ミニマリスト主婦が服の数を減らす理由とは?少ない服で快適クローゼット




ゆるミニマリスト主婦のもりみです。

ミニマリストになりたくて、せっせと身の回りの物を片付けしています。

この記事は、そんなミニマリスト主婦のわたしがなぜ服の数を減らしてミニマムにしたのかを書いています。

洋服の数を減らして快適なクローゼットにしたい人の参考になれば幸いです。

 

ミニマリスト主婦の服の数は?

ミニマリストの人たちは、いったいどれくらいの服を持っているのでしょう?

洋服の数を減らすにあたって、ミニマリストの人が持っている服の数を参考にしました。

ミニマリストの多くは、~30着程度を目安に洋服を持っています。

平均的には、20着前後の洋服を持っている人が多いようです。

関連記事>>>シンプルライフに必要な服の数はどれくらい?写真に撮ってすっきりクローゼットを実現

わたしの手持ちの服の数は、20着です。

ミニマリスト主婦の服の数

  • 冬のトップス5枚
  • 春夏のトップスとワンピース10枚
  • ボトムス5枚

夏のトップスは、今年の夏の終わりにいくつか処分したので、半袖トップスが1枚だけです。

来年の夏が始まったら、気に入ったものを購入する予定です。

もともと、おしゃれなタイプではありませんし、経済的にも余裕があるわけではありません。

おかげで、自然と洋服の枚数は少なかったのですが、そこからさらに減らしていって今にいたります。

この中にも、実はあまり着ていない洋服があります。

処分しようかとも思いましたが、夫からのプレゼントだったので、なかなか捨てられません。

ですから、実際に着用している洋服はもっと少ないのです。

 

ミニマリスト主婦が服を減らした理由とは?

ミニマリスト主婦のわたしがなぜ洋服の数を減らしたのかその理由をお話しします。

ミニマリスト主婦が服を減らした理由

  1. 服がたくさんあるのに、なぜか、着るものがない
  2. 大量の洋服からその日に着る服を選ばないといけない煩わしさ
  3. たくさん服があっても、どうのように組み合わせていいのかわからない
  4. たくさんの洋服の手入れが面倒
  5. 衣替えが面倒

1、服がたくさんあるのに、なぜか、着るものがない

クローゼットや引き出しには、たくさんの服があるのに、その日に着ていく服が決まりません。

決まったと思ったら、大抵、いつも同じ服だったりします。

着ない服を持っていても仕方がないので減らすことにしました。

 

2、大量の洋服からその日に着る服を選ばないといけない煩わしさ

たくさんの洋服の中から、その日に着る服を選ばないといけないのは煩わしいものです。

おしゃれが大好きな人であれば、楽しいでしょう。

しかし、わたしにはそこまで時間をかけて服選びを楽しむ余裕はありません。

特に、忙しい朝などは、洋服選びに迷ってるその数分さえ無駄に感じるようになりました。

そこで、迷わなくて済むように服の数を最小限にしたのです。

 

3、たくさん服があっても、どうのように組み合わせていいのかわからない

たくさんの服があってもそれをどのように組み合わせて着こなしたらいいのかがわかりません。

おしゃれではないわたしには、コーディネートが難しいのです。

たとえ、素敵な組み合わせと自分が思っても、いつもと違ったコーディネートをする勇気もありません。

けっきょく、いつもワンパターンなのです。

 

4、たくさんの洋服の手入れが面倒

冬場は、ニットを着ることが多いです。

そうなると、毎日洗濯機で洗えません。

ブラシをかけたり、まとめて洗ったりしたときに枚数がたくさんあると、手入れが面倒になります。

枚数が少なければ、お手入れもさっと終わります。

 

5、衣替えが面倒

たくさんの洋服を持っていると、収納するのに手間もかかるし、収納の技術も必要です。

シーズンオフのものを押入れの奥にしまい込んでいたら、必要になった時に、わざわざ出さないといけません。

また、収納するときも畳む必要があったりします。

そういった作業を煩わしいと思うようになったのです。

 

ミニマリスト主婦が服を減らした理由のまとめ

このような理由から、わたしは手持ちの洋服の数を減らすことにしました。

服の数が少なければ、これらのことをする手間がなくなります。

それはわたしにとったらこれ以上ないくらい快適なことなのです。

そして、減らしていくうちに自分にとっての適正な服の量がわかるようになりました。

それからは、快適な適正量を維持して暮らしています。

 

本当は、たくさんの洋服を、ビシッときれいに収納できる技術とそれらを活用できるセンスがあるのなら、たくさん洋服があっていいと思っています。

ですが、残念なことに私には、それらの技術とセンスがなかったので洋服の数を減らしました。

結果、非常に良かったです。

わたしには、少数精鋭の方があっていたようです。

実際に、多くの方が持っている服で活用しているのは、2~3割程度といいます。

実に7~8割もの洋服が着られていないのです。

それなら、7~8割は処分してしまってもいい服です。

7~8割は、ただクローゼットの中に置いてあるだけの洋服です。

それらの着ていない洋服を片付けるだけで、毎日の暮らしが快適になりますよ。