あなたがしてくれなくても ネタバレ感想!結婚生活に悩むアラサー女性の切ない漫画!

あなたがしてくれなくても のネタバレ感想です。

夫とのレスで悩む主人公・吉野みち、32歳の物語

作者は、ハルノ晴先生です。

ハルノ晴先生の他作品には「僕らは自分のことばかり」などがあります。

 

あなたがしてくれなくても の無料試し読みは?

あなたがしてくれなくても は、電子書籍サイトのイーブックジャパン

電子コミックサイトのまんが王国にて無料で試し読みができます。

あなたがしてくれなくても のおすすめ度 ★★★★☆ 4.5

既婚の大人の女性におすすめ!

夫婦のあり方を問われる読み応えある作品

 

以下、ネタバレ含んだ内容になります

漫画は自分で読みたいというあなたは、まずは無料の試し読みからどうぞ~。

⇒ebookjapanで今すぐ試し読みする

⇒まんが王国で今すぐ試し読みする

リンク先サイトにて「あなたがしてくれなくても」と検索すると作品の候補が表示されます。

 

あなたがしてくれなくても1巻前半のネタバレ

夫婦レス?

吉野みち、32歳。

会社の人が出産のため退社することとなった。

そのときみちが思ったのは

「いいなぁ。・・・」

だった。

 

結婚して5年、レスになって2年のみちは、悩んでいた。

「おかえり~みち~」

みちが帰宅すると、部屋の中から呑気な夫の声が聞こえてきた。

「ごはん何~?腹減ったー」

ソファでゲームをしながら夫は言う。

「簡単に鍋でもいい?」

みちが言うと

「えーまた鍋?」

不満声の夫。

軽くみちが睨みつけると、夫はすんなり従った。

 

2人で鍋をつつきながら、みちは出産退社した会社の子の話を振った。

「ねえ、陽ちゃんはさ、子ども欲しい?」

内心戸惑いながらも、さりげなく問いかけるみち。

そんなみちの心情を察することもなく陽はあっさりと答える。

「うん」

陽の予想外の答えに期待に胸を膨らますみち。

その晩、陽はベッドで横になりながらゲームをしている。

その横にそっと横になるみち。

そして・・・。

「陽ちゃん。・・・」

そっと、みちは陽の身体に触れようとした・・・が・・・。

パッとその手を陽に阻まれて・・・。

「ごめん、疲れてるから」

そういう陽にみちは声を荒げた。

そして背中を向けたままいつものセリフを言った。

何度も聞いたこのセリフ。

みちの心は冷え切っていた。

 

翌朝、なんだか早く目が覚めたみち。

リビングのドアを開けると、そこにはすでに起きていた陽がいた。

パソコンを開いていた陽。

その画面に映った画像をみちは見逃さず、陽に嫌みを言った。

そういうみちに陽は苛立ちを隠さず反論した。

 

色気を買うことはできるのか!?

その日、会社の同僚に誘われてみちは、下着を買いに行った。

キラキラした下着を恥ずかしげもなく買う後輩に触発されたみちは、思い切って色気のある(だろう)下着を買った。

 

思いのほかうれしくなったみちは、あの日買った下着を身につけた。

運悪く会社の飲み会があり、タクシーに乗って、あわてて帰宅しようとするみち。

だが・・・。

そんなみちの気持ちも知らず、陽からメッセージが届いた。

無常なまでの陽のメッセージに、みちは・・・。

 

タクシーを降りて一人とぼとぼと歩くみち。

涙が頬をつたう・・・。

と、そこへ

「吉野さん」

みちを呼ぶ声がした。

振り返ると新名(にいな)が立っていた。

 

あなたがしてくれなくても ネタバレ感想

読んでいて、腹が立ってきました!

なんだか、グズグズの主人公みちに対しても、夫の陽に対しても!

イラっとした!・・・・けど・・・。

うん。夫婦っていろいろだよね。

本当に、他人が見ているだけではわからないそれぞれの気持ちがあって、思いがあって・・・。

みちはみちの。

陽は陽の・・・。

みちの視点て描かれている分(いまのところ)陽の気持ちはわかりづらく、共感も呼びにくいけど、やっぱり陽は陽なりに思うところがあるはず。だと思っています。

そうでなければ、かなり嫌な男ですね。

それでも!夫婦となったのなら、お互いのこともっと思いやれるように・・・というか。

上手く言えませんが、個々を尊重するあまり、相手に踏み込めないでいたり。

傷つくのが怖くてそれ以上いけなかったり・・・。

現代夫婦や恋人たちの悩みが盛りだくさんです。

共感できる人は、思わず泣いてしまうかもしれない。

切ない大人の恋愛・結婚生活がリアルに描かれています。

 

会社の先輩である新名に声をかけられたみち。

こんなときに優しくされたら・・・。

思わず、新名の誘いに乗って、飲みに行きます。

そこで、まさかのカミングアウト!

人間って、そんなに強くないよね。

こんな風に心が弱っている時に誰かに優しくされたら・・・。

みちの気持ちに激しく共感してしまいました。

 

追記

何にイラっとしたのか、思い出しました(笑)

そうです、最初のみちと陽とのやりとり!

互いに仕事をしているのに、なんでみちだけが夕飯作り!?

しかも、態度が偉そう!何様だ!(旦那様!?)

 

「早く帰って来たんならおまえがやれ!」

そこで、まず怒りが湧いてきました。

さらに、鍋にするというみちに対して、不満な様子。

もうわたしの怒りのボルテージがMaxになってしまいました。

で、そこで何も反論しないみちにもイラっとしたんですよね。

言われっぱなし!?

なんでよ!?

と、そんな感じでスタートした物語なので、つい事ある場面ごとにイラっとしてました。

まあ、みちは遥かに私とは対照的な奥ゆかしい女性だということだけはよくわかりました。

そして、みちのように悩んでいる女性たちが少なからずいることも。

 

あなたがしてくれなくても1巻後半のネタバレ

約束のあの日まで

「今の案件終わるまで待って!」

そう夫の陽に言われてじっとその日が来るのを耐え待ち続けるみち。

もりー
いじらしいというか、正直、その姿は見ていて痛々しい・・・。陽の立場からしてみたら、引くし。みちの立場からしたら、辛すぎだわ。

約束の日から一週間が経った。

だが、夫は特に忙しそうでもない。

というか、

「やっと出たからね。「モンブレ(ゲーム)」の新作」

と、嬉々とした表情を浮かべ、ソファでひとり、ひたすらゲームに没頭していた。

 

その姿にみちは、一瞬違和感を覚える。

もりー
何かが心に引っかかるけど、みちは見ないふりするの。だって、見てしまったら、辛いもの。傷ついてしまうから・・・。

だけど、会社の田中さんが、後輩の華に仕事を押し付けられた姿を見て、みちは、見ないふりしていたその気持ちを見せつけられることになる。

なぜか、田中さんと自分の姿が重なる。

都合のいいことから逃げて、田中さんの気持ちを考えない華。

それはまるで・・・。

そのくせ、自分の好きなことだけはやって・・・。

「ないがしろにしないでほしい。」

みちは、泣きそうになる気持ちをグッと押し殺した。

 

みちが田中さんの仕事を手伝いに会社に戻ると、そこには新名もいた。

新名が田中の仕事を手伝って、すでに終えていたのだった。

流れで、3人で飲みに行くことになる。

 

夫婦なのにフェアじゃない

飲み屋で田中は早々に潰れてしまう。

眠りこけてしまった田中を見て、みちは新名に問いかける。

「さっき言ってた私情って何のことか聞いてもいいですか?」

みちは、新名が田中の仕事を手伝った理由は、私情があったからだといったことをきいた。

「無理にはその・・・」

みちは、新名の気持ちを思いやる。

だが、新名は気にすることなく話し始めた。

 

「実は、北原(華)さんが、田中さんに仕事頼んでるところ、何回か見かけてて、フェアじゃないなと思ってたんだ。」

新名はそう言って自身の母親のことを話し始めた。

母がずっと父の言いなりでいたこと。

その姿を子供の新名は見ることが嫌だったこと。

そして、夫婦なのにフェアじゃないと思っていたこと。

母親の本当の気持ちはわからない、だけど。

もし、一方が不満に思っていて、それを言えないだけだったら?

「相手のためにって我慢している人がいるのなら、力になりたい。」

そう新名は力強く言った。

 

その夜、みちはベッドの中で、新名の言葉を何度も思い出して眠れなかった。

 

約束の日と壊れたキーケース

ついに!陽ちゃんとの約束の日がやってまいりました!

後輩(華)の言葉を真に受けて、トキメキを大事にしようとしたみちは、夕飯作りを張り切ります!

「陽ちゃん 私は いつでもスタンバイOKだよ!!」

もりー
いや・・・なんか違う・・・やめとけ!そう思って読み進めると、案の定・・・。かわいそうなみち・・・。

みちの言葉に「仕方ないね」と言いながらも、どこかホッとした表情を陽は見せた。

 

みちのキーケースが壊れた。

それは付き合い始めた陽からもらったもの。

だけど実はみちは気に入っていなくて、仕方なく使っていたもの。

みちは、今度は自分のお気に入りのキーケースを買う。(買った?)

だが、その日、陽が珍しくみちにプレゼントをくれる。

それは、陽がくれたキーケースと同じものをわざわざオーダーして買ってくれたものだった。

みちは、それを見た瞬間。

「えー・・・自分が欲しいの探してたのに!いいのも見つかったし、好きな奴使いたかったなぁ・・・」

そう不満を口にした。

もりー
あー言っちゃったよ、みち。この言葉を聞いた途端、不仲の謎が解けました。夫婦は鏡です。思いやりがないのは、みちも同じです。

「っそ」

一瞬の間のあと、そう言って、陽は背を向けた。

「あ・・・」

言った後に陽を傷つけたことに気付くみち。

そして思う。

変わったのは陽ちゃんだけじゃない。自分もだ。

 

二人のことを話し合いたい。

みちはそう思ってなんとか陽とコミュニケーション取ろうとする。

なんとか冷静に話し合おうとする。

だけど、2人の心はすれ違うばかりだった・・・。

その日、陽は帰ってこなかった。

 

陽は、家に帰らず実家に身を寄せた。

陽は思う。

「みちのこと、嫌いになったわけじゃないんだよなぁ・・・」

 

陽は、会社の人たちと飲んでいた。

すると、同僚の一人の言葉をきっかえに夫婦の話題が出る。

陽は傍観者になり、会社の人たちの言葉を聞いていた。

聞いているうちに、なんとなくみちのことが気になり・・・。

みちに連絡を取る陽。

待ち合わせて向かい合う2人。

けれど・・・。

すれ違い、ますます歯車のかみ合わない2人。

そして、みちは自分の心に封印をした。

 

あなたがしてくれなくても1巻後半のネタバレ感想

悲しいね・・・。

すれ違うふたりの心・・・。

どっちが悪いって問題じゃないんだよね。

だけど、ほんのちょっとお互いのことを思いやれたら・・・。

また少し違った結果になっていたのではないかな?

だけど、そんなことは渦中にいるみちと陽には気づくはずもなく、どんどん深みに嵌っていく。

そして、ついにみちは自分の心に蓋をしてしまいます。

「私が、欲張りだっただけ」

そう、みちは自分の心を納得させようとします。

だけど、そんなごまかしがうまくいくわけないんです。

どんなに陽の前で平静を装っていても、辛くないわけがない。

だから、あっけなく新名の言葉に堪えてた涙が溢れてきます。

「夫への気持ちに一線をひいたら・・・」

そうみちは新名に打ち明けます。

本当に聞いて欲しい人には耳を傾けてもらえない。

一番伝えたい人には伝わらない。

涙はどんどん溢れて、自分でもどうしようもなくなる。

そんな傷ついた心を救ってくれたのは、夫ではない人でした。

 

そんなみちのぼろぼろの気持ち、痛いほどわかる。

だけど、同時に陽の逃げたくなる気持ちもわかる。

どっちが悪いわけじゃないから、しんどいですね。

1巻後半になって夫・陽の心情も描かれ始めました。

男女どちらの気持ちも垣間見ることのできる本作品。

青年漫画にて連載中ですが、大人の男性だけでなく、大人の女性にも読んでもらいたいおすすめ作品です。

 

あなたがしてくれなくても

作者:ハルノ晴

掲載雑誌:月刊アクション

結婚して5年、夫とは仲が悪いわけではないけれど・・・。

ひょんなことから、会社の先輩である新名誠(36歳)と飲むことになったみち。

つい酒の勢いで悩みを打ち明けてしまい────・・・!?

 

無料試し読みはこちら( ↓ )

⇒ebookjapanで今すぐ試し読みする

⇒まんが王国で今すぐ試し読みする

リンク先サイトにて「あなたがしてくれなくても」と検索すると作品の候補が表示されます。