D.Gray-manのネタバレ感想!仮想19世紀ヨーロッパのダークファンタジー




D.Gray-man(ディーグレイマン)のあらすじや感想、見どころを紹介します。

 

もりー
たいとるってどんな漫画?

 

作者は、星野桂先生です。

『週刊少年ジャンプ』にて2004年から連載が開始されました。

その後、いくつかの他紙にて連載・休載をしながらも物語は続いています。

仮想19世紀末のヨーロッパを舞台とした作品で、テレビアニメやゲームにもなった人気の漫画です。

 

D.Gray-manのあらすじ

主人公のアレンがAKUMAという悪性兵器を倒すために黒の教団に入団するところから物語が始まる。

アレンはAKUMAを退治するための能力を持ったエクソシストになり、黒の教団の仲間と共に戦いながら絆を深めていく。

しかしアレンには隠された過去が存在する。

AKUMAを作り出す千年伯爵との戦いを繰り返すと次第にアレンの過去が明かされていく。

 

D.Gray-manの見どころは!?

バトルシーンは読んでいるうちに作品の世界に入り込んでしまうほどリアルでスリルがある。

特にエクソシストたちがノアの箱舟でバトルをするシーンは迫力があり、読みごたえがある。

シリアスな展開が多いが、エクソシスト達の日常を描いている場面はギャグ要素も含まれていて読んでいてとても面白い。

 

D.Gray-manを読んだ感想は?

主人公のアレンがエクソシストの仲間達と闘いながら成長していく過程は、共感できる部分がたくさんあるので読んでいてとても考えさせられる事が多い。

主人公だけでなく仲間のエクソシスト達の物語も丁寧に描かれているところが面白いと感じた。

特にアレンのライバル的存在である神田ユウの過去は最初は謎に包まれていた部分が多かったが、真実が明らかになった時はとても驚いた。

その他のエクソシストたちの隠された過去に関しても徐々に明らかになってきているので、今後どのような展開が待っているのかとても楽しみにしている。

エクソシストの敵であるノアの一族や千年伯爵との戦いがどのような形で終わりを迎えるのか想像ができないところが読んでいてドキドキする。

 

D.Gray-manがおすすめなのはこんな人!

ノアの一族や千年伯爵との闘いを見てハラハラしたいと感じている人や、迫力のあるバトルシーンを楽しみたい人におすすめ!

 

D.Gray-man

作者:星野桂

ジャンル:少年マンガ

出版社:集英社

掲載誌:週刊少年ジャンプ

 

>>>D.Gray-manを無料で試し読みする方法はこちら

 

 












漫画をお得に無料で読む方法!



マンガ好き必見!
読みたい漫画をお得に無料で読む方法!

気になった漫画の続きをお得に無料で読むことができる裏ワザ的方法の紹介です。