暮らし

ミニマリスト主婦が洋服の数を減らす理由は最大限おしゃれを楽しむため

ゆるミニマリスト主婦のさつきです。

ミニマリストはなぜ洋服の数を減らすのか?

この記事はゆるミニマリスト主婦のさつきが、洋服の数を減らした理由を書いています。

洋服の数を減らして快適なクローゼットにしたい人の参考になれば幸いです。

ミニマリストの服の数はどれくらい?

ミニマリストの人たちは、いったいどれくらいの服を持っているのでしょう?

洋服の数を減らすにあたって、ミニマリストの人が持っている服の数を参考にしました。

ミニマリストの多くは、~30着程度を目安に洋服を持っています。

平均的には、20着前後の洋服を持っている人が多いようです

関連記事>>>シンプルライフに必要な服の数はどれくらい?写真に撮ってすっきりクローゼットを実現

 

わたしの手持ちの服の数は、20着です。

ゆるミニマリスト主婦さつきの服の数

  • 冬のトップス5枚
  • 春夏のトップスとワンピース10枚
  • ボトムス5枚

夏のトップスは、今年の夏の終わりにいくつか処分したので、半袖トップスが1枚だけです。

来年の夏が始まったら、気に入ったものを購入する予定です。

もともと、おしゃれなタイプではありませんし、経済的にも余裕があるわけではありません。

おかげで、自然と洋服の枚数は少なかったのですが、そこからさらに減らしていって今にいたります。

ですが、実はこの服の中にもあまり着ていないものがあります。

処分しようか迷いましたが、夫からのプレゼントだったので、なかなか捨てられませんでした。

そのため、実際に着用している洋服の枚数はもっと少なくなります。

実際に、多くの方が持っている服で活用しているのは、2~3割程度といいます。

実に7~8割もの洋服が着られていないのです。

それなら、7~8割は処分してしまってもいい服です。

7~8割は、ただクローゼットの中に置いてあるだけの洋服なんです。

▼究極のミニマリスト財布▼

洋服の数を減らした理由とは?

わたしが洋服の数を減らしたのにはこんな理由がありました。

洋服の数を減らした理由

  1. 服はあるのに着たい服がない
  2. たくさん洋服があると選ぶのに迷って時間がかかる
  3. たくさん服があっても、どうのように組み合わせていいのかわからない
  4. たくさんの洋服の手入れが面倒
  5. 面倒な衣替えから解放されたかった

わたしが洋服の数を減らした理由には以上のようなものがありました。

1、服はあるのに着たい服がない

「服はあるのに着たい服がない」

クローゼットを見渡せば、洋服はぎっしりとかかっています。

ですが、その日に着たい服がないのです。

イマイチな洋服たちの前で迷って、けっきょくしっくりこないコーディネートになったこと数知れず。

決まったと思ったら、いつも同じ服だったりします。

そこで気づきました。

着ない服はいらない服なんです。

あっても邪魔なだけ。

着ない服を持っていても仕方がないので減らすことにしました。

減らしてお気に入りの洋服だけになったら、すぐにコーディネートも決まって、気分もいいものです。

2、たくさん洋服があると選ぶのに迷って時間がかかる

「今日は何を着ようかな?」

「このシャツに合うのはどんなスカート?ズボン?」

ああでもないこうでもないというように、たくさんの服があると選ぶのに迷って時間がかかってしまいます。

たくさんの洋服の中から、その日に着る服を選ばないといけないのは煩わしいものです。

おしゃれが大好きな人であれば、楽しいかもしれません。

ですが、わたしにはそこまで時間をかけて洋服選びを楽しむ余裕はありません。

特に、忙しい朝などは、洋服選びに迷ってるその数分さえ無駄に感じるようになりました。

そこで、迷わなくて済むように服の数を最小限にしたのです。

3、たくさん服があってもコーディネートが決まらない

たくさんの服があってもそれをどのように組み合わせて着こなしたらいいのかがわかりません。

おしゃれではないわたしには、コーディネートが難しいのです。

たとえ、素敵な組み合わせと自分が思っても、いつもと違ったコーディネートをする勇気もありません。

けっきょく、いつもワンパターンなのです。

もう若くないというのもあります。

洋服で冒険はできなくなりました。

着られる服のテイストも若い時に比べたら減りました。

もうミニスカートやショートパンツなんて履けませんから。

いい意味で自分のスタイルが確定されてきたので少ない洋服で着こなす方が素敵に見えることに気付きました。

4、たくさんの洋服の手入れをしたくなかった

洋服がたくさんあるとその分手入れが面倒になります。

特に冬場、わたしはニットを着ることが多いです。

ニットは他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗えません。

ニットだけ別洗いする必要があります。

ブラシをかけたり、まとめて洗ったりするときに枚数がたくさんあると、お手入れをするのも大変です。

枚数が少なければ、お手入れもさっと終わります。

「ちょっとだけだからサッとお手入れしよう」

そんな風にも思えるのです。

5、面倒な衣替えから解放されたかった

衣替え程、面倒で非効率的、意味のない物はないと思っています。

たくさんの洋服を持っていると、収納するのに手間がかかります。

収納スペースには限りがありますので、その中にきれいに収めるためには収納の技術も必要です。

また、シーズンオフの洋服はたいていの場合、押入れやクローゼットの奥に収納されます。

それを、シーズンが変わるごとに出し入れするのは本当に面倒です。

衣替えの時間は無駄でしかありません。

さらに、昨今は天候が不安定なことが多く、寒くなったと思ったら暑くなったり、暑くなったと思ったら寒くなったりします。

そのため、衣替えでしまい込んでしまった洋服が急に必要になることがよくあります。

これは本当に煩わしことです。

もし洋服の数が少なければ衣替えの必要もありません。

すべての洋服をクローゼットにかけておけたなら、しまうのも取り出すのも簡単です。

だからこそわたしは洋服の数を減らしたのです。

 

ミニマリスト主婦が服を減らした理由のまとめ

ミニマリスト主婦のわたしが洋服の数を減らしたのにはこのような理由がありました。

服の数が少なければ、煩わしさから解放されて快適な暮らしが手に入ります

面倒なことから解放されて自分の好きなことに時間や空間を使えるのです。

そして意外に思うかもしれませんが、服の数を減らしてからの方が、おしゃれに敏感になりました

どんな服を持ったらいいのか選ぶため、おしゃれ・着こなしについても学びました。

購入するときも、どんな服を買ったらいいのかわかるようになり買い物がしやすく失敗もなくなりました。

ヘビロテ服ばかりになるので、ワンシーズン、ツーシーズンで買い替えるようになり、自然と流行の服も取り入れるようになりました

たくさん服があったときよりも服の枚数が少なくなった今の方が素敵になれたと感じています。

洋服の数は少なくてもおしゃれは楽しみたい!

そんな贅沢な人には洋服のレンタルもおすすめです。

\洋服はミニマルに おしゃれは最大限楽しむ♪/
ファッションレンタルサービスの詳細はこちら

 

お金の悩みのない自由な生き方とは?

節約や我慢お金の悩みのない暮らしをしたいと思いませんか?

この書籍は貧乏人生で終わると覚悟した矢先、あるきっかけからネットを活用して累計5000万円以上を売り上げた彼の物語です。

「余裕のある生活を手に入れる」は、ネットを活用して経済的な自由を手に入れる具体的な方法を公開しています。

Amazonでは1200円で販売中のところメルマガ限定で無料配布しています。

お金に困らない暮らしをしたいという方は読んでみてください。

 

\節約や我慢お金の悩みのない暮らしを手に入れる/
電子書籍の無料ダウンロードはこちら

※9800円相当のプレゼントが無料でもらえます。