるものが本当に必要か考えるのがゆるミニマリスト主婦まとめ

カーテンの断捨離!当り前にあるものが本当に必要か考えるのがゆるミニマリスト主婦まとめです。

今回、カーテンの断捨離をしていて気づいたのは、断捨離がうまくいかないときがあっても良しとすることです。

自分が断捨離したくても家族が反対するなど、思うように断捨離が進まないことがたくさんあります。

だからって家族を悪者にしてはいけません。

それをしてしまうと家族に不満を感じるようになり家族間が悪くなってしまいます。

家族とはいえ、自分とは別の人格です。

それぞれの価値観を持っています。

個々の価値観を大事にして、時には譲り合ったりすり合わせたりしながら一緒に暮らしてくのが家族です。

とはいっても、断捨離しない夫や片づけない子どもたちにイライラしてばかりの毎日ですが・・・

自分と家族との片付け・断捨離の価値観の違いに悩んだときにおすすめ

「人生の居心地をよくする ちょうどいい暮らし」金子由紀子著の本のあらすじ感想「人生の居心地をよくする ちょうどいい暮らし」著者・金子由紀子さんの本のあらすじ感想です。 金子由紀子さんの本をはじめて読んだのは...